海外ファンによる『LSD』リメイクプロジェクトが進行中! Oculus Riftにも対応予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外ファンによる『LSD』リメイクプロジェクトが進行中! Oculus Riftにも対応予定

1998年に発売された、初代PlayStation向け作品『LSD』。奇抜で異様な世界観が楽しめる「ドリーム・エミュレーター」としてカルト的な人気を博した本作ですが、現在海外ファンによるリメイクプロジェクト『LSD Revamped』が進行しています。

ゲーム文化 カルチャー

1998年にアスミック・エース エンタテインメントより発売された、初代PlayStation向け作品『LSD』。奇抜で異様な世界観が楽しめる「ドリーム・エミュレーター」としてカルト的な人気を博した本作ですが、現在海外ファンによるリメイクプロジェクト『LSD Revamped』が進行しています。

開発を手がけるのは“Figglewatts”ことSam Gibsonさん。彼は2011年10月からこのプロジェクトを始動しましたが、その時点ではゲーム開発及び本作に使用されているUnity3Dゲームエンジンに関する知識は全く無かったそうです。

それから数年、余暇を見つけては開発を進め、ようやくパブリックアルファのリリースに至りました。今後はプレイヤーからのフィードバックを集め、バグの修正や新たなコンテンツの追加などを行っていくとの事です。

    『LSD Revamped』に関するディテール

  • 無料でダウンロード可能。

  • 現在の対象プラットフォームはWindowsのみ。Mac/Linux版もまもなくリリース予定。

  • Unity3Dゲームエンジンを採用。

  • ファンによる3Dモデルや音楽の提供を歓迎。メールにて受付中(詳細は公式サイトにて)。必要とされている3Dモデルのリストはこちら。

  • オープンソースプロジェクト。

  • オリジナルのゲームの音楽は使われていない。Gibsonさんやファンが制作したサウンドトラックを使用する。しかしオリジナルと同様の雰囲気を持っている。

  • オリジナル版の要素に加えて、追加のコンテンツ(新たなエリアや既存レベルのHD版など)も収録予定。

  • Modにも完全対応。ValveのSource SDKのような形で、マップエディタ“Sledge”を含むSDKをリリース予定。


ファンによるプレイ映像

『LSD』のファンは非常に気になるであろう『LSD Revamped』。公式サイトでは開発費を賄うための寄付も受け付けています。寄付金はプリレンダリング映像や画像エフェクト、より興味深いイベントの追加の他、VRヘッドセット「Oculus Rift」への対応やUnity Proライセンスの購入に使用されるそうです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

    ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  2. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  3. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  4. 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

  5. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  6. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  7. ボイチャ必須の南極Co-opパズルADV『We Were Here Together』配信開始!

  8. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  9. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

  10. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

アクセスランキングをもっと見る

page top