海外強豪プロゲームチーム「Titan」が解散―2014年のチート騒動から立ち直れず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外強豪プロゲームチーム「Titan」が解散―2014年のチート騒動から立ち直れず

2013年に設立され、『Counter-Strike: Global Offensive』や『Dota 2』などで活躍していた海外の強豪プロゲームチーム「Titan」の解散が発表されました。

ゲーム文化 e-Sports
海外強豪プロゲームチーム「Titan」が解散―2014年のチート騒動から立ち直れず
  • 海外強豪プロゲームチーム「Titan」が解散―2014年のチート騒動から立ち直れず
2013年に設立され、『Counter-Strike: Global Offensive』や『Dota 2』などで活躍していた海外の強豪プロゲームチーム「Titan」の解散が発表されました。

チームの創設者で代表のDamien Grust氏によると、解散の理由は資金繰りの悪化が原因とのこと。同氏はTitanの創設当時はスポンサーからの支援を受けずに成長してきたものの、徐々にブランドイメージを確立し、スポンサードによる運営体制にシフトした経緯を報告。2014年末までは順調な成長を遂げており、良好な経営体制を築けていたと伝えています。

経営状態が悪化したのは2014年11月に所属選手KQLY氏によるチート使用が発覚した後。Grust氏は、このチート騒動によってブランドイメージは失墜し、スポンサーやパートナーからの支援は打ち切られたことによって、2015年初旬から資金繰りが急速に悪化したと明かしています。その後、同氏は1年間スポンサーを獲得しようと奮闘するも上手くいかず、今回の解散に至ったと語りました。

2014年に巻き起こったプロゲームシーンでのチート騒動。たった1人の過ちがチームを解散へと追いやってしまった事実は、悲しくもあり、恐ろしくもあります。e-Sportsは1つのスポーツへと発展しつつあり、プロプレイヤーには相応の責任が求められています。
《水京》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 近日早期アクセスのコズミックホラーRPG『恐怖の世界』初見シーン多数のプレビュー映像!

    近日早期アクセスのコズミックホラーRPG『恐怖の世界』初見シーン多数のプレビュー映像!

  2. 映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

    映画「ソニック・ザ・ムービー」アメリカでゲーム原作映画として最大のオープニング記録―3日で5,700万ドルを叩き出し「名探偵ピカチュウ」を打ち破る

  3. 海外制作集団が『フォートナイト』で『カウンターストライク』の定番マップ「Dust II」を再現!

    海外制作集団が『フォートナイト』で『カウンターストライク』の定番マップ「Dust II」を再現!

  4. 『RDR2』のアーサー役声優が西部劇小説を朗読してくれるオーディオブックが登場

  5. 中国での開催が中止となった「オーバーウォッチリーグ」振替試合が韓国で実施決定

  6. 「不安だった」―実写映画「ソニック・ザ・ムービー」監督が変更後のデザイン公開について心境を語る

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 熱い要望も……「Xbox アダプティブ コントローラー」の再販予定についてマイクロソフトに聞いてみた

  9. リンクの家やハイラル城まで…『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のマップをレゴだけで再現

  10. プレステ公式が提案するバレンタインデーのあり方―渡すチョコがPS4になる世界線

アクセスランキングをもっと見る

page top