海外強豪プロゲームチーム「Titan」が解散―2014年のチート騒動から立ち直れず | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外強豪プロゲームチーム「Titan」が解散―2014年のチート騒動から立ち直れず

ゲーム文化 e-Sports

海外強豪プロゲームチーム「Titan」が解散―2014年のチート騒動から立ち直れず
  • 海外強豪プロゲームチーム「Titan」が解散―2014年のチート騒動から立ち直れず
2013年に設立され、『Counter-Strike: Global Offensive』や『Dota 2』などで活躍していた海外の強豪プロゲームチーム「Titan」の解散が発表されました。

チームの創設者で代表のDamien Grust氏によると、解散の理由は資金繰りの悪化が原因とのこと。同氏はTitanの創設当時はスポンサーからの支援を受けずに成長してきたものの、徐々にブランドイメージを確立し、スポンサードによる運営体制にシフトした経緯を報告。2014年末までは順調な成長を遂げており、良好な経営体制を築けていたと伝えています。

経営状態が悪化したのは2014年11月に所属選手KQLY氏によるチート使用が発覚した後。Grust氏は、このチート騒動によってブランドイメージは失墜し、スポンサーやパートナーからの支援は打ち切られたことによって、2015年初旬から資金繰りが急速に悪化したと明かしています。その後、同氏は1年間スポンサーを獲得しようと奮闘するも上手くいかず、今回の解散に至ったと語りました。

2014年に巻き起こったプロゲームシーンでのチート騒動。たった1人の過ちがチームを解散へと追いやってしまった事実は、悲しくもあり、恐ろしくもあります。e-Sportsは1つのスポーツへと発展しつつあり、プロプレイヤーには相応の責任が求められています。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 22 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 入国審査シム『Papers, Please』映像化が進行中、強烈再現度の撮影風景もチラリ

    入国審査シム『Papers, Please』映像化が進行中、強烈再現度の撮影風景もチラリ

  2. 「第9地区」ブロムカンプ監督の新作ティーザー映像…第1弾は無料配信を予定

    「第9地区」ブロムカンプ監督の新作ティーザー映像…第1弾は無料配信を予定

  3. 『LoL』韓国選手Fakerの収入は100万ドル超、同作プロシーンで初のミリオン達成

    『LoL』韓国選手Fakerの収入は100万ドル超、同作プロシーンで初のミリオン達成

  4. 【現地レポ】『WoT』世界最強の栄冠を手にしたのは―モスクワ「The Grand Finals 2017」決勝戦

  5. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  6. 動画配信サービス「Beam」名称変更、「Mixer」へ

  7. 『DEATH STRANDING』は既にPS4で動作―小島監督がトライベッカで語る

  8. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. ソニーがE3 2017で「PlayStation E3 Media Showcase」を実施―様々な発表を期待!

アクセスランキングをもっと見る

page top