モバイル向けパズル『Monument Valley』統計情報を公開、開発費や売上など興味深いデータが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

モバイル向けパズル『Monument Valley』統計情報を公開、開発費や売上など興味深いデータが明らかに

錯視絵的なステージデザインが話題を呼び、海外レビューサイトmetacriticでも高い評価を獲得したモバイル向けパズルゲーム『Monument Valley』。本作を開発するustwo gamesは、開発費や売上など、興味深いデータを含むインフォグラフィックを公開しました。

ニュース 発表
モバイル向けパズル『Monument Valley』統計情報を公開、開発費や売上など興味深いデータが明らかに
  • モバイル向けパズル『Monument Valley』統計情報を公開、開発費や売上など興味深いデータが明らかに
  • モバイル向けパズル『Monument Valley』統計情報を公開、開発費や売上など興味深いデータが明らかに
  • モバイル向けパズル『Monument Valley』統計情報を公開、開発費や売上など興味深いデータが明らかに
  • モバイル向けパズル『Monument Valley』統計情報を公開、開発費や売上など興味深いデータが明らかに
  • モバイル向けパズル『Monument Valley』統計情報を公開、開発費や売上など興味深いデータが明らかに

錯視絵的なステージデザインが話題を呼び、海外レビューサイトmetacriticでも高い評価を獲得したモバイル向けパズルゲーム『Monument Valley』。本作を開発するustwo gamesは、開発費や売上など、興味深いデータを含むインフォグラフィックを公開しました。


公開されたインフォグラフィックによるとオリジナルの『Monument Valley』の開発には55週で852,000ドル(約9,920万円)、アップデートコンテンツである『FORGOTTEN SHORES』の開発には29週で549,000ドル(約6,392万円)の費用が掛かっているとのこと。ロンドンに拠点を置く、8人のコアメンバーで開発されており、公表されたデータ内での人月単価はオリジナル版で約8,000ドル(約93万円)、アップデート版で約9,500ドル(約110万円)となっています。


一方、売上は合計で5,858,625ドル(約6.8億円)、iOS版ローンチ日の売上が一番多く145,530ドルを記録しています。各プラットフォーム毎の内訳ではiOSが81.7%、Google Playが13.9%、Amazonで4.3%とiOSの圧倒的なシェアが目立ちます。ちなみに開発費を引いた単純利益は4,457,625ドル(約5.2億円)です。

また、累計販売数も公開されており、公式には2,440,076本の販売を達成。各プラットフォームの内訳は売上とほぼ同じなので割愛しますが、ユニークデバイスへのインストール数は1000万と販売数を大きく上回るものに。これは1回の販売でのマルチデバイスへのインストール、ファミリーシェア、無許可ダウンロードなどが理由のようです。


今回のインフォグラフィックで最も興味深かったのは、開発費と開発期間、そして売上の3項目。なかなか公開されるデータではないため、モバイルゲームの開発環境や売上状況を知る良い機会だったのではないでしょうか。

*円表記は2015年1月16日現在の為替レート基準です。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

    PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

  2. スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

    スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

  3. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

    PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

  4. Googleが新ゲーミングプラットフォーム「Stadia」を発表!あらゆるデバイスからゲームがプレイ可能

  5. 戦略SLGシリーズ最新作『タイニーメタル 虚構の帝国』国内スイッチ向けに2019年春発売!

  6. リメイク版『System Shock』20分超えのプレアルファ版プレイ映像―仄暗い宇宙ステーションで…

  7. 『Apex Legends』新レジェンド「オクタン」の詳細が判明―義足のアドレナリンジャンキー

  8. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  9. ステルスシューター『Project I.G.I.』新作『I.G.I. - Origins』発表―16年ぶりの復活

  10. 『Phoenix Point』Epic Gamesストア時限独占の裏側がわずかに判明―“最低保証金”の存在が示唆

アクセスランキングをもっと見る

1
page top