Blizzard新作『Overwatch』の商標が停止処分、名称変更の可能性も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Blizzard新作『Overwatch』の商標が停止処分、名称変更の可能性も

ゲーム文化 カルチャー

Blizzard新作『Overwatch』の商標が停止処分、名称変更の可能性も
  • Blizzard新作『Overwatch』の商標が停止処分、名称変更の可能性も
昨年11月のBlizzConで、17年ぶりのBlizzard新規フランチャイズとして発表された、チームベースFPS『Overwatch』。本作のタイトル名称が、昨年配信されていた他社製スマートフォンアプリと競合することから、米国特許商標局(USPTO)に一時保留の処分を受けていることが分かりました。

問題となったのは、 Innovis LabsがiPhone向けにリリースしている『Overwatch』という同名アプリ。GPS機能やスコアボードなどの機能を備え、ペイントボールなどのリアルゲームを行う際に使用するコンパニオン的なツールです。

1月9日付けで、USPTOからBlizzardに対して『Overwatch』商標2件の停止処分が通達。現時点でBlizzard側からのレスポンスはないものの、新作タイトル『Overwatch』の名称変更を余儀なくされる可能性が囁かれています。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言

    「オーバーウォッチリーグ」参加選手が暴言で1週間の出場停止へ―同性愛者への差別発言

  2. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

    完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

  3. サイバーパンクアクション『RUINER』のサントラLPが海外で予約開始!―平沢進の「トビラ島」も収録

    サイバーパンクアクション『RUINER』のサントラLPが海外で予約開始!―平沢進の「トビラ島」も収録

  4. 『PUBG』マーケットで一部のアイテムが高騰、20万円以上での取引成立も

  5. カナダの男性がTwitchの荒らし行為で刑事告発―最長10年の懲役

  6. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  7. 映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」海外トレイラー!ララのオリジン描く

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 『Getting Over It』あの釜男のインパクト大なコスプレが披露ー開発者も思わず感嘆

  10. 『ポケットモンスター 金・銀』オーケストラアレンジアルバムが4月発売決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top