ソニー、2016年度業績見通しを発表―PS4は2000万台販売見込む | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニー、2016年度業績見通しを発表―PS4は2000万台販売見込む

ソニーは、2016会計年度の連結業績見通しを発表し、投資家向け説明で行われたスピーチの中で、今年度のPS4販売台数は2,000万台を見込んでいると伝えています。

ニュース ゲーム業界
ソニー、2016年度業績見通しを発表―PS4は2000万台販売見込む
  • ソニー、2016年度業績見通しを発表―PS4は2000万台販売見込む
ソニーは、2016会計年度の連結業績見通しを発表し、投資家向け説明で行われたスピーチの中で、今年度のPS4販売台数は2,000万台を見込んでいると伝えています。

PS4に関しては2016年度も引き続き好調なモメンタムを維持していると説明。昨年度1兆5,519億円だった売上高は、今年度8.3%の増収となる1兆6,800億円、887億円だった営業利益は今年度463億円増益となる1,350億円と見込んでいるとのこと。

また、昨年度1,770万台の販売を達成したPS4ですが、今年度は2,000万台販売を見込んでいると報告しました。なお、プレイステーションの過去最高年間出荷台数は2002年のPS2による2,252万台とのこと。また、PS4は発売から2年が経過したことから収穫期に入りつつあると認識していると伝えています。

今年3月に全米サービスをスタートしたクラウドベースのライブテレビサービス「プレイステーション ヴュー(PS Vue)」に関しては、今年度も投資の年であると説明。業績の安定化が難しいゲーム&ネットワークサービス分野において、ネットワーク売上高を伸ばすことで、収益基盤の底上げをしていく考えを示しています。

10月には待望のコンソール向けVRデバイス「PS VR」が発売予定。また各所で新型PS4に関する噂も続出する状況となっており、事実であればPS4の販売台数に大きな影響を与えるのではないでしょうか。ともあれ、発売から好調に推移し、収穫期に入りつつあるPS4が今後どのようにサービスを拡充していくのかユーザーから期待が寄せられそうです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

    サンドボックスMMORPG『Ember Sword』発表!―プレイヤーによりコンテンツが創造

  2. CDPRが『ウィッチャー』シリーズ11周年記念イベントを開始ーまずは11日間に渡りシリーズ豆知識を公開

    CDPRが『ウィッチャー』シリーズ11周年記念イベントを開始ーまずは11日間に渡りシリーズ豆知識を公開

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

    『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

  4. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  5. 『Diablo III』のクロスプレイ実装は現時点で計画無し―海外メディアに対しBlizzardが声明

  6. 爆乳ハイパーバトル『閃乱カグラ Burst Re:Newal』海外版が発売延期、PS4版「スキンシップ」モード削除が影響

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』2019年1月11日リリース!10周年記念の初回限定生産版も

  10. オンラインカードゲーム『アトム:時空の果て』3月29日に全サービス終了へ

アクセスランキングをもっと見る

page top