メガドライブvsスーファミ!ノンフィクション作家と元セガスタッフが語る「16bit戦争」PAX Eastイベントレポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

メガドライブvsスーファミ!ノンフィクション作家と元セガスタッフが語る「16bit戦争」PAX Eastイベントレポ

このイベントは、『Console Wars』の原作者ブレイク・J・ハリス氏と、元米セガのアル・ニルセン氏が登壇し、メガドライブとスーパーファミコン発売当時の攻防をを語りました。

ゲーム機 ハードウェア
メガドライブvsスーファミ!ノンフィクション作家と元セガスタッフが語る「16bit戦争」PAX Eastイベントレポ
  • メガドライブvsスーファミ!ノンフィクション作家と元セガスタッフが語る「16bit戦争」PAX Eastイベントレポ
  • メガドライブvsスーファミ!ノンフィクション作家と元セガスタッフが語る「16bit戦争」PAX Eastイベントレポ
  • メガドライブvsスーファミ!ノンフィクション作家と元セガスタッフが語る「16bit戦争」PAX Eastイベントレポ
  • メガドライブvsスーファミ!ノンフィクション作家と元セガスタッフが語る「16bit戦争」PAX Eastイベントレポ
  • メガドライブvsスーファミ!ノンフィクション作家と元セガスタッフが語る「16bit戦争」PAX Eastイベントレポ
  • メガドライブvsスーファミ!ノンフィクション作家と元セガスタッフが語る「16bit戦争」PAX Eastイベントレポ
  • メガドライブvsスーファミ!ノンフィクション作家と元セガスタッフが語る「16bit戦争」PAX Eastイベントレポ
  • メガドライブvsスーファミ!ノンフィクション作家と元セガスタッフが語る「16bit戦争」PAX Eastイベントレポ

3月6日、米ボストンのPAX East 2015にて開催されたイベント「16-bit Battle: Sega vs. Nintendo」のレポートをお送りします。

セガと任天堂のコンソール販売競争を追ったノンフィクション小説『Console Wars: Sega, Nintendo, and the Battle that Defined a Generation』の作者ブレイク・J・ハリス氏と、米セガ前マーケティングマネージャーのアル・ニルセン氏が登壇し、メガドライブ(Sega Genesis)とスーパーファミコン(Super Nintendo Entertainment System)発売当時のアメリカでセガと任天堂がどのような攻防を繰り広げていたかを語りました。

このイベントは夜9時半から11時半までというスケジュールだったにも関わらず、多くの来場者が訪れていました。ちなみに、ハリス氏の『Console Wars』は『ザ・インタビュー』のセス・ローゲンとエヴァン・ゴールドバーグによる映画化も予定されています。


ハリス氏は子供の時に家族からクリスマスプレゼントとしてメガドライブをもらってからセガのゲームに興味を持つようになり、大手書店などに映画史や音楽史のコーナーはあるのにどうしてビデオゲーム史がないのだろうと疑問に思ったことが本を書く動機になったのだそうです。


ニルセン氏は百貨店のゲームやPCのバイヤーからキャリアをスタートし、ハズブローが計画していたゲーム機「The Control-Vision」にも関わっていたそうです。会場では、1982年当時に手がけたAtari5200のパックマンをフィーチャーした米百貨店J.C.ペニーのCMが上映されました。


ハリス氏は当時のファミコンブームを伝えるニュース映像を流し、アメリカでどれくらいファミコンが大人気であったかを解説。そのファミコンブームの中、セガがいかに任天堂の牙城を崩そうか試行錯誤していたことが語られました。

1989年、スーファミに先駆けて発売された16bit機であるメガドライブ発売時のCMが上映され、「Genesis does, Nintendon’t(メガドライブはやる、任天堂はやらない)」というキャッチコピーを使った対抗心むき出しのプロモーションを行っていたことも確認できました。


そして、任天堂のマリオのように、誰もが一目でセガとわかるマスコットを作ろうという話になった際、日本から2つのデザインが送られてきて、1つはどう見ても「卵」としか言い表せないキャラクターで日本とアメリカの文化の違いに困惑したそうです。

そして、もう1つがハリネズミのキャラクター。このハリネズミのキャラクターを見たとき皆が口を揃えて「ハリネズミってなんだ?」と言ったそうです。当時は情報が発達していなかったこともあり「Hedgehog(ハリネズミ)」という言葉自体知らなかったとニルセン氏は述べていました。これは、ハリネズミがアメリカに生息していないという理由もありそうです。

卵かハリネズミのマスコットのどちらを選ぶかというときに、彼女がいるハリネズミのマスコットの方がまだマシだという判断で「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」が誕生した、という秘話が語られました。


やがて、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』はアメリカで大人気となり、メガドライブの販売台数を大きく伸ばすこととなりました。ハリス氏はこの当時の状況を、コカ・コーラ対ペプシ・コーラの関係に似ていたと比喩していました。

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』の発売時のプロモーションは非常に大掛かりだったそうで、発売日であった1992年11月24日火曜日を「Sonic 2s day」という公的な記念日に指定してもらおうというキャンペーンも行ったそうです。当時のニュース映像が上映され、著名人を集めたプロモーション活動や、大掛かりなソフトの出荷式の様子などを見ることができました。

アメリカで大きくシェアを伸ばしたメガドライブですが、日本で伸び悩んでいた状況については、日本のマーケットがアメリカとかなり異なっていたのだとニルセン氏は語りました。

深夜まで行われたこのイベントですが、終了後も多くの来場者はハリス氏とニルセン氏を囲み、イベントでは語りつくせなかったゲーム史談義に花を咲かせていました。

《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の最新情報が公開

    プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の最新情報が公開

  2. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

    プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  3. 「レトロフリーク」用アーケードスティックが登場!三和電子製パーツを採用し、ショートカットボタンも搭載

    「レトロフリーク」用アーケードスティックが登場!三和電子製パーツを採用し、ショートカットボタンも搭載

  4. 『BF』シリーズ開発元のお蔵入りメガドラゲーム『Hardcore』が新型互換機「Mega SG」に内蔵へ! 25年越しのリリース

  5. 小型メガドラ互換機「Mega SG」海外発表―遅延なしの1080pアップスケール、メガCDとの併用にも対応

  6. 新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」発表!外部センサーも必要なし

  7. あの「ゲームボーイ」互換機が登場!アルミ製、内蔵バッテリーやバックライトも搭載

  8. VRホラーADV『Human Sacrifice』Steam配信開始ー不気味な儀式の謎を解き明かし脱出せよ

  9. 謎の儀式から生き延びるVR脱出『生贄 ~Human Sacrifice~』Steam配信予定―EDは20種類

  10. 『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

アクセスランキングをもっと見る

1
page top