『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品

5月8日から10日まで秋葉原UDXで開催していた東京インディーフェス。多くのゲームが出展されましたが、ここではアーティスティックなアドベンチャーゲームを2作品紹介します。

ゲーム文化 インディーゲーム
『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
5月8日から10日まで秋葉原UDXで開催していた東京インディーフェス。多くのゲームが出展されましたが、ここではアーティスティックなアドベンチャーゲームを2作品紹介します。

■『Pavilion』 by Visiontrick



Pavilion』はポイント・アンド・クリック形式のアドベンチャー。まず何よりもそのビジュアルの美しさに心が奪われます。プレイヤーはゴールドのポインターを操作してキャラクターを誘導します。ステージには様々なギミックが用意されており、目的地までキャラクターを運ぶのがゲームの目的。

BitSummitや東京ゲームショウでもすでに展示されていましたが、パズル部分の完成度が非常に高くなってきた印象があります。美しいビジュアルに目が行きがちですが、適度な難易度のパズルは非常に心地よいプレイ感。テキストはほとんどありませんが、ビジュアルから物語が浮かび上がってくるデザイン。非常にモダンで洗練されたアドベンチャーゲームが期待できそうです。

Visiontrickは2名のクリエイターのチーム。別々の国に在住する2人の共同作業であるため、開発ペース自体は非常に緩やか。ゲームとしては『Superbrothers: Sword & Sworcery EP (スキタイのムスメ)』や『Braid』、『ICO』に影響を受けたそうです。『Pavilion』は今年の夏にPS4とPSVitaでリリース予定です。



■『GENSO』 by AstralGate



GENSO』は日本人クリエイターShoji Hibino氏が制作する「オープンワールド」アドベンチャーゲーム。ここでの「オープンワールド」とはいわゆる3Dの広大な世界という意味ではなく、現実の世界とリンクしたアドベンチャーゲームという意味です。見た目はアーティスティックな2Dアドベンチャーのように見えますが、パズルを解くためのヒントはゲーム内だけにとどまりません。会場に用意されたパピルスのような本を利用して、ゲームを解いていきます。

パズル自体はオーソドックスなもので、数字を入れ替えたり、スイッチを押したり。しかしながら、数字はすべてゲーム内の特殊なフォントで描かれ、それを読み解くには固有のアプリケーションが必要となります。ゲーム内の世界は一度、終末を迎えた廃墟となっており、現実世界に散らばる様々な遺物から過去の文明を読み解いていくというコンセプトのようです。



今回、展示されたものはあくまでもコンセプトを伝えるためのデモとのこと。Shoji Hibino氏は10年越しのライフワークとして本作に取り組んでいくそうなので、完成まではまだまだ待つ必要があります。名作アドベンチャー『MYST』や日本のカルトゲーム『serial experiments lain』に強く影響された本作。好きな人にはたまらない世界観なので、気になる方はチェックしてみてください。

《Shin Imai》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 近日早期アクセスのコズミックホラーRPG『恐怖の世界』初見シーン多数のプレビュー映像!

    近日早期アクセスのコズミックホラーRPG『恐怖の世界』初見シーン多数のプレビュー映像!

  2. 映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

    映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

  3. 『RDR2』のアーサー役声優が西部劇小説を朗読してくれるオーディオブックが登場

    『RDR2』のアーサー役声優が西部劇小説を朗読してくれるオーディオブックが登場

  4. 海外制作集団が『フォートナイト』で『カウンターストライク』の定番マップ「Dust II」を再現!

  5. 中国での開催が中止となった「オーバーウォッチリーグ」振替試合が韓国で実施決定

  6. Devolver Digitalが「任天堂版PlayStation」向けのゲーム移植チームを募集?果たして真相は

  7. 「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る

  8. トンデモ攻城兵器建造ゲーム『Besiege』の正式リリース日が決定―値上げ予定なので急げ!

  9. 雑用ロボで侵略者に挑む戦略ローグライク『Bot Net: Ramshackle Robotics』Indiegogo開始!

  10. 海外ファンが『Dreams Universe』で初代『MGS』をリメイク?“当時の感触”のまま現代風アレンジ

アクセスランキングをもっと見る

page top