精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!

ゲーム文化 インディーゲーム

精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!
  • 精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!
  • 精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!
  • 精神世界探索ホラー『Nevermind』正式版が配信―心拍センサー対応の意欲作!

Steamにて、ゲームデベロッパーFlying Mollusk開発のバイオフィードバック対応ホラーゲーム『Nevermind』正式版がリリースされました。「プレイヤーの心拍数を計測する」というユニークなギミックを特色としています。

2014年2月に発表され、VR技術と共に盛り上がりを見せつつある「バイオフィードバック」をゲームメカニックとして取り入れた『Nevermind』。トラウマを抱えた患者の精神に入り込むという医療SF的シナリオやその悪夢的世界観が好評を博し、『Kerbal Space Program』や『Armello』と並びながらIndieCade 2015ノミネート作品として選出されるほどの人気を獲得していました。



早期アクセスタイトルとして配信されて以来いくつかの追加要素やバグフィックスを含むアップデートを続けてきた本作は、Steamを通して通常価格1,980円で販売中。現在はスペシャルプロモーション価格として10%オフで提供されています。また、開発元Flying Molluskは他プラットフォームへ向けた配信や心拍センサーへの対応を検討しながら、今後もアップデートを継続していくと伝えています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 自分の街が『ラスアス』風になるサイト「Urban Jungle」がスゴイ

    自分の街が『ラスアス』風になるサイト「Urban Jungle」がスゴイ

  2. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

    アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  3. アニメ版『悪魔城ドラキュラ』ティーザー映像公開!「キャッスルヴァニア」として国内でも配信【UPDATE】

    アニメ版『悪魔城ドラキュラ』ティーザー映像公開!「キャッスルヴァニア」として国内でも配信【UPDATE】

  4. PC/PS4『レインボーシックス シージ』UBIDAY予選大会「Road to UBIDAY2017」開催決定

  5. 異形のバケモノ管理SLG『Lobotomy Corporation』は『SCP』の世界観を色濃く映す

  6. 「A 5th of BitSummit」総来場者数は過去最高、前年比45%増―インディー人気を反映か

  7. 『Grim Dawn』正式リリース日決定―発表から6年費やしたアクションRPG

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. ダークファンタジー2Dアクション『Blasphemous』Kickstarterに登場

  10. 高クオリティ短編ホラー『Contemp』無料配信―海外学生がわずか9週間で制作

アクセスランキングをもっと見る

page top