【UPDATE】Steam利用規約が更新、欧州など一部地域で返金対応実施へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【UPDATE】Steam利用規約が更新、欧州など一部地域で返金対応実施へ

PC向けゲーム配信ストア「Steam」の利用規約がアップデートされました。これにより、一部地域を対象として、購入タイトルの返金システムが導入される模様です。

ニュース 発表
【UPDATE】Steam利用規約が更新、欧州など一部地域で返金対応実施へ
  • 【UPDATE】Steam利用規約が更新、欧州など一部地域で返金対応実施へ
  • 【UPDATE】Steam利用規約が更新、欧州など一部地域で返金対応実施へ
UPDATE(2015/3/19 0:39): 海外メディアVG247が新たに公開した欧州ユーザー向けSteamスクリーンショットには、「“購入”をクリックした際は、14日の返金対応期間を待たず、Valveが即時にデジタルコンテンツを配信することに同意します。従って、あなたは返金対応の権利を明確に失います。」と記載されています。これについてVG247は、返金対応に確実性がある訳ではないと指摘。また、MCVでは、「ダウンロード及びインストールを済ませてないユーザーのみ、14日間以内に返金対応を受ける権利がある」と報じています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


PC向けゲーム配信ストア「Steam」の利用規約がアップデートされました。これにより、一部地域を対象として、購入タイトルの返金システムが導入される模様です。

この度更新されたSteam利用規約(英語圏向け)では、「課金、支払い、およびその他の利用権」項目に新たな規約が追加されています。これは欧州やニュージーランドのSteamユーザーを対象としたもので、ゲームなど有料コンテンツを購入したユーザーは、14日間の期限内の中で返金システムを利用可能になるとのことです。日本やロシアを始めとした地域向けにこの規約更新は為されておらず、現時点では一部地域ユーザーのみに向けた対応となっている模様です。

『Colin McRae Rally』『H1Z1』などパブリッシャーや開発元が対応した例を除けば、Steamでは原則として返金対応を受け付けていませんでした。また、オーストラリアでは、この規約を発端として豪州競争・消費者委員会がValveを訴訟すると言った事件も、昨年8月に報じられていました。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 17 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」の無料プレイローンチが延期―Epicが開発状況を報告

    『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」の無料プレイローンチが延期―Epicが開発状況を報告

  2. 3Dレーシングアクション『Ricky Runner: SUPERBOOT CUP』11月にSteam早期アクセス開始

    3Dレーシングアクション『Ricky Runner: SUPERBOOT CUP』11月にSteam早期アクセス開始

  3. 恐竜テーマパークシム『Parkasaurus』アップデートにより日本語に対応!

    恐竜テーマパークシム『Parkasaurus』アップデートにより日本語に対応!

  4. PC版『Warframe』新オープンワールド拡張「Fortuna」 国内でも11月に無料配信!PS4/XB1版は今冬に

  5. 地獄ホラー無規制版『Agony UNRATED』正式発表! 多数の新要素も追加

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. セガサターン仕様のハイレゾプレーヤー「CT10 セガサターン」発売決定!初期型カ/後期型カラー、各限定500台

  8. 『フォートナイト』パッチノートv5.30―PvE「世界を救え」日本語版が早期アクセス開始!

  9. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  10. PS Store「ハロウィンセール」100タイトル以上が最大85%OFF!「PS Vitaタイトルセール」も

アクセスランキングをもっと見る

page top