ValveがSteamでのトレード詐欺被害補償を廃止―「すべての被害は防げる」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ValveがSteamでのトレード詐欺被害補償を廃止―「すべての被害は防げる」

ユーザーがインゲームアイテムなどを他ユーザーと交換できるSteamのトレード機能。非常に便利でユーザーにとっても有益である反面、様々な手口でアイテムを騙し取る「トレード詐欺」が存在します。

ニュース ゲーム業界
ValveがSteamでのトレード詐欺被害補償を廃止―「すべての被害は防げる」
  • ValveがSteamでのトレード詐欺被害補償を廃止―「すべての被害は防げる」

ユーザーがインゲームアイテムなどを他ユーザーと交換できるSteamのトレード機能。非常に便利でユーザーにとっても有益である反面、様々な手口でアイテムを騙し取る「トレード詐欺」が存在します。これまではValveへの通報により、奪われたアイテムを取り戻すことができましたが、最近のポリシー変更でその返還補償が廃止されました。

Steam FAQ(英語)の該当項目では、ロールバックによってアイテムの複数のコピーがコミュニティ経済に加えられた場合、そのアイテムの希少性に影響を与えてしまうことが理由の1つとして挙げられています。また、Valveは詐欺被害に遭ったユーザーには同情しつつも、ウェブサイトやトレードシステムで十分な情報を提供しているとし、「すべてのトレード詐欺は防ぐことができる」と語っています。国内向けのポリシー情報でも注意喚起をしています。

確かに現在Steamでは警告メッセージやメール認証など、多数の防御策が施されており、あとはユーザーの判断、自己責任によるところが大きいでしょう。怪しげなトレードには要注意です。なお、Eurogamerはトレード詐欺被害への対応(状況確認や実際のロールバック処理など)に、多額の予算が費やされていた可能性も指摘しています。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』「ゴーストサバイバーズ」には4人目のキャラがいた!この後ろ姿は…

    『バイオハザード RE:2』「ゴーストサバイバーズ」には4人目のキャラがいた!この後ろ姿は…

  2. 『レインボーシックス シージ』リーンスパム対策案が公開―ヘッドショット回避”がしにくい仕様に

    『レインボーシックス シージ』リーンスパム対策案が公開―ヘッドショット回避”がしにくい仕様に

  3. 『CoD:BO4』大型アップデート「作戦名: グランドハイスト」発表―2月20日よりPS4向けに先行配信

    『CoD:BO4』大型アップデート「作戦名: グランドハイスト」発表―2月20日よりPS4向けに先行配信

  4. 空戦MMO『World of Warplanes』国内正式サービス開始が2019年春に決定!

  5. 『アサシン クリードIII リマスター』が5月23日より国内発売決定―『オデッセイ』シーズンパス所有者は3月29日から

  6. 『ディビジョン2』家族を失った男を描く実写トレイラー!映画「ドライヴ」のレフン監督が手掛ける【UPDATE】

  7. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  8. 『ファークライ ニュードーン』がUK売上チャートで1位に!『メトロ エクソダス』は2位発進

  9. 妻帯ネズミのアクションRPG『Ghost of a Tale』PS4/XB1版が海外で3月12日発売決定

  10. 『オーバーウォッチ』レゴで再現された「BUSAN」の巨大ジオラマがスゴイ

アクセスランキングをもっと見る

page top