携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンが始動 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンが始動

SMACH Teamは、携帯型Steam Machineである「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンを始動しました。

ニュース 発表
携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンが始動
  • 携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンが始動
  • 携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンが始動
  • 携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンが始動
  • 携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンが始動
  • 携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンが始動
  • 携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンが始動
  • 携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンが始動
  • 携帯型Steam Machine「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンが始動

SMACH Teamは、携帯型Steam Machineである「SMACH Z」のKickstarterキャンペーンを始動しました。

本デバイスは元々「Steam Boy」として開発されていたデバイスで、2015年8月にはgamescomにて「SMACH Zero」として価格とリリーススケジュールが発表されていました。「SMACH Z」は、Steam OSを搭載した携帯機でSteamで配信されている1000以上のゲームタイトルに対応し、バッテリー駆動で5時間以上動作(オプションとして追加電池も実装)する携帯機です。

他にも本機のCPUにはAMDの組み込み型プロセッサーGシリーズを採用し、加速度センサーやジャイロ機能、5インチのタッチスクリーンとD-Padや十字キーなど変更可能なゲームパッドを搭載しています。細かなカタログスペックは以下の通りです。


「SMACH Z」製品仕様

    CPU: Jaguarをベースにした開発コードSteppe EagleのGシリーズSOC

    グラフィック: GCNベースRadeon 2GBのVRAMを内蔵

    メモリ: 4GB(プロモデルには8GB搭載)

    内部ストレージ: ストレッチゴールに達成した場合のみ64GB、満たせなかった場合32GB(プロモデルには128GB搭載)

    モニタ: ストレッチゴールに到達した場合のみ1080p解像度を持つ5インチのタッチスクリーンを搭載。満たせなかった場合は720p解像度。

    接続: MicroSDカードスロット搭載、USB 3.0 type C接続、変更可能なゲームパッド、HDMI映像出力、Wi-Fi接続、Bluetooth接続、4Gモバイルネットワーク接続(プロモデルのみ)
カラーバリエーションは、ディープブラックとシルバー、パールホワイト、レッドファイア、インディゴブルー、レディオアクティブグリーンの5色です。また、上位版となる「SMACH Z PRO」では、メモリが通常4GBより8GBへ、ストレージ容量が通常64GBより128GBへ2倍増加していることに加えて、フロントカメラ、そして4G接続機能を備えています。


ゲームパッドは様々な種類に変更可能


カラーバリエーション


製品イメージ
本製品は、2016年12月に正式リリースが予定されています。
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  2. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

    初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

  3. タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

    タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

  4. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  7. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  8. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  9. 新作ハクスラ『Last Epoch』Steamにて4月30日早期アクセス開始!4つの時代を股にかけ運命に抗え

  10. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

アクセスランキングをもっと見る

1
page top