忍ismの『ストV』育成選手3名が発表―前期育成後の審査で1名がEVO 2016出場へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

忍ismの『ストV』育成選手3名が発表―前期育成後の審査で1名がEVO 2016出場へ

忍ismは、2016年1月より選考を実施していた『ストリートファイター V』の育成対象3名を発表しました。

ゲーム文化 e-Sports
忍ismの『ストV』育成選手3名が発表―前期育成後の審査で1名がEVO 2016出場へ
  • 忍ismの『ストV』育成選手3名が発表―前期育成後の審査で1名がEVO 2016出場へ
  • 忍ismの『ストV』育成選手3名が発表―前期育成後の審査で1名がEVO 2016出場へ
忍ismは、2016年1月より選考を実施していた『ストリートファイター V』の育成対象選手3名を発表しました。

合格した3名は「ハク選手(14歳)」「ジョニィ選手(19歳)」「ヤマグチ選手(14歳)」の3名。彼らは同社代表でもある、ももち選手の直接指導のもと「世界で活躍できる選手」を目指し育成されます。


育成日程は4~6月(前期)、8~10月(後期)の2期制で、前期育成終了時に実施される審査により、今夏開催予定の「Evolution 2016」への出場選手が決定されます。育成はオフラインでの直接指導に加え、隔週のWeb配信も予定されているとのこと。また、本企画はMonster Energy、Tokyo Otaku Mode、DX Racerの3社よりサポートを受けながら運営されます。

育成企画はこちらから確認可能です。
《kuma》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

    個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  2. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

    『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  3. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

    【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  4. 『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

  5. インディゲームイベント「TOKYO SANDBOX」秋葉原で4月開催ー84スタジオ、120タイトル出展

  6. マルチプレイ対応の幽霊屋敷探索ホラー『Pacify』配信開始! 超常現象の証拠を入手せよ

  7. タイ産ロボカスタマイズアクションRPG『M.A.S.S. Builder』Kickstarterキャンペーン開始!【UPDATE】

  8. 世界をまるごと作り変えた『スカイリム』大型Mod『Enderal: Forgotten』Steam配信日決定!

  9. 本物級!『Apex Legends』人気武器「ピースキーパー」を実際に作ったユーザー現る

  10. ソ連スタイルの都市建設シム『Workers & Resources: Soviet Republic』早期アクセス日決定!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top