【E3 2016】小島監督、『DEATH STRANDING』を語る―タイトルの意味やデル・トロ監督にも言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【E3 2016】小島監督、『DEATH STRANDING』を語る―タイトルの意味やデル・トロ監督にも言及

「E3 2016 PlayStation Press Conference」にて、小島秀夫監督が発表したコジマプロダクションのPS4用タイトル『DEATH STRANDING』。同監督が、本作についての詳細をインタビューで語りました。

ゲーム文化 カルチャー
【E3 2016】小島監督、『DEATH STRANDING』を語る―タイトルの意味やデル・トロ監督にも言及
  • 【E3 2016】小島監督、『DEATH STRANDING』を語る―タイトルの意味やデル・トロ監督にも言及
  • 【E3 2016】小島監督、『DEATH STRANDING』を語る―タイトルの意味やデル・トロ監督にも言及

「E3 2016 PlayStation Press Conference」にて、小島秀夫監督が発表したコジマプロダクションのPS4用タイトル『DEATH STRANDING』。同監督が、本作についての詳細をインタビューで語りました。

Geoff Keighley氏がホストを務める「YouTube Live at E3 2016」に登場した小島監督は、発表されたばかりの新作『DEATH STRANDING』に言及。ゲームエンジンは複数候補があり、(トレイラーは)それらを実験した映像とのこと。また、俳優ノーマン・リーダスが主役であることが明言されたほか、『P.T.』でタッグを組んだギレルモ・デル・トロ監督は今作に関与していないことが明かされました。

また、新生コジマプロダクションのロゴになっている通称「ルーデンスくん」は、『DEATH STRANDING』の一部ではなく、あくまでコジプロのアイドルあるいはアイコンのようなものだと語っています。

続いて、Geoff Keighley氏が本作のタイプ(ジャンル)を問うと、小島監督は「まだ答えられない」と前置きしたうえで、「アクションはアクションです」とアクション要素が入ってることを明かし、通常のアクションゲームを遊んでいるプレイヤーならばすんなりゲームに入れる旨を述べました。

ゲーム性については、1時間、2時間…と遊んでいくと今までのゲームとは違う、新しいゲーム性であることがわかってくるとのこと。舞台は、小島監督いわく「それはまだ内緒」で、他のキャラクターに関しても「内緒」としながらも、今回披露したティーザー映像にさまざまなヒントが入っており、それを皆さんで見つけて議論してほしい、としています。

さらに、ノーマン・リーダスが演じるキャラクターの名前を聞かれると、「まだ言えない」と話し、プレイヤーが実際に本作を触れるようになるまでは、しばらくかかるそうです。

また、タイトルの意味に触れた小島監督は、鯨やイルカの死骸が打ち上げられることを「Death Stranding」、生きたまま打ち上げられることを「Live Stranding」と呼ぶことを紹介し、「ある世界からなにかがやってくる、座礁する(Stranding)というイメージです」と語りました。

本作は、ずっと作りたかったものではなく、コジマプロダクションを2015年末に立ちあげた際、色々な候補/アイデアを出して、一番皆さんに喜んでもらえるもの、今一番作らなくてはいけないものを選定し絞ったものが『DEATH STRANDING』であるとのこと。

『DEATH STRANDING』はPS4を対象として、開発中です。
《秋夏》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 37 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 自分だけのポケモンシャツが注文できるサービスが2月末より開始!ポケモンに夢中だった頃を思い出す動画も公開

    自分だけのポケモンシャツが注文できるサービスが2月末より開始!ポケモンに夢中だった頃を思い出す動画も公開

  2. 『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

    『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

  3. 本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

    本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

  4. 『フォートナイト』クリエイティブで「ミレニアム・ファルコン」を中身まで完全再現したファン現る

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. ゲーミングチームPENTAGRAM、『LoL』部門を解散―世界大会出場を含む6年の活動に終止符

  7. 大手芸能事務所「アミューズ」が国内プロゲーミングチームGreen Leavesとマネジメント契約

  8. 『YIIK: A Postmodern RPG』海外配信開始! カオスなローンチトレイラーも披露

  9. 3DS『とびだせ どうぶつの森』を3,500時間以上プレイする87歳のおばあちゃん現る―4年間ほぼ毎日プレイ

  10. 早すぎた名作を今振り返る―『アストロノーカ』20周年記念トークショーレポート

アクセスランキングをもっと見る

page top