『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」

ニュース ゲーム業界

『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」
  • 『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」
  • 『CoD:BO2』登場の実在人物一家がActivisionへの訴訟検討―「野蛮に描かれている」

ジョナス・サヴィンビ氏

2011年にPS3/Xbox 360/Wii U/PC向けタイトルとしてリリースされたFPSシリーズ作品『Call of Duty:Black Ops 2』。本作に登場する実在人物、ジョナス・サヴィンビ氏の家族がActivisionへの訴訟を検討中だと海外メディアより伝えられています。

2002年に亡くなったサヴィンビ氏は、アンゴラ内戦時、アンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)を率いた人物として知られ、『CoD:BO2』内のストーリーキャンペーンモードでは、主人公と共闘するキャラクターでした。海外メディアGamesRaderによると、同氏の家族は、今回の訴訟検討について、「(サヴィンビ氏が)全員を殺したいと願っているまぬけや、野蛮に描かれている」と理由を語っているとのこと。


ゲーム内のサヴィンビ氏

それに対して、Activision側の担当弁護士はサヴィンビ氏はゲーム内で、弾圧的なアンゴラ解放人民運動(MPLA)と戦った、良い人物(Good Guy)の一人として描いていると回答。加えて、「野蛮」や「良い人物」という描き方は、"人"をシンプルに説明するためだ、という旨の発言も行っています。

なお、本作を巡っては、同様にストーリーキャンペーンモードに登場するマヌエル・ノリエガ氏がActivisionに対して訴訟を起こしましたが、アメリカ合衆国憲法修正第1条(信教・言論・出版・集会の自由、請願権)の権利内だとして、ノリエガ氏は敗訴していました。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

    Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  2. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  5. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

  6. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  7. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  8. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  9. 閉じ込められた男を救う2Dアドベンチャー『STAY』発表!―ゲームはリアルタイムで進む…

  10. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

アクセスランキングをもっと見る

page top