顕微鏡レベルで『パックマン』再現!―ノルウェーの大学による微生物研究 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

顕微鏡レベルで『パックマン』再現!―ノルウェーの大学による微生物研究

メディア 動画

顕微鏡レベルで『パックマン』再現!―ノルウェーの大学による微生物研究
  • 顕微鏡レベルで『パックマン』再現!―ノルウェーの大学による微生物研究

伝説的な懐かしの名作『パックマン』。ノルウェー東南大学のマイクロ&ナノシステム技術科の教授Erik Andrew Johannessen氏が、直径1mm未満のサイズで本作を再現。その研究「Mikroskopisk Pacman(顕微鏡パックマン)プロジェクト」の興味深い映像が公開されています。

1mm未満でパックマンを再現した研究では、「ユーグレナ(ミドリムシ)」と「繊毛虫」をパックマンに見立て、「ワムシ」をゴーストとして設定しているとのこと。微生物が入っている小さな構造体の中には栄養豊富な液体が満たされており、映像では微生物が縦横無尽に泳ぎ回る姿が確認できます。

この研究プロジェクトの目的は障害物を設置した三次元環境で微生物がどのように動くのかを観察することが目的。三次元環境における障害が、泥炭やコケといった自然構造物を再現しており、従来の障害物が無い2次元環境を構築していた「シャーレ」では得られない、より自然に近い貴重なデータを採集できるそうです。

微生物の形状はある意味で非常にリアルな『パックマン』と言えるかも。微生物研究が主な目的ですが、その発想は実にユニークなもの。今後の研究成果が気になりますね。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

メディア アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』新オペレーター「Lion」「Finka」紹介映像が公開

    『レインボーシックス シージ』新オペレーター「Lion」「Finka」紹介映像が公開

  2. 伊藤潤二作品に影響受けたポーランド産ホラーADV『恐怖の世界』新デモ公開!

    伊藤潤二作品に影響受けたポーランド産ホラーADV『恐怖の世界』新デモ公開!

  3. 『地球防衛軍5』追加DLCの姿が遂に…?「スターシップ・トゥルーパーズ」との仰天コラボムービー

    『地球防衛軍5』追加DLCの姿が遂に…?「スターシップ・トゥルーパーズ」との仰天コラボムービー

  4. 『アサシンクリード オリジンズ』戦闘が起きない「ディスカバリーツアー」海外配信日決定! 古代エジプト史を探訪

  5. ラヴクラフトゲーム『Call of Cthulhu』初ゲームプレイ― 陰鬱とした島で死亡した一家の謎を追え

  6. 吸血鬼になった医者を描く新作アクションRPG『Vampyr』5分ゲームプレイ映像!

  7. 『レインボーシックス シージ』新オペレーター「Lion」&「Finka」トレイラー! 生物災害のスペシャリスト【UPDATE】

  8. 神仏格闘ゲーム『Fight of Gods』に北欧神話の女神「フレイヤ」参戦! バランス調整も実施

  9. 中国向けモバイル版『PUBG』再現度高すぎな実写トレイラー!まさにチャイナNo.1

  10. PC自作シム『PC Building Simulator』最新映像! MSIとの提携も発表

アクセスランキングをもっと見る

page top