『パックマン』『ゼビウス』などのカタログIPオープン化プロジェクト4月下旬開始…全17タイトル | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『パックマン』『ゼビウス』などのカタログIPオープン化プロジェクト4月下旬開始…全17タイトル

ニュース ゲーム業界

『パックマン』『ゼビウス』などのカタログIPオープン化プロジェクト4月下旬開始…全17タイトル
  • 『パックマン』『ゼビウス』などのカタログIPオープン化プロジェクト4月下旬開始…全17タイトル
  • 『パックマン』『ゼビウス』などのカタログIPオープン化プロジェクト4月下旬開始…全17タイトル
  • 『パックマン』『ゼビウス』などのカタログIPオープン化プロジェクト4月下旬開始…全17タイトル
  • 『パックマン』『ゼビウス』などのカタログIPオープン化プロジェクト4月下旬開始…全17タイトル
バンダイナムコゲームスは、カタログIP(バンダイナムコゲームスがこれまでに展開したオリジナルIP)を国内のクリエイターへ開放するオープン化プロジェクトを、4月下旬より開始することを発表しました。

このプロジェクトは、2015年にバンダイとナムコが統合して10周年を迎えることを記念して行われるもの。対象となるのは「パックマン」「ギャラクシアン」「ゼビウス」「マッピー」など全17キャラクターで、通常の版権許諾とは異なりキャラクター監修は行われず、簡易的な企画審査のみでコンテンツ提供が可能になります。スマホアプリやブラウザゲームなど、デジタルコンテンツの領域で活用されることを想定しているとのこと。

バンダイナムコゲームスは、自社IPを多くのクリエイターのアイデアによりUGC(User Generated Contents、ユーザー生成コンテンツ)展開することで、ネットワークエンターテインメントのさらなる事業領域の拡大を目指していきます。

    ■オープン化対象タイトル(※2015年3月末現在)
  • パックマン
  • ギャラクシアン
  • ゼビウス
  • マッピー
  • ギャラガ
  • ディグダグ
  • ドルアーガの塔
  • バトルシティ
  • スターラスター
  • バベルの塔
  • ワルキューレの冒険
  • スカイキッド
  • ドラゴンバスター
  • 妖怪道中記
  • 源平討魔伝
  • ワンダーモモ
  • ワギャンランド

(c)BANDAI NAMCO Games Inc.

記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

    『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

  2. ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

    ベセスダ、ワーナーとBehaviourに「訴訟」提起―『Fallout Shelter』のコードなどが他作品に使用されたため

  3. 「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

    「NEOGEO mini」7月24日に発売決定! 価格は11,500円(税別)に

  4. 名作ADV新作『LIFE IS STRANGE 2』が海外向けに正式発表! 9月にエピソード1が登場予定

  5. 『エースコンバット7』最新情報!ストーリー詳細やF-15Jなど一部登場機体がついに公開

  6. Steamサマーセール「銀河を超越するSummer Sale」がスタート! ミニゲームも登場

  7. iOS版『フォートナイト』配信から3か月でおよそ110億円の収益に到達

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『マインクラフト』PS3/Xbox 360/PS Vita/Wii U版に最後のアップデートが配信予定

  10. 『バーンアウト』クリエイターが2本の新作『Danger Zone 2』『Dangerous Driving』を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top