『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品

5月8日から10日まで秋葉原UDXで開催していた東京インディーフェス。多くのゲームが出展されましたが、ここではアーティスティックなアドベンチャーゲームを2作品紹介します。

ゲーム文化 インディーゲーム
『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
  • 『Pavilion』『GENSO』―東京インディーフェスで見つけた幻想的アドベンチャー作品
5月8日から10日まで秋葉原UDXで開催していた東京インディーフェス。多くのゲームが出展されましたが、ここではアーティスティックなアドベンチャーゲームを2作品紹介します。

■『Pavilion』 by Visiontrick



Pavilion』はポイント・アンド・クリック形式のアドベンチャー。まず何よりもそのビジュアルの美しさに心が奪われます。プレイヤーはゴールドのポインターを操作してキャラクターを誘導します。ステージには様々なギミックが用意されており、目的地までキャラクターを運ぶのがゲームの目的。

BitSummitや東京ゲームショウでもすでに展示されていましたが、パズル部分の完成度が非常に高くなってきた印象があります。美しいビジュアルに目が行きがちですが、適度な難易度のパズルは非常に心地よいプレイ感。テキストはほとんどありませんが、ビジュアルから物語が浮かび上がってくるデザイン。非常にモダンで洗練されたアドベンチャーゲームが期待できそうです。

Visiontrickは2名のクリエイターのチーム。別々の国に在住する2人の共同作業であるため、開発ペース自体は非常に緩やか。ゲームとしては『Superbrothers: Sword & Sworcery EP (スキタイのムスメ)』や『Braid』、『ICO』に影響を受けたそうです。『Pavilion』は今年の夏にPS4とPSVitaでリリース予定です。



■『GENSO』 by AstralGate



GENSO』は日本人クリエイターShoji Hibino氏が制作する「オープンワールド」アドベンチャーゲーム。ここでの「オープンワールド」とはいわゆる3Dの広大な世界という意味ではなく、現実の世界とリンクしたアドベンチャーゲームという意味です。見た目はアーティスティックな2Dアドベンチャーのように見えますが、パズルを解くためのヒントはゲーム内だけにとどまりません。会場に用意されたパピルスのような本を利用して、ゲームを解いていきます。

パズル自体はオーソドックスなもので、数字を入れ替えたり、スイッチを押したり。しかしながら、数字はすべてゲーム内の特殊なフォントで描かれ、それを読み解くには固有のアプリケーションが必要となります。ゲーム内の世界は一度、終末を迎えた廃墟となっており、現実世界に散らばる様々な遺物から過去の文明を読み解いていくというコンセプトのようです。



今回、展示されたものはあくまでもコンセプトを伝えるためのデモとのこと。Shoji Hibino氏は10年越しのライフワークとして本作に取り組んでいくそうなので、完成まではまだまだ待つ必要があります。名作アドベンチャー『MYST』や日本のカルトゲーム『serial experiments lain』に強く影響された本作。好きな人にはたまらない世界観なので、気になる方はチェックしてみてください。

《Shin Imai》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

  • 「東京インディーフェス 2015」熱気あふれる会場の模様をフォトレポートで 画像 「東京インディーフェス 2015」熱気あふれる会場の模様をフォトレポートで
  • 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』 画像 英国発ユニークなインディー作品を揃えたコーラスワールドワイド―目玉は『The Room』

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 3DS『とびだせ どうぶつの森』を3,500時間以上プレイする87歳のおばあちゃん現る―4年間ほぼ毎日プレイ

    3DS『とびだせ どうぶつの森』を3,500時間以上プレイする87歳のおばあちゃん現る―4年間ほぼ毎日プレイ

  2. 「Skyrim Together」クローズドβ発表―『スカイリム』協力プレイを実現するMod

    「Skyrim Together」クローズドβ発表―『スカイリム』協力プレイを実現するMod

  3. 『キングダム ハーツ』シリーズテーマの客室が登場―「キーブレード」を模ったルームキーでお部屋の扉をオープン!

    『キングダム ハーツ』シリーズテーマの客室が登場―「キーブレード」を模ったルームキーでお部屋の扉をオープン!

  4. もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

  5. 『レッド・デッド・リデンプション2』パブリッシャーが「ピンカートン」を提訴―2人のキャラ使用を巡り

  6. 『FFXIV』×『からあげクン』限定フレーバーが1月22日より登場!店内放送などキャンペーン3種も実施

  7. 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

  8. たった1人で開発された高品質アクションFPS『Bright Memory - Episode 1』早期アクセス開始!

  9. 『フォートナイト』海外ストリーマーに約810万円の”投げ銭”が届く!想定外の高額ドネーションの送り主は…?

  10. スイッチ版『スカイリム』セクシーな非公式Mod、ダウンロード数が他の2倍以上―海外メディア分析

アクセスランキングをもっと見る

page top