60秒で支度しな!核シェルター退避ゲーム『60 Seconds!』が近日配信―退避後はサバイバルに突入 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

60秒で支度しな!核シェルター退避ゲーム『60 Seconds!』が近日配信―退避後はサバイバルに突入

ポーランドのインディデベロッパーRobot Gentlemanは、今年3月にSteam Greenlightを通過していた新作ゲーム『60 Seconds!』が、2015年5月25日にSteamで配信される事を発表しました。

PC Windows
60秒で支度しな!核シェルター退避ゲーム『60 Seconds!』が近日配信―退避後はサバイバルに突入
  • 60秒で支度しな!核シェルター退避ゲーム『60 Seconds!』が近日配信―退避後はサバイバルに突入
  • 60秒で支度しな!核シェルター退避ゲーム『60 Seconds!』が近日配信―退避後はサバイバルに突入
  • 60秒で支度しな!核シェルター退避ゲーム『60 Seconds!』が近日配信―退避後はサバイバルに突入
  • 60秒で支度しな!核シェルター退避ゲーム『60 Seconds!』が近日配信―退避後はサバイバルに突入
  • 60秒で支度しな!核シェルター退避ゲーム『60 Seconds!』が近日配信―退避後はサバイバルに突入
  • 60秒で支度しな!核シェルター退避ゲーム『60 Seconds!』が近日配信―退避後はサバイバルに突入
  • 60秒で支度しな!核シェルター退避ゲーム『60 Seconds!』が近日配信―退避後はサバイバルに突入
  • 60秒で支度しな!核シェルター退避ゲーム『60 Seconds!』が近日配信―退避後はサバイバルに突入

ポーランドのインディデベロッパーRobot Gentlemanは、今年3月にSteam Greenlightを通過していた新作ゲーム『60 Seconds!』が、2015年5月25日にSteamで配信される事を発表しました。本作は1950年代を舞台にしたダークコメディ。プレイヤーは核爆弾着弾までの60秒間で、部屋の中から食糧や道具、家族を探し出し、シェルターに退避しなければなりません。


しかしながら核シェルターへの避難は始まりに過ぎず、そこからはサバイバル生活に突入します。食糧が徐々に減っていく毎日は予期しないイベントが展開し、難しい選択に直面する場合もあるとの事です。ちなみに家はプレイごとにプロシージャル生成されるそうです。


退避までは3D、退避後は2Dで描かれる『60 Seconds!』。非常事態時における判断力や決断力が試されそうです。なお、本作の対象プラットフォームはPCですが、Mac/Linux/Android/iOS/WP8でのリリースも計画されています。

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. バンナム新作アクションRPG『SCARLET NEXUS』新ストーリートレイラー! もう1人の主人公「カサネ」の詳細も明らかに【TGS2020】

    バンナム新作アクションRPG『SCARLET NEXUS』新ストーリートレイラー! もう1人の主人公「カサネ」の詳細も明らかに【TGS2020】

  2. オープンワールドRPG『原神』PC版の事前ダウンロード開始! 冒険の幕開けまであと2日

    オープンワールドRPG『原神』PC版の事前ダウンロード開始! 冒険の幕開けまであと2日

  3. 擬人化動物ステルスACT『Hacktag』日本語対応!Steamキーがあたるキャンペーンも実施中【TGS2020】

    擬人化動物ステルスACT『Hacktag』日本語対応!Steamキーがあたるキャンペーンも実施中【TGS2020】

  4. オープンワールドARPG『原神』PC版含む各ハードの必要環境情報が公開!

  5. 『テラリア』各プラットフォームの開発状況が報告―PC版Ver.1.4.1やモバイル/コンソール版Ver.1.4の情報も

  6. 海洋交易ストラテジーシリーズ最新作『Port Royale 4』PCおよび海外PS4/XB1向けにリリース

  7. 『クラフトピア』今後のロードマップが公開!公式VRM対応やマルチ接続改善、MOD対応なども

  8. 『Fall Guys』のアバターたちの中身が明かされる―見なければよかったと後悔必至の驚愕の姿とは!?

  9. 赤青2つの惑星が合体!『No Man's Sky』最新アップデート後に「奇妙な惑星」報告相次ぐ

  10. サヨナラ謎の光!『スーパーリアル麻雀LOVE2~7! for PC』発表―あのシリーズがオリジナル版描写で一挙に遊べる

アクセスランキングをもっと見る

page top