『Bioshock』元開発者が『Doom 2』のModで自叙伝を制作中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Bioshock』元開発者が『Doom 2』のModで自叙伝を制作中

ゲーム文化 Mod

『Bioshock』元開発者が『Doom 2』のModで自叙伝を制作中
  • 『Bioshock』元開発者が『Doom 2』のModで自叙伝を制作中
  • 『Bioshock』元開発者が『Doom 2』のModで自叙伝を制作中

これまでに『Bioshock』や『Bioshock 2』、『The Cave』にデザイナーとして携わり、『Spacebase DF-9』ではプロジェクトリードを務めた経歴を持つゲーム開発者JP LeBreton氏が、『Doom 2』のModによるインタラクティブな自叙伝「Autobiographical Architecture」の制作を行っています。


本作は3つのパートに分けてのリリースを予定しており、2016年後半にリリースされるVolume 1では生まれ育ったテキサスでの話が中心となるそうです。上記のトレイラーではクラシックなビジュアルで描かれる彼の人生の一部が披露されています。

『BioShock』のレベルデザイナーになる前は『Doom』のレベルエディタで技術を学んでいたというJP LeBreton氏。彼の『Doom』に対する愛情は非常に熱く、同作におけるデザインの分析や、『Doom 2』による『BioShock』アルカディアのデメイクなどを行っている他、Double Fine時代にはジョン・ロメロ氏への直接インタビューも実現していました。


『Doom 2』を通じてJP LeBreton氏の人生が語られる「Autobiographical Architecture」。彼と同じ時代を過ごしたゲーマーは本作に興味を抱くのではないでしょうか。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチリーグ」選手の年俸は最低5万ドルー詳細が明らかに

    「オーバーウォッチリーグ」選手の年俸は最低5万ドルー詳細が明らかに

  2. 『Outlast 2』のストリーマーが絶叫した意外な出来事が話題

    『Outlast 2』のストリーマーが絶叫した意外な出来事が話題

  3. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  4. 発売から約17年…『ドンキーコング64』で新たな隠しコインが発見!

  5. 海外ゲーマーが『Fallout 3』を赤ん坊状態のままクリア!―11時間半におよぶプレイ映像

  6. 日本代表、「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」プレイオフで豪州に敗れる

  7. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  8. 16チームが超楽しんだ!『オーバーウォッチ』オフライン大会「AOC OPEN」レポート―e-Sports発展を目指すAOCの取り組み

  9. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top