『Skullgirls』開発元の新作『Indivisible』がIndiegogo開始!―プレイ映像も公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Skullgirls』開発元の新作『Indivisible』がIndiegogo開始!―プレイ映像も公開

『Skullgirls』で知られるデベロッパーLab Zero Gamesは、505 Gamesとのパートナーシップで開発する新作、『Indivisible』のIndiegogoキャンペーンを開始しました。

ゲーム文化 Kickstarter
『Skullgirls』開発元の新作『Indivisible』がIndiegogo開始!―プレイ映像も公開
  • 『Skullgirls』開発元の新作『Indivisible』がIndiegogo開始!―プレイ映像も公開
  • 『Skullgirls』開発元の新作『Indivisible』がIndiegogo開始!―プレイ映像も公開
  • 『Skullgirls』開発元の新作『Indivisible』がIndiegogo開始!―プレイ映像も公開
  • 『Skullgirls』開発元の新作『Indivisible』がIndiegogo開始!―プレイ映像も公開
  • 『Skullgirls』開発元の新作『Indivisible』がIndiegogo開始!―プレイ映像も公開

『Skullgirls』で知られるデベロッパーLab Zero Gamesは、505 Gamesとのパートナーシップで開発する新作、『Indivisibleインディヴィジブル)』のIndiegogoキャンペーンを開始しました。


本作は『ヴァルキリープロファイル』や『スーパーメトロイド』などからインスパイアを受けた新機軸のアクションRPGで、独特の世界観やキャラクター、Lab Zeroお馴染みの深みのあるゲームプレイが展開されるとのこと。対象プラットフォームはPS4/Xbox One/Windows/Mac/Linuxとなっており、最終的な製品版では日本語にも対応するそうです。


東南アジアの神話をベースにした冒険は横スクロールの形で表現。主人公のAjnaはインカーネーション(冒険で出会う仲間たち)との融合により新たな武器やアビリティを獲得でき、戦闘や移動の手段となります。戦闘は『ヴァルキリープロファイル』からインスパイアされたものに格闘ゲーム的な要素を取り入れた、よりアクティブなシステムになるようです。


その他ストーリーや詳細なゲーム情報はIndiegogoにてご覧ください(日本語のページも用意されています)。また、プレイアブルなプロトタイプ版(Windows)が公開されているので、興味がある方は一度体験してみると良いでしょう。


「聖剣伝説2」などのサウンドトラックを手がけた菊田裕樹氏も開発に参加

『Indivisible』のIndiegogoキャンペーン目標金額は150万ドル。本作のトータル予算は350万ドルで、キャンペーン達成額以外の200万ドルは505 Gamesが提供することとなっています。Lab Zero Gamesは「ゲームへの関心度を測るためのキャンペーンではない」と明言しており、目標に到達しなければ開発は中止、逆にキャンペーンが成功し目標額以上の資金が集まれば、ゲームはより良いものになるだろうと伝えています。


リワードの一部にはぬいぐるみやフィギュアも
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 20 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ラブプラスEVERY』『閃の軌跡IV』『ハイパースポーツ R』などが盛り上がるコナミブースレポート!【TGS2018】

    『ラブプラスEVERY』『閃の軌跡IV』『ハイパースポーツ R』などが盛り上がるコナミブースレポート!【TGS2018】

  2. 会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

    会場を彩った百花繚乱の美女コスプレイヤー&コンパニオンまとめ前編160枚【TGS2018】

  3. 『JUDGE EYES:死神の遺言』や『キャサリン・フルボディ』などがお出迎え!セガ/アトラスブースレポート【TGS2018】

    『JUDGE EYES:死神の遺言』や『キャサリン・フルボディ』などがお出迎え!セガ/アトラスブースレポート【TGS2018】

  4. ドット絵アクションADV『ANNO Mutationem』―「SCP」ひしめくサイバーパンク世界で脅威に対峙せよ!【BitSummit Roadshow: Tokyo 2018】

  5. 『無双OROCHI 3』『DEAD OR ALIVE 6』など、全13タイトル出展!コーエーテクモゲームスブースレポート【TGS2018】

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 龍神の剣をくらえ!『オーバーウォッチ』ゲンジが使うカタナのレプリカが海外で予約開始

  8. 参加型e-Sportsイベント「TGSでFORTNITE、PS4で遊ばナイト」開催決定!―有名プレイヤーと組んで一位を目指せ

  9. 『PUBG』あのフライパンがグッズに…!?オンラインショップにて公式グッズが販売開始!―TGSの物販でも販売

  10. 『MGSV:TPP』「ヴェノム・スネーク 1/6スタチュー」800個限定版が国内流通決定

アクセスランキングをもっと見る

page top