Xbox One/PC向けMOBA『Gigantic』開発元でレイオフ―「全部署に影響がある規模」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox One/PC向けMOBA『Gigantic』開発元でレイオフ―「全部署に影響がある規模」

新作サードパーソン視点MOBA『Gigantic』開発元のMotigaが「重大かつ一時的なレイオフ」を実施したことを発表しました。

ニュース ゲーム業界
Xbox One/PC向けMOBA『Gigantic』開発元でレイオフ―「全部署に影響がある規模」
  • Xbox One/PC向けMOBA『Gigantic』開発元でレイオフ―「全部署に影響がある規模」
  • Xbox One/PC向けMOBA『Gigantic』開発元でレイオフ―「全部署に影響がある規模」

E3 2015で披露されたゲームプレイトレイラー

新作サードパーソン視点MOBA『Gigantic』開発元のMotigaが「重大かつ一時的なレイオフ」を実施したことを発表しました。レイオフ対象となる雇用者数は明かされていないものの、同社CEOのChris Chung氏は「スタジオ全部署に影響が起こる規模」と声明を通して説明しており、クローズドベータテストにおけるサポート対応についても主要スタッフを欠いた状態で続くとのことです。

Chung氏は潜在投資家との有望なディスカッションを進めている段階と述べていますが、『Gigantic』開発継続のために「許容範囲を超えた量の人員を再構成する必要がある」ともコメント。Motigaは昨年12月にもレイオフを実施していましたが、今後も『Gigantic』コミュニティーに向けて続報を伝えていく方針です。

2014年にFree-to-Playタイトルとしてアナウンスされた本作は、昨年PC/Xbox One向けにクローズドベータテストを実施済み。テスターからのフィードバックを受け、2016年内への発売延期を発表していました。なお、今回のレイオフを受けた開発状況については伝えられていません。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

    2019年12月のPC版『RDR2』売上が100万本を突破―Steam版の配信開始が売上アップに大きく影響か

  2. 「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

    「最も野心的な新規タイトル」制作のため新作バトロワ『STORMDIVERS』の開発が保留に

  3. 新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

    新たな故郷を求め深宇宙を旅する新作フライトシム『EARTH ANALOG』発表!

  4. 『スターデューバレー』全世界での売り上げが1000万本以上であることが明らかに

  5. 不思議な地下世界で戦うSTG『Dezatopia』配信開始!4方向に弾を撃ち分け敵と戦え

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『オブザーバー』関連作と見られるティーザー「Incoming Call」公開―サイバーパンクホラー作品

  8. 【吉田輝和の絵日記】『龍が如く7 光と闇の行方』横浜で観光&転職しながら"スジモン”とコマンド式バトル!

  9. 『デビル メイ クライ 5』開発陣の「今だから言える告白」とは?バージルの「挑発返し」条件も判明する発売記念映像

  10. 『Hellblade』開発元が実験的タイトル『Project: Mara』を発表! 精神的な恐怖をリアルに再現

アクセスランキングをもっと見る

page top