『Monument Valley』がセールス急上昇、ケビン・スペイシーが人気海外ドラマでプレイ! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Monument Valley』がセールス急上昇、ケビン・スペイシーが人気海外ドラマでプレイ!

モバイル向け美麗パズルアドベンチャー『Monument Valley』が海外ドラマ「House of Cards」に登場し、再びその売り上げを伸ばしていることが、海外メディアで注目を集めています。

ゲーム文化 カルチャー
『Monument Valley』がセールス急上昇、ケビン・スペイシーが人気海外ドラマでプレイ!
  • 『Monument Valley』がセールス急上昇、ケビン・スペイシーが人気海外ドラマでプレイ!
  • 『Monument Valley』がセールス急上昇、ケビン・スペイシーが人気海外ドラマでプレイ!
モバイル向け美麗パズルアドベンチャー『Monument Valley』が海外ドラマ「House of Cards」に登場し、再びその売り上げを伸ばしていることが、海外メディアで注目を集めています。


昨年4月のリリース以来、iOS/Android向けに好評を博し、海賊行為の被害や「料金支払い率」についても話題になっていた同作品。海外メディアIGNによれば、米国で放映されている人気ドラマ「House of Cards(ハウス・オブ・カード 野望の階段)」のワンシーンに『Monument Valley』が登場したことにより、iOS向けApp StoreやGoogle Playでのセールスが更に上昇したとのことです。iTunes Chartではトップ5に君臨しており、ドラマでの宣伝効果と同作が持つポテンシャルの高さが伺えます。

なお、同作品をドラマの中でプレイしていたのは、「ユージュアル・サスペクツ
」や「ラスベガスをぶっつぶせ」で知られるケヴィン・スペイシーとのこと。『Monument Valley』開発スタッフのKen Wong氏は、ドラマ制作元からの提案に快く回答し、無償で利用を許可していた模様です。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 怪作『The Stanley Parable』「5年間プレイしない」実績が解除可能に―リリースから5年が経過

    怪作『The Stanley Parable』「5年間プレイしない」実績が解除可能に―リリースから5年が経過

  2. 「偽グラボ」にご用心?有名ソフト「GPU-Z」に偽グラフィックボード検出機能が搭載

    「偽グラボ」にご用心?有名ソフト「GPU-Z」に偽グラフィックボード検出機能が搭載

  3. 思わずごっこ遊びしたくなってしまうクオリティ!『フォートナイト』実写ファンムービー

    思わずごっこ遊びしたくなってしまうクオリティ!『フォートナイト』実写ファンムービー

  4. 音楽ゲーム『pop’n music peace』の稼働がスタート―バラエティ豊かなキャラクターと楽曲で20周年をお祝い!

  5. 『Fallout 76』Vault-boy型の香炉が海外ストアにて予約開始ーそれカリカリ反応しない?

  6. 『オーバーウォッチ』声優が別キャラのセリフをしゃべってみた!海外メディア映像

  7. 高機能チャットツール「Discord」ゲームストア/ランチャー機能がオープンベータに!

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. ほぼ全部が"謎"な『The Beginner's Guide』発表、『The Stanley Parable』開発者の新作

  10. 今年こそはマジメに…と言いつつやっぱり新情報もポロリ!イベントを締めるトークショー「ラウンドテーブル2018」レポート【UBIDAY 2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top