『STAR WARS バトルフロント』アイアンサイト視点は非搭載―海外からは好評の声も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『STAR WARS バトルフロント』アイアンサイト視点は非搭載―海外からは好評の声も

先日ローンチ時の収録マップ数が告知されたEA DICE開発のシリーズ最新作『STAR WARS バトルフロント(Star Wars: Battlefront)』ですが、ブラスターにアイアンサイトを搭載しないことが明らかとなりました。

家庭用ゲーム PS4
『STAR WARS バトルフロント』アイアンサイト視点は非搭載―海外からは好評の声も
  • 『STAR WARS バトルフロント』アイアンサイト視点は非搭載―海外からは好評の声も
  • 『STAR WARS バトルフロント』アイアンサイト視点は非搭載―海外からは好評の声も


先日ローンチ時の収録マップ数が告知されたEA DICE開発のシリーズ最新作『STAR WARS バトルフロント(Star Wars: Battlefront)』ですが、アイアンサイト視点を搭載しないことが明らかとなりました。

アイアンサイト視点の非搭載は、OXM誌におけるDICEのエグゼブティブプロデューサーPatrick Bach氏のインタビューから判明したもので、「いくつかのライフルにはスコープを取り付けられるが、アイアンサイトは全くない」と述べています。また、映画「スター・ウォーズ」本編に登場する通常のブラスターでは、アイアンサイトが取り付けられていないことにも言及しています。

海外フォーラムNeoGAFでは、アイアンサイト視点がないことに関して、スコープや光学サイトのエイム・ダウン・サイト(Aim Down Sight、照準の覗き込み)有無について議論が繰り広げられています。ADS有無については実際にインタビューで述べられていないため不明ですが、アイアンサイト視点がない点については賛同の声が多数あり、多くのファンに歓迎されることが予想されます。


1人称/3人称のイメージは1分50秒から

なお、先月に公開された開発の舞台裏映像における1人称視点と3人称視点の切り替えイメージでは、反乱同盟軍の兵士が持つブラスターにスコープが取り付けられていました。

『STAR WARS バトルフロント』はPC/PS4/Xbox One向けに海外で11月17日に、国内で11月中に発売予定です。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ヨドバシ・ドット・コム、7月13~14日実施の「スイッチ本体」抽選倍率を公開―最高倍率は久々の2桁台に

    ヨドバシ・ドット・コム、7月13~14日実施の「スイッチ本体」抽選倍率を公開―最高倍率は久々の2桁台に

  2. 『Ghost of Tsushima』インプレ―リアルな「蒙古襲来」、往年の時代劇を再現した「黒澤モード」も熱い

    『Ghost of Tsushima』インプレ―リアルな「蒙古襲来」、往年の時代劇を再現した「黒澤モード」も熱い

  3. 『ウォッチドッグス レギオン』に『アサシン クリード シンジケート』主人公の子孫が登場! 仲間に引き入れて操作もできる

    『ウォッチドッグス レギオン』に『アサシン クリード シンジケート』主人公の子孫が登場! 仲間に引き入れて操作もできる

  4. 『Crysis Remastered』スイッチ版での物理挙動を示す映像が公開―木は倒れ枝葉まで揺れる

  5. 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【7月15日】―新たな動きに向けた準備もお勧め

  6. 発売までもうすぐ! オープンワールド時代劇『Ghost of Tsushima』ローンチトレイラー公開【UPDATE】

  7. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  8. 「ファミコン&スーファミ Switch Online」7月15日に『真・女神転生』『スーパードンキーコング』など3タイトル追加!

  9. 『Ghost of Tsushima』の美麗な自然描写について映像も交えて解説する特集が公開!

  10. 『アサシン クリード ヴァルハラ』主人公エイヴォルの性別は「いつでも切り替えられる」

アクセスランキングをもっと見る

page top