電気技師が『Dying Light』舞台設定の誤りを指摘、Techland曰く「ミスでなく画期的アイデア」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

電気技師が『Dying Light』舞台設定の誤りを指摘、Techland曰く「ミスでなく画期的アイデア」

Techlandより、オープンワールドゾンビサバイバル『Dying Light』の舞台設定の矛盾を解説する公式コメントが発表されました。事の発端は「酔っ払いのTwitterユーザー」から始まったとのことです。

ゲーム文化 カルチャー
電気技師が『Dying Light』舞台設定の誤りを指摘、Techland曰く「ミスでなく画期的アイデア」
  • 電気技師が『Dying Light』舞台設定の誤りを指摘、Techland曰く「ミスでなく画期的アイデア」
  • 電気技師が『Dying Light』舞台設定の誤りを指摘、Techland曰く「ミスでなく画期的アイデア」

Techlandより、オープンワールドゾンビサバイバル『Dying Light』の舞台設定の矛盾を解説する公式コメントが発表されました。事の発端は「酔っ払いのTwitterユーザー」から始まったとのことです。

海外で電気技師を務めるというユーザーc0mpl3x1ty氏は、一連のツイート(1)(2)を通して『Dying Light』のゲームマップで見られる「変圧設備」の描写に関する問題点を指摘。同氏は現実世界の変圧器の写真を投稿しながら「これでは危険だしバカげている。機能するはずがない」と、開発元公式Twitterへメッセージを寄せていました。後にKotakuが伝えるところによれば彼は「酔っ払っていた」とのこと。しかしながら、その指摘自体に大きな誤りは見られていないようです。

これについて、Techlandは「その通りです、私達の電気技術は従来のデザインからかけ離れています。ですが、ゾンビが蔓延する世界に適応しなければなりませんし、そのようなルールを飛び越える必要があるのです」とコメント。あくまでも「間違った描写」ではなく、ゾンビだらけのハランに住む市民が考案した独自アイデアである旨を強調し、「特許を取る前にこの画期的デザインを明かすのは避けたかった」とジョーク混じりに返答しています。c0mpl3x1ty氏の指摘を受け止めながらも、既存のルールを破るこのシステムを「仲間の電気技師にもシェアしてあげてください」と勧めながら、メッセージを締めくくっていました。
《subimago》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 25 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『PUBG』ねんどろいどフィギュア化が決定! お馴染みの男が可愛くなって登場

    『PUBG』ねんどろいどフィギュア化が決定! お馴染みの男が可愛くなって登場

  2. Steamウィンターセールに向けたミステリーカードのドロップがスタート!

    Steamウィンターセールに向けたミステリーカードのドロップがスタート!

  3. 『Fallout 76』イベント「Feed The People」の不具合修正にプレイヤーから惜しむ声

    『Fallout 76』イベント「Feed The People」の不具合修正にプレイヤーから惜しむ声

  4. 『Fallout 76』全長38cmのVault-boyボブルヘッドが海外で発売、通常版より3倍巨大なメガサイズ!

  5. 『CoD』シリーズのInfinity Wardに「爆弾を仕掛けた」と脅迫、一時は従業員が避難する事態に

  6. スリムクラブとしずるが池袋で『Civ6』を紹介!?スイッチ版の発売記念イベントレポート

  7. ゲーマー大興奮の映画「レディ・プレイヤー1」が2019年1月25日よりNetflixで配信開始

  8. 『.hack//G.U. Last Recode』4時間の年越し生放送決定!「The World R:2」が終わる日に

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

アクセスランキングをもっと見る

page top