侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場

ゲーム文化 インディーゲーム

侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場
  • 侍の一生描く浮世絵調ローグライクRPG『Shigatari』Steam Greenlightに登場

インディーデベロッパーSuperlegitgamesが開発を手掛けているローグライクRPG『Shigatari』がSteam Greenlightに登場しました。


本作はランダムに生成される江戸時代を舞台に、1人の侍が死ぬまでを描いています。 歌川国芳、歌川広重などの作品を使用した浮世絵調グラフィックが特徴的で、無防備な農民を斬り伏せたり、滝の下で瞑想したり、芸者の下を訪れたりできるほか、俳句をしたためることや切腹も実行可能となっています。


また、本作で行われる戦闘はターンベース制。標準的な攻撃、アクティブな防御に加え、中段、下段、八相など、いわゆる「五行の構え」も導入された戦略的な戦いが楽しめます。7つ存在する道場のマスターと"Emperor"を倒すことが目的となるようです。


山本常朝が著した「葉隠」の引用から始まる映像では、そんな本作のシステムや世界観を収録。選択制の会話シーンや俳句の制作システム、RPGならではの成長要素、いつでも行える「切腹」といった今作の魅力が映されています。


『Shigatari』はWindows/Mac/Linuxを対象に、2016年春のリリースを目指して開発中。Steam Greenlight通過への投票はこちらから可能です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 30 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」日本代表が予選2戦目も勝利!

    「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」日本代表が予選2戦目も勝利!

  2. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」予選、日本代表が初戦を勝利!

    「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」予選、日本代表が初戦を勝利!

  3. 『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

    『FF8』スコールに感化され、美容整形に数万ドル投じた男性が話題―マレーシア

  4. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  5. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国チームメンバーと試合日程が公開!

  6. 【レポート】鋭意開発中の『SOUL REVERSE』を体験、初登場となるレンジャーの操作感はいかに?

  7. 「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」各国を代表する競技委員会の選出開始―日本の候補は5名

  8. 【特集】PS4『謎の格闘ゲーム』のシステムは?―アリカ代表の西谷亮氏にインタビュー

  9. 日本のときど選手が「Evo 2017」の『ストリートファイターV』部門で優勝!―強敵Punk選手を圧倒

  10. 初代『DOOM』パッケの人物にモデルが?ジョン・ロメロが裏話明かす

アクセスランキングをもっと見る

page top