e-Sports大会「RAGE」Vol.2『ストV』決勝レポ―王者はあの選手! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

e-Sports大会「RAGE」Vol.2『ストV』決勝レポ―王者はあの選手!

7月31日、東京、恵比寿のEBiS303で行われたCyberZ主催のe-Sports大会「RAGE Vol .2 GRAND FINALS ストリートファイターV」。日本一の『ストV』プレイヤーが決まった本大会のレポートをお届けします。

ゲーム文化 e-Sports
e-Sports大会「RAGE」Vol.2『ストV』決勝レポ―王者はあの選手!
  • e-Sports大会「RAGE」Vol.2『ストV』決勝レポ―王者はあの選手!
  • e-Sports大会「RAGE」Vol.2『ストV』決勝レポ―王者はあの選手!
  • e-Sports大会「RAGE」Vol.2『ストV』決勝レポ―王者はあの選手!
  • e-Sports大会「RAGE」Vol.2『ストV』決勝レポ―王者はあの選手!
  • e-Sports大会「RAGE」Vol.2『ストV』決勝レポ―王者はあの選手!
  • e-Sports大会「RAGE」Vol.2『ストV』決勝レポ―王者はあの選手!
  • e-Sports大会「RAGE」Vol.2『ストV』決勝レポ―王者はあの選手!
  • e-Sports大会「RAGE」Vol.2『ストV』決勝レポ―王者はあの選手!

7月31日、東京、恵比寿のEBiS303で行われたCyberZ主催のe-Sports大会「RAGE Vol .2 GRAND FINALS ストリートファイターV」。日本一の『ストV』プレイヤーが決まった本大会のレポートをお届けします。




大会優勝者には100万円、2位に40万円、3位/4位に各20万円、5位から8位に各5万円が贈られる大規模な本大会では、以前行われた予選を勝ち残った8人のプレイヤーが集結。国内外で認知されているプロゲーマーなどが顔を揃えており、トーナメント組み合わせは、大会日より1ヶ月前に抽選で決まっていました。トーナメントで敗れた敗者は、Losersトーナメントに入り、再び決勝を目指して戦えるので、一度負けた選手にもチャンスが残されています。


左側がWinnersトーナメント。こちらで敗北すると右側のLosersトーナメントに入り、再び戦う



Tシャツを始めとするグッズも販売されていた


MCのUZIさん(左)、応援に駆け付けたゲーマーグラドル水沢柚乃さん(右)

注目の出場選手たちは、ふ~ど改めhashibiron選手、cojiro選手、tokido選手、eita選手、オオヌキ選手、yukadon選手、ストーム久保選手、Kazunoko選手の8名。賞金総額200万円と、日本一の『ストリートファイターV』プレイヤーの座を賭けた戦いの火ぶたが切って落とされました。なお、本大会のMCはUZIさん、 実況は喜谷知純さん、せんとすさん、 そして解説はヲシゲこと重野龍一さんが務めています。



RAGEオリジナルトロフィー


各選手に専用映像が用意



第1試合目から熱い展開が盛りだくさんのWinnersトーナメントですが、日本屈指のプロゲーマーがひしめく中、決勝に駒を進めたのは東京予選から勝ち上がり、EVO3位の実力をいかんなく発揮したナッシュ使いのyukadon選手。一方、敗者復活でLosersトーナメントから決勝に進出したのは、キャミィ使いのKazunoko選手です。


決勝を戦ったYukadon選手(左)、Kazunoko選手(右)


この2名は、Winnersトーナメントのセミファイナル2戦目で一度激突しており、この日2度目の対戦となりました。一進一退の攻防が続いた白熱の試合でしたが、yukadon選手が見事なプレイを見せ、Kazunoko選手のキャミィを翻弄。最終的に勝利したyukadon選手は、Winnersのまま「RAGE Vol .2 GRAND FINALS ストリートファイターV」のチャンピオンとなっています。



100万円を手渡すCyberZの大友氏(左)と、それを掲げるYukadon選手(右)

yukadon選手に、優勝賞金100万円とRAGEオリジナルトロフィーが進呈され、会場が大盛況のまま大会の幕が閉じられようか、と思われたそのとき、サプライズゲストとして、世界のトッププレイヤーであるSnake eyez選手、そして、世界最強のナッシュ使いと目されるInfiltration選手が突如登場。会場を大いに沸かせました。


Infiltration選手(左)、Snake eyez選手(右)


「RAGE」のためだけに来日した両選手は、本大会出場者とのエキシビションマッチに参加し、急遽決まった組み合わせとして、1試合目にSnake eyez選手対tokido選手、2試合目にInfiltration選手対hashibiron選手のマッチが繰り広げられました。


アーケードコントローラーではなく、パッドでプレイするSnake eyez選手と東大卒プロゲーマーであるtokido選手の戦いでは、途中、Snake eyez選手のコントローラーが反応しなくなるハプニングがあったものの、Snake eyez選手が勝利。そしてEVO 2016決勝の再現となったInfiltration選手対hashibiron選手の一戦では、hashibiron選手がEVOでの雪辱を晴らす勝利を収めています。


杉山晃一氏も観戦に駆け付けた

日本トッププレイヤーたちの凄まじい戦いだけでなく、海外選手たちの実力も垣間見れた大会となった「RAGE Vol .2 GRAND FINALS ストリートファイターV」グランドファイナルですが、『ストリートファイターV』のプロデューサーをつとめる杉山晃一氏も観戦に駆けつけ、本大会の出場者、関係者、観客、生放送の視聴者に感謝の意を述べました。

そして、最後にCyberZ取締役、大友真吾氏は、次回の「RAGE」採用タイトルを、Cygamesが贈る対戦カードゲーム『シャドウバース(Shadowverse)』に決定したことを発表。Cygamesの常務取締役兼総合プロデューサーである木村唯人氏が登壇しました。





Cygames常務取締役兼総合プロデューサー木村唯人氏

次回大会の優勝賞金は400万円、賞金総額はなんと700万円という国内最大級の大型大会となります。また、使用端末は大会運営側が用意するため、カードの優劣がないとのことです。本格始動は2016年10月からを予定しているので、すでにプレイ中のユーザーも未プレイのユーザーも期待して待ちましょう。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Fallout: New Vegas』およそ1万3,000点のテクスチャを高解像度にするテクスチャパックが公開

    『Fallout: New Vegas』およそ1万3,000点のテクスチャを高解像度にするテクスチャパックが公開

  2. 『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

    『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

  3. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

    海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

  4. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  5. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  6. 海中を冒険するダイビングシム『Deep Diving Simulator』配信日決定!

  7. オリンピックメダリスト松田丈志氏がPR大使に! 東京2020オリンピック公式ゲーム『The Official Video Game』イベントレポート

  8. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  9. アダルト宇宙RPG『Subverse』のクラウドファンディング調達額が100万ドルに迫る勢い―目標の約10倍

  10. 「Bloodborne: The Board Game」Kickstarter開始!開始数時間で1億円近くの支援達成

アクセスランキングをもっと見る

1
page top