英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』

「東京インディーフェス 2015(TIF)」で、ゴールドスポンサーとしてブース出展している、コーラスワールドワイド。『The Room(ザ・ルーム)をはじめとした、同社がパブリッシング・ローカライズするインディー系タイトルを展示していました。

ゲーム文化 インディーゲーム
英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』

秋葉原UDXにて開催中の「東京インディーフェス 2015(TIF)」で、ゴールドスポンサーとしてブース出展している、コーラスワールドワイド(Chorus Worldwide)。『The Room(ザ・ルーム)をはじめとした、同社がパブリッシング・ローカライズするインディー系タイトルを展示していました。

■ The Room(ザ・ルーム)


コーラスワールドワイドが今最も力を入れているのが、欧米ではすでに配信中の3D謎解きアドベンチャーゲーム『The Room(ザ・ルーム)』。高品質のグラフィックや仕掛けたっぷりのゲーム性が批評家から賞賛されて数々のアワードを受賞。iOS/Android/Steamプラットフォームに展開してマルチミリオンセールスを達成しています。

コーラスがTIFで展示していたのは、デベロッパーFireproof Gamesと提携しローカライズが実現したアジア版『ザ・ルーム』。インターフェースやテキストが日本語化されていて、新規ユーザーにはより遊びやすく、英語版をプレイ済みのユーザーでも再発見がきっとあるはずです。

PR担当の大柳氏によると、海外発売中の続編『The Room 2』はもちろん、最新作『The Room 3』の同時期ローカライズ配信も視野にあるということです。

■ Kitty Powers Matchmaker(キティ パワーズ・マッチメーカー)


『キティ パワーズ・マッチメーカー(Kitty Powers Matchmaker)』は、Criterion Gamesから独立したRichard Franke氏が、自らも奇抜なメイクでゲーム中に登場する、異色のデートシミュレーター。プレイヤーは愛の伝道師“キティ”として、あの手この手でカップルたちの愛を成立させるのが目的です。

2015年2月にコーラスが配信した日本語をふくむアジア版は、英語版からいくつかの新要素が備わっている他、『はーとふる彼氏』で知られる玻都もあ氏の手によって、キャラクタービジュアルが日本のユーザーにも親しみやすいデザインに一新されています。

『キティ パワーズ・マッチメーカー』は、App Store/Google Playに加え、SteamのPC版も配信中です。

■ 英国初のユニークなインディータイトルが一堂に


コーラスワールドワイドのブースには、上述2タイトルの他にも、「モンティ・パイソン」風の英国流ダークユーモアで描かれるアニメアドベンチャー『バートラム・フィドルの冒険』、斬新な操作性を持ったシューティング『スカイパトロール』、愉快なタッチアクションが特徴の『ドラゴンフィンガ』などなど、ユニークな作品がプレイアブル展示。コーラスのCEOである金親晋太郎氏は、イギリスゲーム業界での長年に渡るキャリアをいかして、こうしたUKタイトルのパブリッシング・ローカライズをつぎつぎと実現させています。


コーラスのPRマネージャー大柳竜児氏

英国産ゲームは、アクションジャンルが多く大衆向けの傾向が強い米国産ゲームとは、世界観やビジュアル面でもひと味違った個性を備えていて、日本人にも遊びやすくしっくりくるのではないかと大柳氏。かつてのファミコンではなく、アプリゲームを遊んで育った新しい世代にむけて、海外の“ゲームらしいゲーム”を届けたいと話していました。
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

    波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  2. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

    『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  3. 私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

    私が作った『Halo』ではない―原作開発者が実写ドラマ版について言及

  4. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  5. あの問題作『POSTAL』のドリームキャスト移植版が完成! 日本語音声も収録して6月発売予定

  6. あの動画の影響を受けて…PS5『Dreams Universe』で実写のようなリアルな駅を作成したアーティスト登場!

  7. メガドライブ、セガサターン、ドリームキャスト…セガの大ヒット家庭用ゲーム機3種が1/2スケールのワイヤレス充電器になって登場!

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. ガンダムゲーム配信番組「GUNDAM GAME FEST」5月27日午前7時配信―『SDガンダム バトルアライアンス』『GUNDAM EVOLUTION』などの最新情報公開

  10. SFC互換機DIYキット「超ファミつく」は6月2日発売!こだわり外観もアイディア次第

アクセスランキングをもっと見る

page top