江戸時代が舞台の海外産RTS『Tenshu General』12月2日にSteamでリリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

江戸時代が舞台の海外産RTS『Tenshu General』12月2日にSteamでリリース

海外ではポピュラーとは言えないながらも度々ゲームの舞台として登場する中世日本。その時代を舞台にした海外産RTS『Tenshu General』がSteamにて12月2日より配信されます。

PC Windows
江戸時代が舞台の海外産RTS『Tenshu General』12月2日にSteamでリリース
  • 江戸時代が舞台の海外産RTS『Tenshu General』12月2日にSteamでリリース
  • 江戸時代が舞台の海外産RTS『Tenshu General』12月2日にSteamでリリース

海外ではポピュラーとは言えないながらも度々ゲームの舞台として登場する中世日本。そんな時代を舞台にした海外産RTS『Tenshu General』がSteamにて12月2日より配信されます。

天守の名前が含まれる本作は、ゲームの背景説明よると江戸時代を舞台にしているタイトルで、ボードゲームとリアルタイムストラテジーを組み合わせたゲームシステムが特徴。プレイヤーは将軍(General)として、村を発展させて米を作り、騎馬/歩兵/射手の3種のユニットを強化しつつ、相手の領土を征服していきます。


ヒロシ藩などの日本風ネーミング

本作を開発したのはオランダのデベロッパーSmartArt Game Studio。江戸時代というよりは戦国時代を舞台にしているように思えますが、海外開発なので致し方ないかもしれません。一方で、当時の食糧事情はよく調べている印象で、牛が食用ではなく米生産を助ける農耕用として登場します。

単純ながらも奥深い戦略ゲームを楽しめそうな『Tenshu General』。マルチ対戦はありませんが、マップエディターも搭載されており、リプレイ性もありそうです。
《水京》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 工場ストラテジー『Factorio』正式リリースを現地8月14日へ前倒し―『サイバーパンク2077』を避ける判断

    工場ストラテジー『Factorio』正式リリースを現地8月14日へ前倒し―『サイバーパンク2077』を避ける判断

  2. 『Baldur's Gate 3』40秒のトレイラーを公開―6月にはさらなる情報を明らかにすることも予告

    『Baldur's Gate 3』40秒のトレイラーを公開―6月にはさらなる情報を明らかにすることも予告

  3. PvPvEシューター『Hunt: Showdown』次期アップデート1.4で日本語対応へ―PC版テストサーバーに配信開始

    PvPvEシューター『Hunt: Showdown』次期アップデート1.4で日本語対応へ―PC版テストサーバーに配信開始

  4. ストリーミング総視聴時間は4億7千万時間、BAN数は7786件……『VALORANT』2ヶ月に渡るCBTのデータ公開―新エージェントと思われるキャラクターの映像も

  5. 夏の島生活ADV『Summer in Mara』無料プロローグ版が配信―リリース日も発表

  6. 工場建築サバイバル『Satisfactory』Steam版発売は6月8日に

  7. 簡単に風情ある海辺の街が建築できる『Townscaper』Steamにて6月に早期アクセス開始

  8. 新作Co-opシューター『Outriders』ゲームプレイやUIカスタマイズなどを紹介するゲームプレイ映像が公開!

  9. Steam、クラウドゲームサービス「Steam Cloud Play」のベータテスト開始―「GeForce NOW」と連携【UPDATE】

  10. シャンティの5回目の冒険が始まる!『Shantae and the Seven Sirens』PC/コンソール版配信開始

アクセスランキングをもっと見る

page top