『ハースストーン』日本代表mattun選手、APAC選手権の参加決定を報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ハースストーン』日本代表mattun選手、APAC選手権の参加決定を報告

ゲーム文化 e-Sports

『ハースストーン』日本代表mattun選手、APAC選手権の参加決定を報告
  • 『ハースストーン』日本代表mattun選手、APAC選手権の参加決定を報告
  • 『ハースストーン』日本代表mattun選手、APAC選手権の参加決定を報告
  • 『ハースストーン』日本代表mattun選手、APAC選手権の参加決定を報告

日本選手権でのmattun選手

3月13日に開催された『Hearthstone(ハースストーン)』日本選手権で見事優勝し、3月25日から米国ハリウッドでスタートするアジア太平洋(APAC)冬季選手権への出場権を勝ち取ったmattun選手。スケジュールや仕事の都合などで参加が危ぶまれていましたが、このほど家族や職場の同意を得て、無事出場が可能になったことを自身のTwitter上で報告しています。

日本で優勝したのに世界の代表戦に出れないという、異例の事態にもなりえたこの問題。『ハースストーン』冬季選手権における日本大会とAPAC大会の間隔が非常に短く、かつスケジュールが直前までプレイヤーに知らされていなかった点が、要因のひとつとして指摘されています。日本でe-Sportsが社会的に認知と理解が乏しいことも足かせになっているといえるでしょう。

mattun選手は、「多くの犠牲と引き換えに、0回戦に勝利して本物の出場権を得ました 支えてくれて本当にありがとうございました もうダメと思った 折れそうだった 勇気と行動力があれば 夢は叶う 果たしてぼくは何と戦っていたの」と心境をツイート。フォロワーからは、出場決定を祝う声や、励ましのメッセージが多数寄せられています。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 35 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

    e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

  2. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

    『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  3. ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

    ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

  4. 名作STG『ギャラガ』アニメ化が海外で進行中

  5. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  6. 日本代表、「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」プレイオフで豪州に敗れる

  7. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  8. スピルバーグ新作映画「Ready Player One」トレイラー初披露!壮大VRゲーム舞台

  9. 海外アダルトサイト後援のe-SportsチームにESLが警告、ポルノ広告にNG

  10. 16チームが超楽しんだ!『オーバーウォッチ』オフライン大会「AOC OPEN」レポート―e-Sports発展を目指すAOCの取り組み

アクセスランキングをもっと見る

page top