何者かに殺人を強いられるスリラー『The Works of Mercy』がキックスタート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

何者かに殺人を強いられるスリラー『The Works of Mercy』がキックスタート

ゲーム文化 Kickstarter

何者かに殺人を強いられるスリラー『The Works of Mercy』がキックスタート
  • 何者かに殺人を強いられるスリラー『The Works of Mercy』がキックスタート
  • 何者かに殺人を強いられるスリラー『The Works of Mercy』がキックスタート
  • 何者かに殺人を強いられるスリラー『The Works of Mercy』がキックスタート

2月11日に公開されたプレイスルー映像

インディーデベロッパーPentacleが開発を手掛けているサイコスリラー『The Works of Mercy』。本作のKickstarterキャンペーンが進行しています。


本作は、ロマン・ポランスキーの「Repulsion(反撥)」や「The Tenant(テナント/恐怖を借りた男)」を始め、スタンリー・キューブリックの「The Shining(シャイニング)」などの古典的なジャンルにインスパイアされたサイコロジカルスリラー。話の主軸は、一見ランダムに思われる不可解な殺人事件。本作ではプレイヤー自身が、その殺人犯となります。


殺人者となる主人公は、自身の家族を救うため、謎めいた存在から「殺人」を強要されます。主人公を苦しめる謎の存在は誰なのか、どうして彼は主人公の家族に対し復讐心を持っているのか、主人公は彼を満足させるためにどこまで殺さなければならないのか、誰かの命を救うために自分の殺人を正当化できるのか、そして、どう罪悪感に対処するのかがストーリーの大きなテーマとなります。


没入感の高いフォトリアルな世界を描いた本作では、Unreal Engine 4を採用。『Gone Home』や『P.T.』のような完全にインタラクティブな環境を探索できるようにしており、VRにもサポート予定とのことです。

15,000カナダドルの調達を目指している『The Works of Mercy』Kickstarterは、記事執筆時点で29日を残し、246人のバッカーから4,644カナダドルを支援されています。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

    日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

  2. スピルバーグ新作「レディ・プレーヤー・ワン」国内公開決定!VR世界描く

    スピルバーグ新作「レディ・プレーヤー・ワン」国内公開決定!VR世界描く

  3. 『フォーオナー』「剣聖」1/4大型リアルスタチュー登場!初回限定50体

    『フォーオナー』「剣聖」1/4大型リアルスタチュー登場!初回限定50体

  4. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

  5. ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

  6. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  7. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  8. 【特集】CDショップにゲームサントラがない…この状況にタワーレコードが動く

  9. 日本代表、「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」プレイオフで豪州に敗れる

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top