Remedy開発部門代表が退陣、モバイル向けスタジオを設立し「ゲーム的アプリ」開発狙う | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Remedy開発部門代表が退陣、モバイル向けスタジオを設立し「ゲーム的アプリ」開発狙う

『Quantum Break』や『Alan Wake』で知られるRemedy Entertainmentの開発部門代表Oskari Hakkinen氏が、同スタジオから退陣して新たなゲームスタジオを設立したと、海外メディアを通じて明かしました。

ニュース 発表
Remedy開発部門代表が退陣、モバイル向けスタジオを設立し「ゲーム的アプリ」開発狙う
  • Remedy開発部門代表が退陣、モバイル向けスタジオを設立し「ゲーム的アプリ」開発狙う
  • Remedy開発部門代表が退陣、モバイル向けスタジオを設立し「ゲーム的アプリ」開発狙う
『Quantum Break』や『Alan Wake』で知られるRemedy Entertainmentの開発部門代表Oskari Hakkinen氏が、同スタジオから退陣して新たなゲームスタジオを設立したと、海外メディアを通じて明かしました。

これはVenture Beatによるインタビューより発表されたもので、内容によれば同氏はRemedyから離れ、「Futurefly」なるモバイルアプリ開発スタジオを設立したとのこと。ゲームではない一般用アプリケーションの配信を目的としているものの、ゲーム的なプレイアブル要素を持ったソフトウェアになるとも伝えられています。

このゲーム的ギミックを備えた新たなアプリケーションについては、近い将来に続報が発表される模様です。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 BotW』続編のローカライズ音声収録完了に関する報道は「早とちり」―インタビュー発信元が声明

    『ゼルダの伝説 BotW』続編のローカライズ音声収録完了に関する報道は「早とちり」―インタビュー発信元が声明

  2. 『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ

    『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』の続編が開発中! ゼルダやリンクの姿をちょい見せ【E3 2019】

    『ゼルダの伝説 BotW』の続編が開発中! ゼルダやリンクの姿をちょい見せ【E3 2019】

  4. NetEaseが初の家庭用ゲーム開発拠点「桜花スタジオ」を渋谷と中国広州に設立―渋谷スタジオでは新たな人材募集も

  5. 家の中でも旅行はできる!『ゼルダの伝説 BotW』を旅レポ風にお届け─クリア済でも見逃してた観光ポイントがあるかも?

  6. 高校1~2年生を含む9名を書類送検…『妖怪三国志 国盗りウォーズ』ゲームデータ改変行為などの容疑で

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 勘違い日本風レースゲーム『ニッポンマラソン』国内PS4/スイッチ版配信決定!

  9. Epic Gamesストアにて背景色を変えて進むパズルADV『Hue』期間限定無料配布開始―来週は3本を予定

  10. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

アクセスランキングをもっと見る

page top