『FF14』がDDoS攻撃を受けるも復旧―世界で急増するDDoS攻撃の脅威 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『FF14』がDDoS攻撃を受けるも復旧―世界で急増するDDoS攻撃の脅威

ニュース ゲーム業界

スクウェア・エニックスは、同社が開発・運営するMMORPG『ファイナルファンタジー XIV』で、11月17日と11月19日に北米/欧州データセンターにあるゲームサーバ群がDDoS攻撃を受けていたと発表しました。

DDoS攻撃とは、多数のコンピューターから標的となるサーバー等に大量の通信を行い、サーバー負荷を極端に高めるという攻撃。サーバーに非常に高い負荷が発生するため、プレイ中にサーバーから切断されたり、ログインしづらくなる他、最悪の場合はサービスの一時停止など、重大な影響を与えてしまいます。

今回のDDoS攻撃は北米/欧州データセンター配下のワールドに影響を与えるというもので、日本データセンター配下のワールドは攻撃を受けていません。スクウェア・エニックスは、この攻撃による情報の流出などは一切発生しないとの声明を発表しています。また、既にDDoS攻撃により発生したログイン障害の復旧を発表しており、事態は一応の収束を得ています。

今年に入ってからも増加傾向にあるゲームサーバーへのDDoS攻撃。4月にはBlizzardが欧州地域を対象にしたDDoS攻撃の被害にあったり、6月にはSEGAのオンラインゲーム『ファンタシースターオンライン2』が継続的なDDoS攻撃を受け、一時サービスが停止するなど猛威を振るっています。

また、8月に発生した「Lizard Squad」によるPlayStation Networkを含めた多数のゲームへの同時DDoS攻撃は記憶に新しく、最近でも『World of Warcraft』の最新拡張パックのリリース時にDDoS攻撃が行われ、サーバーへ接続しづらくなるという状況が発生していました。

Symantecのレポートによると、昨年最大だったDDoS攻撃は300Gbpsで、今年確認されたDDoS攻撃には既に400Gbps規模のものが行われていると報告。普通のサーバーでは一溜まりもないレベルの攻撃で、対処には困難を極めます。

上記、最大規模の攻撃は稀ですが、他の規模の攻撃でもゲームを含むオンラインサービスに影響を与えてしまうのは事実。大半のDDoS攻撃はセキュリティの甘いPCを踏み台にして行われており、PCユーザーひとりひとりが、しっかりとした知識を持ってセキュリティ対策を行っていくことが大切です。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』DICE関係者がユーザーによる議論に反応、スタジオの方向性をコメント

    『バトルフィールドV』DICE関係者がユーザーによる議論に反応、スタジオの方向性をコメント

  2. 『GTA V』全部入りの「プレミアム・オンラインエディション」PS4版が国内発売決定―犯罪の第一歩はここから

    『GTA V』全部入りの「プレミアム・オンラインエディション」PS4版が国内発売決定―犯罪の第一歩はここから

  3. 噂:2018年Steamサマーセールは6月21日から?大手データベース解析サイトがツイート

    噂:2018年Steamサマーセールは6月21日から?大手データベース解析サイトがツイート

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

  6. 『Chivalry』開発元のファンタジー剣戟ACT『Mirage: Arcane Warfare』販売終了―EU一般データ保護規制のため

  7. 『マインクラフト』PS3/Xbox 360/PS Vita/Wii U版に最後のアップデートが配信予定

  8. 小島監督が『DEATH STRANDING』と思われる新スクリーンショットを投稿―これが意味するのは…?

  9. 群集心理描く奇妙なゲーム『KIDS』が発表!『Plug & Play』クリエイターの新作

  10. 噂:カナダ版Walmartのサイト上にスイッチ向け新作『ポケモン』が出現

アクセスランキングをもっと見る

page top