Xbox One本体未所持でもGames with Gold提供タイトルが取得可能に―Webからの利用も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox One本体未所持でもGames with Gold提供タイトルが取得可能に―Webからの利用も

Xbox One向けGames With Gold提供タイトルを、本体を持っていなくてもライブラリに追加できるようになりました。

家庭用ゲーム Xbox One
Xbox One本体未所持でもGames with Gold提供タイトルが取得可能に―Webからの利用も
  • Xbox One本体未所持でもGames with Gold提供タイトルが取得可能に―Webからの利用も
Xbox One向けGames With Gold提供タイトルを、本体を持っていなくてもライブラリに追加できるようになりました。

これまでは本体からのみ取得できたこれらの提供タイトルですが、Major Nelson氏がブログで報告した内容によると、本日からはXbox 360および公式サイトからも可能になったとのこと。

もちろんXbox Liveゴールドメンバーであることは必須ですが、Xbox 360ユーザーが将来Xbox Oneを購入する日のために今からゲームライブラリに追加しておくこともできるようです。

また、すでにXbox Oneを持っているユーザーは、出先などでWEBサイトから購入手続きをすませておけば自動的に本体へダウンロードされるため、家に帰ってすぐにプレイすることができるなど、こちらも便利になりました。 なお、提供タイトルがわかっていればSmartGlassのストアからも探すことができます。

Xbox 360からの利用方法については動画でも紹介されていますので、ぜひこちらも参考にしてください。
《菜種》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

    Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

  2. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

    『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  3. コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

    コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

  4. 『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

  5. 『フォートナイト』ニンテンドースイッチ本体バンドル版が海外で発表、ユニークな衣装もついてくる!

  6. スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

  8. 『アサシン クリード オデッセイ』ギリシア神話研究家 藤原シシンさんが語るコメンタリー動画が公開

  9. PS4新作『GUNGRAVE GORE』はハーフ・オープンワールドに―IGGYMOBセッションレポート【TGS2018】

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』には一人称視点モードが搭載!―海外ハンズオンで判明

アクセスランキングをもっと見る

page top