『GTA V』が5,400万本セールス達成、前年比より上昇しTake-Twoの業績を後押し | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA V』が5,400万本セールス達成、前年比より上昇しTake-Twoの業績を後押し

Take-Two Interactiveは2016会計年度Q1における業務成績報告を通して、『Grand Theft Auto V』の小売店向け累計セールスが5,400万本を達成したと明かしました。

ニュース 発表
『GTA V』が5,400万本セールス達成、前年比より上昇しTake-Twoの業績を後押し
  • 『GTA V』が5,400万本セールス達成、前年比より上昇しTake-Twoの業績を後押し
  • 『GTA V』が5,400万本セールス達成、前年比より上昇しTake-Twoの業績を後押し
Take-Two Interactiveは2016会計年度Q1における業務成績報告を通して、『Grand Theft Auto V』の小売店向け累計セールスが5,400万本を達成したと明かしました。

Take-Twoの発表によると、『GTA V』の5,400万セールスはPS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/PCの累計販売本数を含むとのこと。昨年の会計年度Q1で同作品は3,400万本の売上が報告されており、本年度においてはPC版リリース後の根強い人気を感じさせる結果となりました。また、GAAP純利益は前年比より119%上昇し、2億7,530万ドルに上ったとのことです。

この成長は『GTA V』および『GTA Online』のみならず、『NBA 2K15』『WWE 2K15』や『Borderlands: The Handsome Collection』のセールスに後押しされたものでもある模様。Take-Twoはプレスリリースの中で、「強力な業務成績を報告します」とも伝えていました。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 25 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  2. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

    PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  3. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

    『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  4. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  5. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  6. 残虐格ゲー『Mortal Kombat 11』女暗殺者「ジェイド」参戦決定―凄惨なフェイタリティも

  7. SFMMOシューター『PlanetSide Arena』リリースが2019年夏に延期ー海外PS4版も発表

  8. 『鉄拳7』サウジアラビア出身の新キャラが現地新聞に掲載、アラビアンな原田氏の姿も

  9. 元プロレスラーのブッカー・TがActivisionを著作権侵害で訴える―『CoD:BO4』でのキャラクター盗用を主張

  10. 『レインボーシックス シージ』新形態4種が国内発売開始―PS4版「デラックスエディション」は4月11日配信

アクセスランキングをもっと見る

page top