Blizzard新作『Overwatch』の商標が停止処分、名称変更の可能性も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Blizzard新作『Overwatch』の商標が停止処分、名称変更の可能性も

ゲーム文化 カルチャー

Blizzard新作『Overwatch』の商標が停止処分、名称変更の可能性も
  • Blizzard新作『Overwatch』の商標が停止処分、名称変更の可能性も
昨年11月のBlizzConで、17年ぶりのBlizzard新規フランチャイズとして発表された、チームベースFPS『Overwatch』。本作のタイトル名称が、昨年配信されていた他社製スマートフォンアプリと競合することから、米国特許商標局(USPTO)に一時保留の処分を受けていることが分かりました。

問題となったのは、 Innovis LabsがiPhone向けにリリースしている『Overwatch』という同名アプリ。GPS機能やスコアボードなどの機能を備え、ペイントボールなどのリアルゲームを行う際に使用するコンパニオン的なツールです。

1月9日付けで、USPTOからBlizzardに対して『Overwatch』商標2件の停止処分が通達。現時点でBlizzard側からのレスポンスはないものの、新作タイトル『Overwatch』の名称変更を余儀なくされる可能性が囁かれています。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

    『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

  2. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」予選、日本代表が初戦を勝利!

    「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」予選、日本代表が初戦を勝利!

  3. 【レポート】鋭意開発中の『SOUL REVERSE』を体験、初登場となるレンジャーの操作感はいかに?

    【レポート】鋭意開発中の『SOUL REVERSE』を体験、初登場となるレンジャーの操作感はいかに?

  4. 初代『DOOM』パッケの人物にモデルが?ジョン・ロメロが裏話明かす

  5. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  6. 海外版メガドラ「ジェネシス」新型3機種の価格判明―往年の名作が59.99ドルから

  7. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国チームメンバーと試合日程が公開!

  8. 16チームが超楽しんだ!『オーバーウォッチ』オフライン大会「AOC OPEN」レポート―e-Sports発展を目指すAOCの取り組み

  9. 『ニーア オートマタ』海外ファンによる2Bコスプレが本物レベル

  10. 【特集】PS4『謎の格闘ゲーム』のシステムは?―アリカ代表の西谷亮氏にインタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top