ESLが薬物規制の新ポリシー策定へ―プロゲーマーの薬物使用を予防 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ESLが薬物規制の新ポリシー策定へ―プロゲーマーの薬物使用を予防

世界中で数々のe-Sportsイベントを主催する組織、Electronic Sports League(ESL)は、同リーグ内での薬物規制及び予防のための新ポリシーを策定していることを明らかにしました。

ゲーム文化 カルチャー
ESLが薬物規制の新ポリシー策定へ―プロゲーマーの薬物使用を予防
  • ESLが薬物規制の新ポリシー策定へ―プロゲーマーの薬物使用を予防
世界中で数々のe-Sportsイベントを主催する組織、Electronic Sports League(ESL)は、同リーグ内での薬物規制及び予防のための新ポリシーを策定していることを明らかにしました。

海外メディアMotherBoardによると、ESLの広報担当者Anna Rozwandowicz氏が薬物規制及び教育、予防のための処置を講じていると伝えたとのこと。処置の具体的な内容は明らかになっていませんが、同氏はすぐに新しいポリシーを提示できると語っています。

ESLでは最近、プロチームCloud9に所属していた『Counter-Strike: Global Offensive』のプロプレイヤーKory“SEMPHIS”Friesen氏が、今年3月に開催された賞金25万ドルのESL Oneトーナメントにて、薬物を服用していたことが明らかになっており、ドーピングだとして問題視されていました。

Friesen氏が服用した薬物は「アデラール」と呼ばれるもので、アンフェタミンという成分が含まれており、日本国内においては覚せい剤に指定されています。中枢興奮作用を持つため、アメリカなど一部の国ではADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療に用いられています。

なお、ESLのルールでは以前より薬物及びアルコール類の禁止が明示されていましたが、具体的な予防策や規制処置は取られていませんでした。また、罰則を適用するには100%の証拠が必要であり、4ヶ月前に行われた事例を調査することは不可能なため、Friesen氏に対する処罰は行われないとのことです。
《水京》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

    「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

  2. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

    ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  3. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  4. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  5. 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

  6. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. ボイチャ必須の南極Co-opパズルADV『We Were Here Together』配信開始!

  9. 『モンハン』15周年記念イベントへの来場で限定“初代”パッケージのPS4テーマを配布!謎に包まれた「黒龍 ミラボレアス」の設定資料も初公開

  10. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

アクセスランキングをもっと見る

page top