『PAYDAY 2』プロデューサーがマイクロトランザクション騒動について語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PAYDAY 2』プロデューサーがマイクロトランザクション騒動について語る

先日『PAYDAY 2』に搭載され大きな批判を浴びた『Counter-Strike: Global Offensive』風のマイクロトランザクションシステム。後にシステムの緩和が行われたものの、今なおファンの怒りは収まりを見せていません。

ニュース ゲーム業界
『PAYDAY 2』プロデューサーがマイクロトランザクション騒動について語る
  • 『PAYDAY 2』プロデューサーがマイクロトランザクション騒動について語る
  • 『PAYDAY 2』プロデューサーがマイクロトランザクション騒動について語る

先日『PAYDAY 2』に新たに導入され大きな批判を浴びた『Counter-Strike: Global Offensive』風のマイクロトランザクションシステム(「Black Market Update」)。後にシステムの緩和が行われたものの、今なおファンの怒りは収まりを見せていません。そんな中、本作もプロデューサーであるAlmir Listo氏がredditにて質問セッションを実施。今回の騒動について語りました。

  • 2年半前の発言(「PAYDAY 2には一切マイクロトランザクションがない」)について:
    ・当時、マイクロトランザクションシステムを搭載し、フルゲーム購入後にもお金を費やすことを求めるゲームが発売されていた。
    ・『PAYDAY 2』はインゲームマネーで改造武器やマスクを売買できるシステムを持っていたため、本作にもマイクロトランザクションがあるのかどうかの質問が大量に寄せられた。
    ・混乱しないよう、物事を明確にするために発言した。
    ・もし当時の私に同じ質問すればやはり「マイクロトランザクションシステムを追加することはない」と答えるだろう。

  • 過去にも述べたように、可能な場合は無料のアップデートを行い、必要であれば有料のDLCをリリースした。

  • 『PAYDAY 2』のリリース後に意欲は成長し、それを実現するために多くの人を雇った。

  • 通常のデベロッパーであれば『PAYDAY 2』をリリースしたら『PAYDAY 3』の開発を始めるが、素晴らしいCo-opを体験してもらうために『PAYDAY 2』の開発継続を決断した。そして、可能な場合は最大75%のセール実施、スタッフの賃金を支払い、もしもの時のための蓄えを行いながら、ゲームの将来を保証しなければならなかった。

  • 半年前にさらなる販売を見込んでDLCを含めた恒久的な値下げを行ったが、予想した結果は得られず、『PAYDAY 2』の新鮮さと刺激を維持するコンテンツを望むペースで作成するには別の方法を考えなければならなくなった。

  • 505 Gamesとのパートナーシップでは、2017年までに一定の量のコンテンツを制作する契約になっているが、OVERKILLはそれ以上のもの、素晴らしいものを作るために、スタッフの数を3倍にすることを決定した(25人から75人に)。そしてこの規模を維持するために最善なアプローチが「Black Market Update」だった。

  • 「Black Market Update」の仕様について:
    ・金庫とドリルはゲーム中にドロップする。
    ・ドリルで金庫を開けるとアイテム(武器性能に若干のブーストを行うスキン)を手に入れることができる。
    ・アイテムは金庫およびドリルと同様にSteam Marketplaceにて取引可能。
    ・ライブイベント等でもドリルや金庫の配布が行われる。
    ・ドリルは2.50ドルで購入可能。

  • アップデート直後に受け取ったタイプの反応は予想だにしなかった。

  • 武器性能ブーストを良しとする3つの理由:
    ・ゲームはいかなるDLCを含まない、バニラの経験を中心にバランス調整されている。新たな難易度、敵、機能、Heist、その他を追加するときは、ベースゲームに関連してバランスをとっている。
    ・『PAYDAY 2』はプレイヤー対環境のゲームであり、3人のフレンドとともにAIに対抗する。フレンドが持つ任意の利点はグループの成功に恩恵をもたらす。
    ・ブーストがプレイヤーの経験を損なわないようにバランスを取っており、これは継続的に取り組む。

  • 今回の追加に対する多くの怒りや失望があることは理解している。

  • 経済的見地から統計を見ると「Black Market Update」が意図したとおりに作用していることが分かっている。

  • OVERKILLの安定と『PAYDAY 2』の将来の成長を確保するための正しい決断であったと、この変化に抵抗するコミュニティの一部を説得できることを望んでいる。

公式の“Road to Crimefest”をパロった“The Road From Greedfest”なるサイトまで登場するほど過熱した『PAYDAY 2』への批判。果たしてOVERKILLは失った信頼を取り戻すことができるのでしょうか。今後の展開に注目です。

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

    中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

  2. 『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

    『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

  3. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  4. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  5. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  6. 『アサシン クリード オデッセイ』DLC第2弾「アトランティスの運命」EP1は国内でも4月23日配信

  7. 『フォートナイト』コラボイベント「インフィニティ・ガントレット」にアップデート、サノス弱体化やバランス調整など【UPDATE】

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

  10. タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

アクセスランキングをもっと見る

1
page top