『零 ~濡鴉ノ巫女~』海外版では水着衣装を検閲か―ユーザーの間で波紋広がる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『零 ~濡鴉ノ巫女~』海外版では水着衣装を検閲か―ユーザーの間で波紋広がる

家庭用ゲーム Wii U

『零 ~濡鴉ノ巫女~』海外版では水着衣装を検閲か―ユーザーの間で波紋広がる
  • 『零 ~濡鴉ノ巫女~』海外版では水着衣装を検閲か―ユーザーの間で波紋広がる
  • 『零 ~濡鴉ノ巫女~』海外版では水着衣装を検閲か―ユーザーの間で波紋広がる
海外メディアNintendoWorldReportによる『Project Zero: Maiden of Black Water(零 ~濡鴉ノ巫女~)』レビュー記事より、同作国内版に収録されていた水着衣装の削除が報告されました。これを受けた一部の海外ユーザーの間で波紋が広がっています。

先日にはゼルダ姫&ゼロスーツサムスをテーマにした特別衣装が披露されていた『Project Zero: Maiden of Black Water』。NintendoWorldReportが公開した同作レビューは「残念なお知らせですが、ビキニ衣装はゲームから削除されていました。ESRBのMature指定による検閲と思われますが、ゲーム性を損なうものではありません」と述べながら、新たに追加された衣装を代替的なコンテンツとして取り上げています。

これについて、海外ユーザーは「正直言ってマジで失望した」「ビキニがなくてもいいじゃないか、私達にはサムスコスチュームがあるんだから」「神よ、『閃乱カグラ』を検閲されなかったことに感謝します」などの反応を見せており、そのほかでは配信専用作品であることの是非や検閲基準について様々な議論を交わしています。なお、この「ビキニ衣装削除」について任天堂、コーエーテクモゲームスからの公式コメントは伝えられていません。

『Project Zero: Maiden of Black Water』は日本国内で『零 ~濡鴉ノ巫女~』として、2014年9月27日より発売中。海外では2015年10月30日(現地時間)発売予定です。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 32 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バトルフィールド 1』春季アップデートが実施!―小隊機能の追加など

    『バトルフィールド 1』春季アップデートが実施!―小隊機能の追加など

  2. 限界の先へ!『DiRT 4』恐れ知らずの最新海外トレイラー

    限界の先へ!『DiRT 4』恐れ知らずの最新海外トレイラー

  3. 『Call of Duty: WWII』ゾンビモードはナチスが絡む「まったく新しい物語」

    『Call of Duty: WWII』ゾンビモードはナチスが絡む「まったく新しい物語」

  4. 『ペルソナ5』海外向け映像配信ガイドライン改訂、最終章を除き配信可能に

  5. 『オーバーウォッチ』D.Vaなど『HotS』スキンは通常ルートボックスからも

  6. PS4版『ニーア オートマタ』日本&アジアの累計出荷・DL販売本数が50万本を突破、記念セールが開催

  7. 2Kが国内PS StoreでGW特大セールを実施、『XCOM 2』『ボダラン2』など最大75%オフ

  8. 1時間24分台!『DARK SOULS III』DLC込全ボス撃破スピードラン【UPDATE】

  9. PS4版『ウルフェンシュタイン: ザ ニューオーダー』PS Plus向けに100円で提供!

  10. シリーズ最新作『DiRT 4』がPS4/XB1向けに7月27日国内発売!―最新トレイラーも2種公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top