Windowsストアで『Darkest Dungeon』を騙る偽アプリが販売―開発者がユーザーに注意喚起 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Windowsストアで『Darkest Dungeon』を騙る偽アプリが販売―開発者がユーザーに注意喚起

先日、特集記事でプレイレポをお伝えしたローグライクRPG『Darkest Dungeon』。ストレスを取り入れた独特なゲームプレイが好評を博し、Steamでも売り上げ上位にランクインするほどヒットしている本作ですが、Windowsストア

ニュース ゲーム業界
Windowsストアで『Darkest Dungeon』を騙る偽アプリが販売―開発者がユーザーに注意喚起
  • Windowsストアで『Darkest Dungeon』を騙る偽アプリが販売―開発者がユーザーに注意喚起
  • Windowsストアで『Darkest Dungeon』を騙る偽アプリが販売―開発者がユーザーに注意喚起

先日、特集記事でプレイレポをお伝えしたローグライクRPG『Darkest Dungeon』。ストレスを取り入れた独特なゲームプレイが好評を博し、Steamでも売り上げ上位にランクインするほどヒットしている本作ですが、デベロッパーRed Hook Studiosの関与していないWindows 8.1版がWindowsストアにて販売されている事が明らかとなりました。

Red Hook Studiosの共同社長であり『Darkest Dungeon』のデザイナーでもあるTyler Sigman氏は、現時点で同作はSteamHumble Storeでしか販売されておらず、Windowsストアで販売されているのは詐欺アプリだと説明。ユーザーに注意を喚起しています。



Windowsストアで販売されている『Darkest Dungeon』は価格が400円(本物は1,980円)、容量が2MB、説明文が片言と非常に怪しく、掲載されているスクリーンショットに至っては右下にWindowsのアクティベートを促すメッセージが映り込んでしまっている始末。

また、公開元として記載されているBalaji Chowdaryなる人物は本作以外にも『Farming Simulator 2015』や『Euro Truck Simulator 2』、『Lego Batman 3: Beyond Gotham』など、有名タイトルを騙ったアプリを多数販売しています。


Polygonによれば、Red Hook Studiosは現在Microsoftと協力し、問題に対処しているとの事ですが、記事執筆時点で製品ページはまだ存在。ユーザーが誤って購入しないよう早急な対応が求められます。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

    拳銃リアル操作FPS新作『Receiver 2』発表! 可動部品のすべてをシミュレート

  2. 船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

    船上サイコホラー『Layers of Fear 2-恐怖のクルーズ』Steam版が日本語に対応!

  3. 『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

    『SEKIRO』GOTY獲得にフロム・ソフトウェアからコメントが到着!「ここまで育ててくださったユーザーの皆さんのおかげです」【TGA2019】

  4. 美麗ハクスラアクション『Blasphemous』がニンテンドースイッチで12月19日にリリース―PC版の日本語対応も

  5. GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『The Forest』開発元新作『Sons of The Forest』発表!トレイラー映像も【TGA2019】

  8. 「MtG」の世界を描くMMOARPG『Magic: Legends』が発表【TGA2019】

  9. サンドボックスサバイバルRPG『New World』2020年5月発売!【TGA2019】

  10. 超能力ACT『CONTROL』新モードを追加する「EXPEDITIONS」アップデート配信、新DLC「FOUNDATION」も発表【TGA2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top