映画『Hitman: Agent 47』プロデューサー、スクエニ作品のクロスオーバー映画に意欲 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

映画『Hitman: Agent 47』プロデューサー、スクエニ作品のクロスオーバー映画に意欲

2007年の映画版『Hitman』と新作『Hitman: Agent 47』のプロデューサーを務めたAdrian Askarieh氏が、スクウェア・エニックス作品をクロスオーバーさせた映画シリーズの製作に意欲を見せています。

ゲーム文化 カルチャー
映画『Hitman: Agent 47』プロデューサー、スクエニ作品のクロスオーバー映画に意欲
  • 映画『Hitman: Agent 47』プロデューサー、スクエニ作品のクロスオーバー映画に意欲
  • 映画『Hitman: Agent 47』プロデューサー、スクエニ作品のクロスオーバー映画に意欲

北米では8月21日に劇場公開された、ステルスアクションゲーム『Hitman』シリーズの実写映画作品「Hitman: Agent 47」。2007年の映画版『Hitman』と今作のプロデューサーを務めたAdrian Askarieh氏が、スクウェア・エニックス作品をクロスオーバーさせた映画シリーズの製作に意欲を見せています。

これは海外メディアIGNのインタビューでAskarieh氏が語ったもので、「Hitman: Agent 47」が成功したならば、『Just Cause』『Tomb Raider』『Deus EX』『Thief』といったスクウェア・エニックスのタイトルが映画でクロスオーバーする、いわゆるユニバース作品を手がけてみたいと述べました。Askarieh氏は『Hitman』『Deus EX』『Just Cause』『Thief』の映画化権を所有しており、『Just Cause』の映画は『Hitman』とクロスオーバーできるだろうとも語っています。ただ、『Tomb Raider』は自身で権利を所有していないため難しいようです。

映画化がアナウンスされている『Kane & Lynch』のプロデューサーも務めるなど、意欲的にゲームの映画化を行っているAskarieh氏。スクエニ作品がクロスオーバーする映画が果たして実現するのか、その動向が見守られます。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「FF7 リメイク」記念くじの発売日が目前! オリジナル版のポリゴンを“忠実再現”したフィギュアが懐かし&可愛い

    「FF7 リメイク」記念くじの発売日が目前! オリジナル版のポリゴンを“忠実再現”したフィギュアが懐かし&可愛い

  2. 『SEKIRO』コミカライズ「SEKIRO 外伝 死なず半兵衛」単行本が発売―死に場所を探すあの男の過去が描かれる

    『SEKIRO』コミカライズ「SEKIRO 外伝 死なず半兵衛」単行本が発売―死に場所を探すあの男の過去が描かれる

  3. ゲーム業界の熾烈な闘いの歴史紐解くドキュメンタリー「世界を変えたテレビゲーム戦争」が日本初放送!

    ゲーム業界の熾烈な闘いの歴史紐解くドキュメンタリー「世界を変えたテレビゲーム戦争」が日本初放送!

  4. エイリアン侵略シューター『Alien Hominid Invasion』初ゲームプレイ映像ー The Behemoth新作

  5. 『Stardew Valley』のあらゆる暴力要素を“平和的表現”に置き換えるハートフルModが爆誕

  6. NVIDIAが『Apex Legends』のデスボックス型カスタムPCを公開―これでプレイしたら勝てる…?

  7. 発売から25年が経過した『Master of Magic』に新DLCが登場! 人気コミュニティModを統合

  8. FC風サイバーニンジャACT『Cyber Shadow』ストーリートレイラー公開! スイッチ版はamiiboにも対応

  9. 農場経営シム『Stardew Valley』最新1.5無料コンテンツアップデートが開発中!

  10. 不朽の名作ハクスラ『Diablo』がブラウザでプレイ可能に―本体を所持していればフルゲームにアクセス可能

アクセスランキングをもっと見る

page top