【TGS 15】高橋徹氏も登場『エルダー・スクロールズ・オンライン』ステージレポ―DMMとゼニマックスの馴れ初めとは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【TGS 15】高橋徹氏も登場『エルダー・スクロールズ・オンライン』ステージレポ―DMMとゼニマックスの馴れ初めとは

配信時期や対応機種、そして国内向け映像が初公開された『The Elder Scrolls Online』東京ゲームショウ2015スペシャルステージの内容をお伝えします。

連載・特集 特集
【TGS 15】高橋徹氏も登場『エルダー・スクロールズ・オンライン』ステージレポ―DMMとゼニマックスの馴れ初めとは
  • 【TGS 15】高橋徹氏も登場『エルダー・スクロールズ・オンライン』ステージレポ―DMMとゼニマックスの馴れ初めとは
  • 【TGS 15】高橋徹氏も登場『エルダー・スクロールズ・オンライン』ステージレポ―DMMとゼニマックスの馴れ初めとは
  • 【TGS 15】高橋徹氏も登場『エルダー・スクロールズ・オンライン』ステージレポ―DMMとゼニマックスの馴れ初めとは
  • 【TGS 15】高橋徹氏も登場『エルダー・スクロールズ・オンライン』ステージレポ―DMMとゼニマックスの馴れ初めとは
  • 【TGS 15】高橋徹氏も登場『エルダー・スクロールズ・オンライン』ステージレポ―DMMとゼニマックスの馴れ初めとは
  • 【TGS 15】高橋徹氏も登場『エルダー・スクロールズ・オンライン』ステージレポ―DMMとゼニマックスの馴れ初めとは
  • 【TGS 15】高橋徹氏も登場『エルダー・スクロールズ・オンライン』ステージレポ―DMMとゼニマックスの馴れ初めとは

東條寛氏(左)高橋徹氏(右)

配信時期や対応機種、そして国内向け映像が初公開された『エルダー・スクロールズ・オンライン(The Elder Scrolls Online)』東京ゲームショウ2015スペシャルステージの内容をお伝えします。


今回のステージでは、過去記事でお伝えしたように、DMM Gamesの独占配信であることやWindows/Macを対象に2016年春に向けてローカライズ作業中であることなどを紹介していました。ステージの序盤には数分だけゼニマックス・アジアのゼネラルマネージャー高橋徹氏とDMM.com取締役の東條寛氏が登場し、あいさつの言葉を述べました。


松本卓也氏(左)白玲氏(右)

シネマティックトレイラーがお披露目されたあと、ステージにはDMM.comラボからエグゼクティブプロデューサー松本卓也氏とエグゼクティブマネージャーの白玲氏が登壇。DMMが本作の国内展開を担当するいきさつを、2014年夏頃にまでさかのぼって説明してくれました。当時まったくコネクションがなかったそうですが、あらゆるツテを辿り、なんとかゼニマックス・アジアとアポイントメントが取れたとのこと。その後、国内向けのプロジェクトは2015年初頭からスタートしたと明かしました。


配信時期と対応機種


開発映像


そのあと、今作の大規模なPvPモードにフォーカスした開発映像がスクリーンに映されました。『エルダー・スクロールズ・オンライン』ではPvPモードに勝ち続けるとEmperor(皇帝)と呼ばれる存在になれるシステムがあります。北米でのサービスイン後、このEmperorは2000人誕生しているとのことですが、そのうち日本人が3人いることが判明しました。

最後に意気込みを問われた松本氏は「圧倒的なスケール、ボリュームそして深みを持った本タイトルをDMMが期待を裏切らないようにローカライズを含めた運営を提供できるかという正念場です。最高の状態でユーザーに届けられるよう、配信までの半年間がんばっていきますのでよろしくお願いします。」と述べました。

また白玲氏は「開発者と会った時に作品に対する愛情を感じました。国内版ではそれに加えてDMMからの愛情も注ぐので、よりエキサイティング、よりワンダフル、よりファンタスティックな作品になるのではないかと思います。ご期待ください。」と語り、ステージは終了しました。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top