米国在住の男性が貴重なゲーム/ハード約25,000ドル相当を窃盗、小売店に売却し逮捕 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国在住の男性が貴重なゲーム/ハード約25,000ドル相当を窃盗、小売店に売却し逮捕

海外メディアの報道より、米国ペンシルバニア州在住の男性が25,000ドル(約280万円相当)のビデオゲームを窃盗し、小売店へと転売していたことが報じられています。

ゲーム文化 カルチャー
米国在住の男性が貴重なゲーム/ハード約25,000ドル相当を窃盗、小売店に売却し逮捕
  • 米国在住の男性が貴重なゲーム/ハード約25,000ドル相当を窃盗、小売店に売却し逮捕

海外メディアの報道より、米国ペンシルバニア州在住の男性が25,000ドル(約280万円相当)のビデオゲームを窃盗し、小売店へと転売していたことが報じられています。売却されたのは500本以上におよぶ「貴重なビデオゲーム」や「往年のゲームハード」。これらのレアグッズは所有者の家宅に下宿していたRandy Norris氏が盗んだものと考えられています。

Norris容疑者は昨年7月11日から8月1日にかけて、「貴重なビデオゲーム」をS&G Video Gamesへと売却していたとのこと。ビデオゲーム所有者Daniel Langevin氏は8月8日、Dulles Expo Centerで開催されていた『大乱闘スマッシュブラザーズ』大会イベントで売却されたそれらのゲームを発見。この大会にはS&Gオーナーも参加しており、買取を担当した店員を含めた3人は警察への通報を検討したようです。

調査結果によれば、Norris容疑者はLangevin氏が所有する242本のゲームおよび関連機器を窃盗し、4,000ドル以上の価格で売却していた模様。Norris容疑者は8月27日に詐欺、窃盗の疑いでCumru郡警察に逮捕されました。Langevin氏が盗難被害を受けたグッズの大半は無事に返ってきたものの、警察担当者はそのコレクションすべての返却については未だ「不十分」と見ています。また、小売店S&Gは4,100ドルの損害を被ったことから、この事件の被害者のひとつとして扱われています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「動きがうちと同じじゃない?」ギネスがシステムミスでYouTube内の『スーパーマリオ』スピードラン動画に著作権侵害を主張

    「動きがうちと同じじゃない?」ギネスがシステムミスでYouTube内の『スーパーマリオ』スピードラン動画に著作権侵害を主張

  2. “スカイリムグランマ”がYouTubeのネガティブコメントによるストレスのため活動を休止中

    “スカイリムグランマ”がYouTubeのネガティブコメントによるストレスのため活動を休止中

  3. 何もかもを燃やせる2Dステルスアクション『Wildfire』配信開始!

    何もかもを燃やせる2Dステルスアクション『Wildfire』配信開始!

  4. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  5. 非暴力で可愛いインディーゲームが集うショーケースイベント「Wholesome Direct」開催決定!

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 香川県弁護士会が「ネット・ゲーム依存症対策条例」の廃止を求める会長声明を発表

  8. 海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

  9. 『TES IV: オブリビオン』で600年以上にわたり獄中生活を送る人物現る! スキルはほぼ消失

  10. 映画「ジョン・ウィック」のクリエイターが『My Friend Pedro』のテレビシリーズ化を計画

アクセスランキングをもっと見る

page top