PS4『ボコスカウォーズ2』2015年配信! 30年の時を経て続編登場…原作者が監修を担当 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS4『ボコスカウォーズ2』2015年配信! 30年の時を経て続編登場…原作者が監修を担当

家庭用ゲーム PS4

PS4『ボコスカウォーズ2』2015年配信! 30年の時を経て続編登場…原作者が監修を担当
  • PS4『ボコスカウォーズ2』2015年配信! 30年の時を経て続編登場…原作者が監修を担当
  • PS4『ボコスカウォーズ2』2015年配信! 30年の時を経て続編登場…原作者が監修を担当
ピグミースタジオは、PS4ダウンロードソフト『ボコスカウォーズ2(仮称)』を2015年に配信します。

1983年にラショウ氏が開発し、翌1984年に行われた「第1回アスキーソフトウェアコンテスト」にてグランプリを受賞した『ボコスカウォーズ』。パズル性が強い本作をクリアするためにはじっくりと戦略を練る必要があり、当時その手強さに幾度もやられた小学生が続出しました。また、説明書に書かれた歌詞「すすめボコスカ」も、ファンの間で話題を呼びました。



そんな『ボコスカウォーズ』の新作が、現在鋭意制作中との発表が寄せられました。タイトルはまだ仮称ですが、シミュレーションRPGの先駆けとなった『ボコスカウォーズ』を新たな切り口で進化させる一作として、ラショウ氏監修の元に開発が進んでいます。

『ボコスカウォーズ2(仮称)』の発表にあたり、ラショウ氏からコメントが届いているので、この最新作に興味が湧いた方はそちらもチェックしてみましょう。また、7月11日・12 日に京都で行われる「BitSummit 2015」にてプレイアブル展示されるので、近くにお住まいの方は足を伸ばしてみるのも一興ですよ。

    ■ラショウ氏からのコメント
    ボコスカウォーズの戦史を30年後にまた再開出来るとは嬉しいことです。自負ですが、当時のボコスカウォーズはゲーム創世期において、ジャンル分化前の基点として様々なゲーム要素を予見していたように思います。見直せばなかなかシンプルにシステムやデザインもまとまっており、完成美といいますか気軽に手を加えられない神々しさを持っています。ある意味では30 年間変える必要がなかったということです。

あえて手を出すからには、この私の30年間の成長を加え熟成的に、また、今後の30年のためのゲームとなれるような大義を望み、己のオゴレスに向かってまたボコスカと奮闘してみたいと思います。

(C)Pygmy Studio Co., Ltd. (C)iTA-Choco Systems
「ボコスカウォーズ」「BOKOSUKA WAR S」は、株式会社KADOKAWA の登録商標です。


記事提供元: インサイド
《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 期待作『レッド・デッド・リデンプション 2』の新情報が近日公開か!―Rockstarが気になる予告

    期待作『レッド・デッド・リデンプション 2』の新情報が近日公開か!―Rockstarが気になる予告

  2. 【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中

    【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中

  3. 『モンスターハンター:ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

    『モンスターハンター:ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

  4. 本格レースシム『Project CARS 2』がPS4/Steamで国内向けに発売

  5. 【TGS2017】『アサシンクリード オリジンズ』日本初公開の「Xbox One X」にてハンズオン―本当に美しい、驚きの4K風景!

  6. 【TGS2017】『レゴ ニンジャゴー ムービー ザ・ゲーム』セッションで「ニンジャジリティ」の真髄を知る!

  7. 【TGS2017】『バイオハザード7』無料EP「Not A Hero」プレイ動画が公開!ゴールドエディションカプコン限定版も

  8. 近日より『オーバーウォッチ』ライバルプレイの罰則が強化―3回のシーズンBANで永久BANに

  9. 『マインクラフト』クロスプレイ対応アップデートが配信!―スイッチ版は今冬対応

  10. 【9/19更新】『モンスターハンター:ワールド』新要素や発売日は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top