任天堂の「NX」、チップは引き続きAMDが開発か―海外誌報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂の「NX」、チップは引き続きAMDが開発か―海外誌報道

米国のVentureBeatやTechTimesが、AMDが任天堂の次世代機「NX」向けのチップを開発しているのではないかと報じています。

ゲーム機 ハードウェア
2015年の任天堂E3ブース 写真提供: Getty Images
  • 2015年の任天堂E3ブース 写真提供: Getty Images
米国のVentureBeatやTechTimesが、AMDが任天堂の次世代機「NX」向けのチップを開発しているのではないかと報じています。

AMDではWii U、プレイステーション4、Xbox Oneという3つのゲーム機のチップ開発に携わっていて、この分野はAMDにとって重要な分野となっているようです。同社のCFOのDevinder Kumar氏は昨年末に「少なくとも2つのカスタムチップの開発に携わっていて、一つはゲーム分野だ」と話していました。

Wii UではIBM PowerPCベースのCPU(Espresso)とAMDのRadeon HDベースのGPU(Latte / 製造はルネサス)という組み合わせでしたが、IBMが半導体の開発と製造部門を売却したため、CPUについてもAMDが獲得し、x86ベースに移行があるのではないとも報道は指摘しています。

Moor Insights & StrategyのPatrick Moorheadアナリストは「(AMDの採用は)任天堂がAndroidを採用しなければこの公算は高いでしょう」と述べています。AndroidではNVIDIAのTegraチップが大きなシェアを占めています。

7月初旬に台湾のDigiTimesは、「NX」のパイロット生産を10月にも開始する方向でFoxconnなどのEMSと任天堂が協議していると報じていました。

任天堂の次なるプラットフォームとされる「NX」について、任天堂は口を閉ざしていますが、ハードウェア方面の話が聞こえるようになってきたということは前進が見られるということのようです。

任天堂の「NX」、チップは引き続きAMDが開発か

《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

    BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

  2. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

    VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  3. 『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

    『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

  4. 可変フレームで快適に!度付レンズも使える「ゲーミングメガネ」登場

  5. AMDが新型GPU「Radeon RX 5500」シリーズを発表!10月下旬より搭載PCが順次発売

  6. 2,780以上のゲームボーイ系ソフトに対応する携帯機「Analogue Pocket」海外で2020年発売

  7. 『ボーダーランズ2 VR』のPC版が海外発表! PS VR版向けのDLCパックも近日配信へ

  8. ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

  9. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  10. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

アクセスランキングをもっと見る

1
page top