中国本土でPS4/Vitaが遂に発売。コーエーテクモ キーマンに聞くー「三国志」お膝元で勝機はあるのか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国本土でPS4/Vitaが遂に発売。コーエーテクモ キーマンに聞くー「三国志」お膝元で勝機はあるのか

ニュース 最新ニュース

中国本土でPS4/Vitaが遂に発売。コーエーテクモ キーマンに聞くー「三国志」お膝元で勝機はあるのか
  • 中国本土でPS4/Vitaが遂に発売。コーエーテクモ キーマンに聞くー「三国志」お膝元で勝機はあるのか
  • 中国本土でPS4/Vitaが遂に発売。コーエーテクモ キーマンに聞くー「三国志」お膝元で勝機はあるのか
  • 中国本土でPS4/Vitaが遂に発売。コーエーテクモ キーマンに聞くー「三国志」お膝元で勝機はあるのか
  • 中国本土でPS4/Vitaが遂に発売。コーエーテクモ キーマンに聞くー「三国志」お膝元で勝機はあるのか
  • 中国本土でPS4/Vitaが遂に発売。コーエーテクモ キーマンに聞くー「三国志」お膝元で勝機はあるのか
  • 中国本土でPS4/Vitaが遂に発売。コーエーテクモ キーマンに聞くー「三国志」お膝元で勝機はあるのか
12月11日、中国・上海で実施されたソニーコンピューターエンターテイメント(SCE)によるプレス向けカンファレンスにてローンチが電撃的に発表されたPlayStation 4およびPlayStation Vita。


当初の発売予定から約2ヶ月遅れの3月20日に遂に両ハードの発売が開始されました。


中国当局やセンサーシップなどの兼ね合いもあり、通常のゲームタイトル発売とはまた違った難しさがある中国国内での展開。今回のローンチでは『Trials Fusion』や『King of WuShu:Free Early Access Edition』などの海外タイトルはもちろんのこと、『KNACK』や『FINAL FANTASY X-2 HD Remaster』などの国産ゲームも多数ローンチタイトルに名前を連ねています。

    <PS4発売ソフトウェアタイトル一覧>

    『DYNASTY WARRIORS 8: Xtreme Legends Complete Edition』
    『King of WuShu:Free Early Access Edition』
    『KNACK』
    『Mr.Pumpkin Adventure』
    『Rayman Legends』
    『Trials Fusion』等

    <PS Vita発売ソフトウェアタイトル一覧>

    『DYNASTY WARRIORS 8: Xtreme Legends Complete Edition』
    『Farming Simulator 14』
    『FINAL FANTASY X HD Remaster』
    『FINAL FANTASY X-2 HD Remaster』
    『One Tap Hero』
    『Rayman Legends』
    『TOUKIDEN-KIWAMI』

本稿では、ローンチタイトルラインナップに含まれている『DYNASTY WARRIORS 8: Xtreme Legends Complete Edition』(邦題:『真・三國無双7 with 猛将伝』)、『TOUKIDEN-KIWAMI』(邦題:『討鬼伝 極』)を手がけるコーエーテクモゲームスの鈴木亮浩氏、森中隆氏へ実施した合同インタビューの様子をお届けします。



―――まずは中国での展開が正式に決定したことについて、率直な感想をお聞かせください

鈴木氏:私が担当しているタイトルは「三国志」を題材にしているものですので、その発祥地での発表ということで、非常に嬉しく思います。同時に発表の際に会場のみなさまも非常に盛り上がってくれていたので、良かったです。



―――会場も非常に盛り上がっていましたね。やはり中国のみなさまも待ち望んでいタイトル、ということでしょうか

鈴木氏:ありがとうございます。ちょうどPlayStationの発売から20周年という節目のタイミングで中国での発売ということで、最初のスタートのタイミングで一緒に携われるということも嬉しく思います。

―――中国市場に対して、思い入れはあるか

森中氏:そうですね…。実はプライベートで中国がすごく好きで、よく旅行に来ています。私も過去に『三國無双』シリーズの製作に携わっていましたし、コーエーテクモゲームズは『三國無双』以外にも『三国志』というタイトルもありますし、それが好きで育ってきた世代です。そういう市場に、ゲームとして投入できるということは非常に嬉しく思います。



―――『討鬼伝』もゆくゆくは中国市場で展開することを踏まえて製作をしていたか

森中氏:いえ、そこまでは思っていませんでした(笑)。ただ、中国でPlayStationプラットフォームを展開する、というお話を頂いた際には「ぜひ!」という気持ちでしたね。

―――中国市場に対しては、自ら手を挙げた?

森中氏:いや、そこでいうとSCEかコーエーテクモゲームズがどっちから言い始めた、とかいうものはなく、考える猶予もありませんでした。「中国?よし、行こう行こう」という感じでした。『討鬼伝』というタイトル自体は、SCEさんと広げていきましたので、PlayStation Vitaが行くところにはどこでもついていきます(笑)。

―――両タイトルともに、中国のユーザーにどういうところに注目してもらいたいか

鈴木氏:猛将伝では主人公が呂布となっています。中国では呂布は人気がないと良く聞きます。「ただの裏切り者だろ」「なんであんなのを主人公にするんだ」という声もあったりしたのですが、日本では「最強キャラ」という三國無双ならではのキャラ付けをしてストーリーもしっかり作ってありますので、中国では人気の無い呂布だからこそストーリーを楽しんでほしいと思います。

森中氏:ひとつはマルチプレイをアドホックでぜひ楽しんで頂きたいです。恐らく中国では、ゲーム機を持ち寄って遊ぶという文化が無いと思いますので、その先駆けになれるようなタイトルになってほしいと思います。もうひとつは、日本の歴史を扱っているゲームなので、このゲームをプレイすることによって日本に興味を持って頂きたいな、と。日中の架け橋になれれば。

―――今はオンラインでマルチプレイをするのが当たり前になっていますが、一昔前の日本でも「昼休み、みんなでやろうぜ!」「学校終わったら、公園でちょっとプレイしようぜ!」といったやりとりがあったかと思いますが、そのような感じになってほしい?

森中氏:そうですね。ぜひ先生に黙って学校に持って行って欲しいです(笑)。

―――発表ではPlayStation vitaがフューチャーされていたような印象を受けましたが、お二人はVitaとPS4どちらに期待しますか?両方?

森中氏:両方ですね。PS4は現行のハイエンドのコンソールになりますので「待ってた」というのは大きいのではないでしょうか?中国で他の海外と同じハイエンドのゲームを楽しむことができる。本国で正式にPS4を買える、ということを楽しみにしていたユーザーは多いのではないでしょうか。

―――オフラインでの大会やイベントは企画していますか?

森中氏:それはぜひやりたいですね。希望はあります。

―――三國無双は中国ユーザーからどのように受け入れられてるとお考えですか?

鈴木氏:ストーリーやキャラは、割りと人気があると思います。ただ、日本もそうなのですが強いキャラ付をしているキャラクター、例えばスキンヘッドのキャラがいたり、張コウの性格がちょっと変わっていたりする部分につきましては、いろいろな意見を頂いております。その部分も含めて、受け入れてもらえている感じはしています。日本人だから誰でも戦国時代に詳しいというわけではないのと同じように、中国人だから誰でも三国志について詳しいというわけでもなく、大まかの三国志の歴史の流れと有名な武将はもちろん知っている人は多いのですが、細かいところまでは歴史好きな方で無い限りは追っていないみたいです。逆に『三國無双』をプレイして、三国志に興味を持って、三国志の勉強を始める方もいるようです。そういう意味で、キャラ付けやビジュアルを中国の方々に影響を与えているという面も多少なりともあるかとは思います。ソシャゲ含め、中国でも三国志を題材にしたゲームタイトルは多くあるのですが、見ていると『三國無双』のデザインに似ている部分も多いな、と感じています。ありがたいお話です。

―――今後、中国市場は力を入れていきますか

鈴木氏:弊社のタイトルは基本的には、全世界向けに展開をしています。日本で発売したものは、日本語版をまずは台湾地域で発売もします。そういった意味でいうと、何か特別に中国向けに展開をするというよりは、日本で発売するものを全世界で展開して、その一環として中国地域も含まれる形になるかと思います。ただ、今後中国市場が爆発的に活発になるという動きがあるようであれば、弊社は「三国志」を題材にしたタイトルを複数抱えていますので、それを中国市場向けにローカライズして展開していくということはあり得る話ではあります。

森中氏:「水滸伝」とか「ジンギスカン」とか出してますしね。弊社はアジア地域を題材にしたIPは結構あります。そちらの展開も考えられるかもしれません。

―――中国に対して「こういったタイトルを投入していきたい」というものはありますか?

森中氏:今回『討鬼伝』を製作していて感じたのですが、全世界でプレイできるゲーム、全世界の違う人種の人が同じゲームを一緒にやる、というゲーム体験はやっぱりいいな、と。そういったタイトルを今後中国でも展開できればと思います。

―――PlayStation4およびPlayStation Vitaは中国市場で成功しますでしょうか?また飛躍するためには何を行えばよいとお考えですか

鈴木氏:もちろん、成功すると思います。去年、PS4のアジア地域のローンチイベントに参加させて頂きました。台湾と香港の両方に参加したのですが、その時の香港の盛り上がりが非常に良かった。人もすごい集まっていましたし、注目度は非常に高いのだな、と。今回中国全土での発表ということで、注目もされていますし、発表された本体の価格を見るとSCEさんの本気度が伝わってきます。

森中氏:いかに情報が伝わるか、という部分がキーになってくるかと思います。どこで手に入るのか、PlayStation 4やPlayStation Vitaが発売されるんだ!という部分ですね。私も視察をしたのですが、台湾や香港から入ってきているものが当たり前のようにごったに並べられています。そのようなアンオフィシャルな形でグレーな形で広がっているイメージがありますが、そこに対してPlayStationがどーんっと正面からゲーム市場に参戦して、その情報がいろいろなゲーマーに伝わっていって「うちの国でもこういのがしっかり始まったんだ!」ということがきちんと伝わって、ゲームを買うという流れを作れれば成功すると思います。

―――中国でやってみたいプロモーションは?

鈴木氏:三国志が題材なので…。コスプレを絡めた何かはやってみたいですね(笑)。

―――最後に、中国市場への意気込みを

森中氏:中国でスタートする時に立ち会えたということは本当に幸せです。ぜひ、成功に繋がっていけるようにSCEさんとうまくタッグを組んで広げていきたいです。

鈴木氏:三国志のお膝元…である中国で、なんとしても成功したいと思っていますので、SCEさんと一緒にPlayStation 4とPlayStation Vitaの成功とともに、無双もぜひ成功させていきたいと思います。

―――ありがとうございました。
《森元行》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 16 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. PS4日本語DL版『レッド・ デッド・リデンプション2』予約受付が開始!特典はゲーム内通貨や宝の地図

    PS4日本語DL版『レッド・ デッド・リデンプション2』予約受付が開始!特典はゲーム内通貨や宝の地図

  2. PS4向けシンプル版『ストリートファイターV』が2,990円で再登場ーDLCセールも

    PS4向けシンプル版『ストリートファイターV』が2,990円で再登場ーDLCセールも

  3. PS4『Marvel’s Spider-Man』予約特典「アイアン・スパイディ・スーツ」吹替映像―「アベンジャーズ」最新作をフィーチャー

    PS4『Marvel’s Spider-Man』予約特典「アイアン・スパイディ・スーツ」吹替映像―「アベンジャーズ」最新作をフィーチャー

  4. 今年の顔『モンハン』やゲーム開発の裏側が明かされる「CEDEC 2018」セッション情報―優秀賞に『Cuphead』『ニーア』など輝く

  5. 『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

  6. 『Alien: Isolation』のチームが手がける新規IPはタクティカルFPSか―求人広告に記載

  7. Steamサマーセール「銀河を超越するSummer Sale」がスタート! ミニゲームも登場

  8. 名作ADV新作『LIFE IS STRANGE 2』が海外向けに正式発表! 9月にエピソード1が登場予定

  9. ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

  10. 『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

アクセスランキングをもっと見る

page top