モバイルMOBA『Vainglory』がAndroidに対応!―PAX East会場で開発者を直撃 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

モバイルMOBA『Vainglory』がAndroidに対応!―PAX East会場で開発者を直撃

Androidバージョンが発表されたMOBAタイトル『Vainglory』。開発元Super Evil MegacorpのCOO兼エグゼクティブディレクターのKristian Segerstrale氏に再びインタビューを行い、詳しい話を聞いてきました。

アプリゲーム Android
モバイルMOBA『Vainglory』がAndroidに対応!―PAX East会場で開発者を直撃
  • モバイルMOBA『Vainglory』がAndroidに対応!―PAX East会場で開発者を直撃
  • モバイルMOBA『Vainglory』がAndroidに対応!―PAX East会場で開発者を直撃
  • モバイルMOBA『Vainglory』がAndroidに対応!―PAX East会場で開発者を直撃
  • モバイルMOBA『Vainglory』がAndroidに対応!―PAX East会場で開発者を直撃
  • モバイルMOBA『Vainglory』がAndroidに対応!―PAX East会場で開発者を直撃
  • モバイルMOBA『Vainglory』がAndroidに対応!―PAX East会場で開発者を直撃
  • モバイルMOBA『Vainglory』がAndroidに対応!―PAX East会場で開発者を直撃
  • モバイルMOBA『Vainglory』がAndroidに対応!―PAX East会場で開発者を直撃


日本国内リリースに先駆け、先日Game*Sparkでも開発者インタビューをお届けした、iOS専用のMOBAタイトル『Vainglory(ベイングローリー)』。

今週末、米国ボストンで開催されているPAX East 2015では、巨大なTwitchブース内に本作がプレイアブル展示。イベントにあわせて、待望のAndroidバージョンが発表になり、大きな注目を集めています。そこで、開発元Super Evil MegacorpのCOO兼エグゼクティブディレクターのKristian Segerstrale氏に再びインタビューを行い、詳しい話を聞いてきました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


Super Evil MegacorpのCOO兼エグゼクティブディレクターのKristian Segerstrale氏。

――本日はよろしくお願いします。さっそくですが、PAX Eastの出展はいかがですか?

Kristian Segerstrale氏(以下Segerstrale): PAXは素晴らしいイベントです。今回、『Vainglory』に3つの大型発表を行いました。ひとつは、Androidバージョンのサポート。すでにクローズドベータテストを開始していて、2000人近いAndroidプレイヤーを招待しました。今後さらに参加者を増やしていくでしょう。もちろん会場でもAndroid版を展示していますよ。

※Android版クローズドベータ受け付けページはこちら

2つ目の発表は、キャラクタースキンです。オリジナルとは少し違った見た目のヒーローを使うことできます。今回は「Sawborg」と「Evil Adagio」を披露しました。

3つ目の発表は「Spectator(観戦モード)」です。今日のTwitchステージイベントで、このSpectatorモードを使って初めて試合を放送するつもりです。おそらくモバイルゲームとしても初の試みではないでしょうか。当初、Spectatorは他に優先すべきことがあって実装していませんでしたが、ファンコミュニティーがe-Sportsへの進出を強く望んでいたので、導入するに至りました。

Androidバージョン、ヒーロースキン、Spectatorモードは、まだ正確なリリースタイミングは未定で、今後のアップデートにあわせて順次実装していきます。数ヶ月後には完全なかたちで導入されているはずです。



――Twitchとはどのように協力していますか?

Segerstrale: Twitchは重要な存在です。我々の作るゲームは、たくさんプレイされるのと同時に、たくさんの人に視聴してもらいたいと思っています。欧米においてTwitchは、プレイヤーがゲーム配信を行う際に欠かせない存在であり、日本におけるニコニコと同じですね。また、ゲーム内のニュースフィード欄からユーザー動画に簡単にアクセスできるようにするのも重要な点でした。コアゲーマーの集まるTwitchコミュニティーで、『Vainglory』の存在を多くのユーザーに知ってもらいたいです。

――『Vainglory』はローンチ以来、どのように変化してきていますか。ゲームプレイ面やバランス調整など、最近導入したアップデート内容について教えてください。

Segerstrale: 欧米でのローンチ以降、合計8回のアップデートを導入してきました。アップデートのたびに、新コンテンツや新要素、バランス調整を実装しています。これまで4体のヒーローを追加したのに加え、チャットや特殊なPing機能、Emoticonなどソーシャル要素も充実させてきました。また、マッチデータや多く寄せられるユーザーフィードバックを基に、各ヒーローやアイテムのバランス調整を施しています。


最近追加された新ヒーロー「Ardan(左)」と「Celeste(右)」。

――『Vainglory』は、手軽なスマホやタブレットで遊ぶ性質上、PCゲームに比べて試合の途中抜けやAFKが多くなる懸念もあります。こうした“Leaver”に対してSuper Evil Megacorpはどのように対処していますか。

Segerstrale: “Leaver”の問題はとても深刻に受け止めています。PCゲームなら、ゲームを退出しようとすれば確認画面や警告が表示されますが、モバイルデバイスの場合ワンタッチでゲームを閉じてしまえるので、それは防ぎようがありません。途中抜け行為に対しては3つの対策をとっています。ひとつはKarmaシステム。Karmaが増えると、ヒーローのアンロックに必要なGloryが早く貯まるようになります。Karmaを得るには勝ち負け関係なく試合を完了させる必要があり、途中抜けすると罰として大幅に減少します。

ただし、接続問題や不具合などで途中落ちしてしまうケースもありますから、2つ目の対策としてはネットワークの安定性を強化しています。もし意図せずゲームから落ちてしまっても、すぐに試合に復帰すればペナルティは課せられません。

また、途中抜けしたプレイヤーには、マッチメイキングのペナルティも与えていて、試合開始までの時間が延長される上、途中抜けプレイヤー同士で対戦を行うことになります。

――『Vainglory』はコアゲーマーをターゲットにしているという話でしたが、将来的に、PCでゲームを遊ばない層やMOBAを知らないカジュアルユーザーもターゲットにしていくのでしょうか。

Segerstrale: そうですね。現状『Vainglory』は、周りに教えくれる友人がいるか、コアゲーマーでない限り、簡単に遊び方を覚えることができず、カジュアルプレイヤーがゲームを理解しづらいのは事実です。とはいえ我々も小さなスタジオですので、まずはコアゲーマーが満足する体験を用意するのに注力し、土台を作っていきたいです。その次に目指したいのが、任天堂の『スマブラ』や『マリオカート』のように、同じ場所でいっしょに遊んでもらう環境作りです。みんなで集まって『Vainglory』を遊ぶのは本当に楽しいので、今まで以上にゲームを覚えやすくなるようチュートリアルを強化したり、あるいはストリーミングの機会を増やして、カジュアルゲーマーに興味を持ってもらえるようにしたいです。

――日本版のリリースが予定よりも延期していますが、どのような状況なのでしょうか。現段階でのリリース時期は?

Segerstrale: 日本で予定通り『Vainglory』をリリースできず申し訳ありません。本当のことを言うと、製品がまだ完全な形ではなかったためです。ローカライズはほぼ完了していたものの、いくつか足りない部分がありました。次のアップデートにあわせて、日本のゲーマーに向け準備が整うことを願っています。2月に東アジアサーバーも開設しているので、日本からも低Pingでプレイできる環境は用意できています。ひとつ確かなのは、我々は日本のゲーマーを深くリスペクトしているので、しっかりした形でゲームを届けたいということです。可能な限り早く日本でローンチしたいと望んでいます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


ブースには人気キャラKoshkaとCatherineの公式コスプレイヤーも。

――最後に、『Vainglory』の発売を待っている日本のゲーマーにメッセージをお願いします。

Segerstrale: 発売をお待ちいただいて感謝しています。日本はビデオゲームの故郷でもあるし、日本版が納得のいく出来になるまで、もう少しお時間をください。またローンチ後もゲームがより良くなるように色々ご意見をいただきたいです。各国でファンコミュニティーと密接にやりとりしていて、コミュニティーこそがSuper Evil Megacorpにとって最も重要な存在なので、お互いに影響しあって、いっしょに素晴らしいゲームを作り上げていきましょう。

――どうもありがとうございました。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種が拡張、LG V10やGoogle Pixel等が追加

    『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種が拡張、LG V10やGoogle Pixel等が追加

  2. Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

    Steamゲームをスマホでプレイ「Steam Link」Android版リリース!―iOS版は審査中か

  3. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

    『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  4. モバイル向け『シムズ』最新作『シムズ・ポケット』がGoogle Playで事前登録開始!

  5. 『フォートナイト』Android版ベータがローンチ! まずはGalaxyユーザーから招待開始

  6. Android版『フォートナイト』はGoogle Playストアを使用しない―Epic Gamesが直接配信

  7. モバイル版『ARK: Survival Evolved』が海外配信! いつでもどこでも恐竜サバイバル

  8. 『ポケモンGO』幻のポケモン「セレビィ」スペシャルリサーチに登場!8月21日早朝より開始

  9. 『荒野行動』開発元の新作『第五人格』が中国配信ー『Dead by Daylight』風非対称スマホ対戦【UPDATE】

  10. 『ARK Mobile』日本版が延期―配信は9月中を予定も正確な日時は追って発表

アクセスランキングをもっと見る

page top