海外アナリストが噂の「PS4.5」に言及、VR特化モデルの可能性も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外アナリストが噂の「PS4.5」に言及、VR特化モデルの可能性も

ニュース ゲーム業界

海外アナリストが噂の「PS4.5」に言及、VR特化モデルの可能性も
  • 海外アナリストが噂の「PS4.5」に言及、VR特化モデルの可能性も
  • 海外アナリストが噂の「PS4.5」に言及、VR特化モデルの可能性も

先日海外メディアKotakuが報じ、後にEurogamerも独自にその情報を入手したと伝えられえていた、PlayStation 4のアップグレード版「PlayStation 4.5/PlayStation 4K」の噂ですが、有名業界アナリストのMichael Pachter氏がGamingBoltのインタビューにて今回の噂への見解を示しました。

Pachter氏は、もしソニーがPlayStation VRをOculusやViveと同じレベルまで進化させることを計画しているのであれば、PlayStation 4.5/PlayStation 4Kは恐らくPlayStation VRを4Kで動かせるようにするためのVR特化モデルになるだろうと語っています。


また、別のアナリストZhugeEX氏もKotakuが報じる以前に聞いたという情報をTwitterで明らかにしています。ちなみにZhugeEX氏は普段、売上データを中心に取り扱っており、噂に関してはあまり言及しない人物とのことです。

  • PS4.5はソニーがCUH-1200を新しいPS4 SKUで置き換えるためのプロトタイプを持っているという意味で真実。
  • これまでと同じくAMD APUと8GBのRAMを搭載するが、より良いパフォーマンスを提供する(APUあるいはクロックスピードがアップグレードされる可能性)。
  • ソニーはコンソール基板を1/4まで縮小し、形状も変更している。層は2枚に減少。
  • コンソールはより多くのパワーを持つが、主にシステム+メディア+VR向け。
  • 開発者はこの追加のパワーに100%アクセスすることはできない。
  • PS4とPS4.5は同じディスクでどちらでも動作。
  • PS4.5のゲームは拡張機能があるかもしれない(4K?)。
  • 少なくとも2つの大手サードパーティパブリッシャーが存在を知っており、ハードウェアを受け取るだろう。
  • ソニーは2016年H2あるいは2017年のローンチを検討している。
  • 情報源は中国からと、過去に正確な情報をもたらした人物。
  • これらは全て確認されておらず、ZhugeEX氏は情報源ではない。単に伝えられた情報であくまでも噂。

果たしてこの噂の真相や如何に。今後の続報や大きなイベントには要注目です。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 68 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

    映画「キングコング:髑髏島の巨神」に隠されたゲームネタを監督が解説、『メタルギア』『風ノ旅ビト』などオマージュ

  2. Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

    Unreal Engine 4、ニンテンドースイッチ正式対応!―更なるタイトル充実に期待

  3. チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

    チームベースのゾンビFPS『Dead Alliance』海外発表―人間も敵になる!

  4. ホラーADV『DYING: Reborn』がPS4/PS VR/PS Vita向けに国内発売決定!

  5. 『Warframe』開発元の新作『Keystone』発表!―カードデッキで特殊能力使うFPS

  6. 『レッド・デッド・リデンプション2』延期が国内向けに発表

  7. PS4/PS Vita『ザ・ロストチャイルド』発表! 『エルシャダイ』の系譜を継ぐ新作RPG─ルシフェルが語る新映像も公開

  8. オープンワールドサバイバル『Rust』の作者が「早期アクセス」について語る

  9. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  10. 『FARCRY5』日本向けティーザートレイラー公開!正式発表は5月29日に

アクセスランキングをもっと見る

page top