【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは

“しまむら”のコラボレーション展開がゲームへも目を向けたことで、ファンからの注目も集まり、その結果大きな流れが作られていると言えるでしょう。そんな“しまむら”がリリースする、ゲームコラボTシャツの「これから」に迫るインタビューをお届けします。

ゲーム文化 ホビー・グッズ
【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは
  • 【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは
  • 【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは
  • 【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは
  • 【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは
  • 【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは
  • 【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは
  • 【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは
  • 【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは
ゲームに関連するグッズと一口に言っても、作中に使われた主題歌やBGMを収録したサウンドトラックや、制作の様子も垣間見える設定資料集、3次元化して手元に置いておけるフィギュアなど、その種類は実に様々です。

また、Tシャツを始めとするコラボレーションファッションなども忘れるわけにはいきません。ゲームとコラボしたアクセサリーやポーチといった小物関係も増えてきましたが、身に付けるものとしての代表格はやはりコラボTシャツ。最近では名だたる企業がゲームキャラクターをモチーフとしたTシャツなどを展開しています。


その中でも特に注目を集めているのが、“ファッションセンターしまむら”のコラボレーション展開です。「ミッキー」や「スヌーピー」といった、世界的に有名なマスコットキャラクターとのコラボはもちろん、「ドラゴンボール」に「ゲゲゲの鬼太郎」といった日本発のキャラクターも扱っており、至近では「おそ松さん」のような人気アニメともいち早いコラボレーションを展開しています。


3月26日に発売された「『モンスターハンター』×ぐでたま Tシャツ」

そしてこの勢いは更に拡がりを見せ、ゲーム方面にも意欲的な動きを見せました。『ロックマン』『モンスターハンター』『パックマン』といった名作シリーズのみならず、セガがリリースしたゲームハードをモチーフとしたコラボレーションも実施。これらのリリースはファンの心を鷲掴みにし、TwitterなどのSNSでは購入者からの報告が相次ぎました。

“しまむら”のコラボレーション展開がゲームへも目を向けたことで、ファンからの注目も集まり、その結果大きな流れが作られていると言えるでしょう。そんな“しまむら”がリリースする、ゲームコラボTシャツの「これから」に迫るインタビューをお届けします。

◆「しまむら」がおくるコラボ展開の「今」に直撃


望月氏

──本日はよろしくお願いします。まずは、「しまむら」のコラボレーション展開に関して、どのような形で関わっていらっしゃるのか教えてください。

望月氏:こちらこそよろしくお願いします。私はデザインや柄、規模などを決定する立場にあります。ですが柄などに関しては、あらゆる作品に造詣が深いわけではないので、作品に詳しいサプライヤー様の企画担当者さんにいくつかの案を出していただいて、そこから検討するといった形になります。

──最終的な判断をされると共に、サプライヤーさんとタッグを組んでそこまで進むわけですね。

望月氏:各社さんそれぞれが、キャラクターTシャツに乗り出しており、かなり市場が増えてきていますから、「今期はこういうモチーフが多いよね」といった全体の傾向なども見つつ、制作を進めています。ちなみに私は3年ほど店長勤務をしていたのですが、店頭に立っていると、お客様がよくレジに持っていく柄とかをよく見ていたので、「(しまむらに来る方は)こういうのを求めているんだな」というのが感覚的に伝わってきまして。他社さんのデザインをそのままウチに置いてもそれほど売れないと感じているので、しまむらに来て下さる方々が望むデザインを意識しているところはあります。

──各社さんごとに色があり、求められるデザインも変わってくるんですね。

望月氏:実際売れなかったデータもありまして(笑)。

──データにも現れているんですね(笑)。

望月氏:キャラクターがバシッと出ているようなものが、ウチでは動きがいいですね。そういったデザインのものは、部屋着として着用している方も多いのかなと考えています。価格面でも、他社さんと比べると相対的に安価で提供しておりますし。

──価格面で手軽だと、色んな用途に合わせてチョイスしやすくなりますよね。ではキャラクターとのコラボの場合は、オシャレさよりもカジュアルさを重視しているといった感じでしょうか。

望月氏:(コラボレーションに関しては)その構成が高いですね。

──ちなみにコラボレーションするキャラクターや作品を選ぶ際に、一般の方がSNSなどで発信している声などは参考にされていますか?

望月氏:SNSもよくチェックしています。求める声ももちろんですし、リリースしたアイテムの反響なども確認していますね。以前、セガさんのゲーム機Tシャツ(メガドライブ・セガサターン・ドリームキャスト)を出したのですが、SNSなどでかなりのお客様が画像をアップされていました。

──自分も見たことがあります。かなり大きな反響でしたよね。

望月氏:実はあのゲーム機Tシャツは、しまむら全店での展開ではなかったんです。売り上げ上位の300店舗ほどで展開したTシャツだったんですが、全店舗が1,300を超えていますので、ざっと計算しても300/1300での販売だったんです。

──4店の中に1店あるかないか、くらいの確率ですか。だとすると、手に入れるのに苦労した方も多そうですね。

望月氏:(今も求める声などが多いので)そのためこちらのTシャツに関しては、追加をしていこうかなと考えています。

──それは嬉しいお話ですね!買えなかった人はもちろんですが、もう一枚欲しいという方もいるでしょうし。

望月氏:(ゲーム機Tシャツというものが)受け入れられるのかといった疑問もあったので、まずは300店舗という形でのリリースでした。

──実際の売れ行きとSNSでの反応を鑑みて、更なる展開に繋がったわけですね。ちなみに、いつ頃再入荷されるのでしょうか?

望月氏:5月後半に追加できるよう進めています。もう段取りは組んでおりますので。


──では、記事が掲載される頃には追加されているかもしれないんですね。追加される店舗は、以前よりも拡大されていますか?

望月氏:今回は全店舗での展開となります。これまでの展開による経験でお客様の顔もかなりはっきり見えてきましたので、販促のやり方などもこれからは変えていこうかなと考えています。その一つとして、ニコニコ動画のトップページでのバナー広告展開を5/25(水)から予定しているんです。ユーザーさんからすれば、見慣れているサイトに「しまむら」という文字があるので、「おっ?」と思ってもらえるかなと(笑)。

──確かに目を引きそうですね。

望月氏:このほかにも、ゲームに関する展開も色々と考えていまして。至近で大きな動きは、『ファンタシーオンライン2』(以下、PSO2)とのコラボレーションですね。こちらのタイトルとコラボして、ゲームの中に「しまむら」を持って行こうかと。

──ゲーム内でもコラボレーションするわけですか。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■補足

5月22日に『PSO2』と「しまむら」のコラボレーションが正式に発表。『PSO2』の「東京」フィールドに「しまむら」店舗が期間限定で登場するとのこと。


また「ファッションセンターしまむら」各店舗にて6/18(土)より、『PSO2』のオリジナルコラボTシャツ5種類を各1500円(税込)で販売予定です。コラボTシャツには、『PSO2』のゲーム内で使える衣装が手に入る特典アイテムコードも付属します。

なお、このコラボが発表された生放送で「しまむらさんにアークスの方がいらっしゃって……」という話題がありましたが、望月氏は古参のアークスだそうです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

望月氏:コラボレーションをこういう形で発表していくことで、「何か面白いことをやってるな」と店舗に足を運んでいただければなと思っています。ネット上で「ついも私もしまむらデビューか」みたいな書き込みを見つけたこともありますしね(笑)。

──何らかの商品がその人にヒットしたんでしょうね(笑)。確かにゲームファンなどを意識した告知展開は、新しい購買層を揺り動かしそうです。『PSO2』コラボも全店舗展開なんですか?

望月氏:全店舗で行います。紙媒体のチラシとネットの双方で告知していく予定です。

──ボーナスキーが付属するのも嬉しいポイントですね。コラボTシャツを購入すると、『PSO2』内でも衣装とボーナスキーまでもらえるのは、お得感が高いと思います。

望月氏:ちなみに、ゲーム内ではなくしまむらの実店舗では、「マトイ」と「ルーサー」による店内放送も行うので、気になる方はぜひ店舗に足を運んでみてください。

──ところで、予定とかではなくあくまで可能性の話として、新たなタイトルやジャンルとのコラボレーションといった展開は、今後あり得るのでしょうか。

望月氏:求められているものがあれば、そこは掘り下げていきたいと考えています。

◆恐るべし「おそ松さん」コラボ人気! コラボならではの苦労したポイントも

──これまでゲームとコラボレーションした展開の中で、最も大きなものはなんでしょうか。


望月氏:先ほどお話した『PSO2』になりますね。これまでも有名なキャラクターとコラボレーションしてきましたが、チラシで特集を組むことが主でした。今回の『PSO2』コラボはゲーム好きな方を狙い打ちしており、こういった販促はこれまでありませんでした。

──ゲームコラボの新しい一歩なんですね。

望月氏:こちらが成功すれば、次回は別の企画などもあるかもしれませんね。

──おお!そんな未来が来るように祈ってます。では、一番反響の大きかったコラボ展開はどのタイトルでしょうか。

望月氏:そうですね、ゲーム関連で言えば先ほどのセガのゲームハードTシャツです。あとこちらはアニメ作品になりますが、「おそ松さん」はかなり影響が大きかったですね。しまむら全店に「おそ松さん」の商品を入れたのですが、一週間でほぼ完売といった形になりました。かなり動きがよかったです。

──コラボ商品の完売まで、平均的にはどれくらいかかるのでしょうか?

望月氏:全部消化となると、一ヶ月半から二ヶ月くらいかかりますね。

──なるほど。「おそ松さん」が異例の早さだったことが分かります。ちなみにコラボアイテムを展開する際に、通常の商品展開とは異なる苦労などはありますか?

望月氏:ブランドだけでなく、キャラクターも世界観を理解する必要がある点ですね。双方を理解していないと、デザインがボツになることもあります。

──デザインの良し悪しだけが判断基準ではない、と。確かにコラボアイテムならではの悩みかもしれませんね。

望月氏:「このキャラクターはこういうのじゃない」と言われた時に、じゃあどうすればいいんだろうって頭を捻ることも多々あります(笑)。

──キャラへの理解がないと、修正も難しそうですね。

望月氏:サプライヤー様からの提案を受けてデザインを煮詰めた後に、いくつかのプランを(コラボレーションタイトル側に)提出するんですが、そこで「いやいや違うよ」と言われることもありまして。全ボツになったこともありますよ(笑)。

──全ボツに!(笑)

望月氏:その時のご要望もふわっとしているんですよね。「もうちょっとスタイリッシュにしてくれ」とか(笑)。

──デザインに対してではなく、キャラクターに対するスタイリッシュさとなると、難易度高そうに感じます(笑)。

望月氏:あとは、紙媒体のチラシなどにキャラクターを掲載する時に、「このキャラとこのキャラが隣り合うのはダメです」と言われることもあります。こういった点もコラボならではですね。

──好きな方は、気持ちに比例したこだわりもありますからね。ところでコラボレーションすると、その分価格も高くなりそうなイメージがありますが、しまむらさんのはお求めやすい価格ですよね。

望月氏:全国展開しており販売力があること、また経費の削減を徹底していることで、現在の価格を実現しています。お客様からすれば、(同じ品質の商品なら)安い方が絶対にいいじゃないですか。

──価格面でも、購買側のニーズに応えるために日々改善を図られているんですね。

望月氏:ウチの商品のタグに書いてある通り、「しまむら安心価格」がモットーです。

──少し前までは、コラボTシャツ=割高、というイメージもありました。ちょっとしたものでも、3,000円~5,000円とかは普通でしたし。

望月氏:その価格でも、好きな人はやっぱり買うんですよね。だからこそ、もうちょっとお手軽な価格で提供できればなと考えました。

──それでは最後となりますが、「しまむら」のコラボ展開に期待を寄せている方々に向けたメッセージをお願いします。

望月氏:面白いネタがあれば、楽しいことはいくらでもやっていく所存です。「売り場を面白くしたい」という考えもあるので、新規の方々に足を運んでもらえるように力を入れるので、どうぞご期待ください。これまでは紙媒体のチラシといった展開が多かったのですが、時代に合わせてネット方面でのアクションも今後増やしていくつもりなので、目に止まる機会を増やしていきますのでよろしくお願いします。

また、SNSなどで話題沸騰中のキャラクターなどがあれば、チェックさせていただくので、皆様からの発信が新たな形に結びつくかもしれません(笑)。

──お客様の反応が新展開に繋がるかもしれませんね。更なる新しい一歩、楽しみにしています。本日はありがとうございました。


(C)SEGA
(C)CAPCOM CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2013, 2016 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO.S566697
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 14 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

    『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

  2. 『Heroes of a Broken Land 2』正式発表―ランダム世界を旅する3DダンジョンRPG続編!

    『Heroes of a Broken Land 2』正式発表―ランダム世界を旅する3DダンジョンRPG続編!

  3. 早すぎた名作を今振り返る―『アストロノーカ』20周年記念トークショーレポート

    早すぎた名作を今振り返る―『アストロノーカ』20周年記念トークショーレポート

  4. 「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

  5. 猫のアナとソルジャー76が共闘する『オーバーウォッチ』ファンメイドアニメ!

  6. 『フォートナイト』クリエイティブで「ミレニアム・ファルコン」を中身まで完全再現したファン現る

  7. 3DS『とびだせ どうぶつの森』を3,500時間以上プレイする87歳のおばあちゃん現る―4年間ほぼ毎日プレイ

  8. 本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

  9. 「Skyrim Together」クローズドβ発表―『スカイリム』協力プレイを実現するMod

  10. 『World of Tanks』年始イベント「紅白WoT合戦」レポ―大きく盛り上がった「第5回JUC大会」も

アクセスランキングをもっと見る

page top