電気技師が『Dying Light』舞台設定の誤りを指摘、Techland曰く「ミスでなく画期的アイデア」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

電気技師が『Dying Light』舞台設定の誤りを指摘、Techland曰く「ミスでなく画期的アイデア」

ゲーム文化 カルチャー

電気技師が『Dying Light』舞台設定の誤りを指摘、Techland曰く「ミスでなく画期的アイデア」
  • 電気技師が『Dying Light』舞台設定の誤りを指摘、Techland曰く「ミスでなく画期的アイデア」
  • 電気技師が『Dying Light』舞台設定の誤りを指摘、Techland曰く「ミスでなく画期的アイデア」

Techlandより、オープンワールドゾンビサバイバル『Dying Light』の舞台設定の矛盾を解説する公式コメントが発表されました。事の発端は「酔っ払いのTwitterユーザー」から始まったとのことです。

海外で電気技師を務めるというユーザーc0mpl3x1ty氏は、一連のツイート(1)(2)を通して『Dying Light』のゲームマップで見られる「変圧設備」の描写に関する問題点を指摘。同氏は現実世界の変圧器の写真を投稿しながら「これでは危険だしバカげている。機能するはずがない」と、開発元公式Twitterへメッセージを寄せていました。後にKotakuが伝えるところによれば彼は「酔っ払っていた」とのこと。しかしながら、その指摘自体に大きな誤りは見られていないようです。

これについて、Techlandは「その通りです、私達の電気技術は従来のデザインからかけ離れています。ですが、ゾンビが蔓延する世界に適応しなければなりませんし、そのようなルールを飛び越える必要があるのです」とコメント。あくまでも「間違った描写」ではなく、ゾンビだらけのハランに住む市民が考案した独自アイデアである旨を強調し、「特許を取る前にこの画期的デザインを明かすのは避けたかった」とジョーク混じりに返答しています。c0mpl3x1ty氏の指摘を受け止めながらも、既存のルールを破るこのシステムを「仲間の電気技師にもシェアしてあげてください」と勧めながら、メッセージを締めくくっていました。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 25 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 世界保健機関が「ゲーム依存症」を正式に認定―時期尚早との反対意見も

    世界保健機関が「ゲーム依存症」を正式に認定―時期尚早との反対意見も

  2. 『DOOM』裸眼立体視でプレイする『OMDO』登場! 傍から見ると砂嵐を見つめ続けるヤバいヤツ

    『DOOM』裸眼立体視でプレイする『OMDO』登場! 傍から見ると砂嵐を見つめ続けるヤバいヤツ

  3. 『Fallout 76』カバー版「カントリー・ロード」が米・独立記念日の7月4日発売!売上は全額寄付へ

    『Fallout 76』カバー版「カントリー・ロード」が米・独立記念日の7月4日発売!売上は全額寄付へ

  4. 「Steamサマーセール 2018」の足音が……トレーディングカードに“ミステリーカード”登場

  5. 『アサシン クリード オデッセイ』でスパルタンなウォリアーになってきた―美しい古代ギリシャでアテナイと対峙【E3 2018】

  6. 『Dead by Daylight』2周年を記念したグッズが販売開始!ー抽選で“ハントレス”のマスクも

  7. 容赦ないゴア描写、そしてこの爽快感はクセになる!Bethesda新作『RAGE 2』ハンズオン【E3 2018】

  8. クロスステッチで再現された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』渾身のワールドマップ!600時間以上を費やして制作

  9. 悪夢のインディーホラー『Year Of The Ladybug』がアートブックとして復活へ―クラウドファンディング開始、ゲーム化再始動も示唆

  10. 開発スタッフが語る『Ghost of Tsushima』(仮称)で描かれる美しい日本―侍は武士道が通用しない敵にどう立ち向かう?【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る

page top