海外カリスマYouTuber・PewDiePieが「僕はISISのメンバー」発言、Twitterが一時凍結に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外カリスマYouTuber・PewDiePieが「僕はISISのメンバー」発言、Twitterが一時凍結に

ゲーム実況動画などで凄まじい注目を集めた海外人気YouTuberPewDiePieですが、昨日ISISに関連するジョークを投稿したことによってTwitterアカウントが凍結されていたことが、海外メディアの報道より伝えられました。

ゲーム文化 カルチャー
海外カリスマYouTuber・PewDiePieが「僕はISISのメンバー」発言、Twitterが一時凍結に
  • 海外カリスマYouTuber・PewDiePieが「僕はISISのメンバー」発言、Twitterが一時凍結に
  • 海外カリスマYouTuber・PewDiePieが「僕はISISのメンバー」発言、Twitterが一時凍結に

ゲーム実況動画などで凄まじい注目を集めた海外人気YouTuber・PewDiePie。ネットユーザーの間で一世を風靡した彼ですが、昨日ISISに関連するジョークを投稿したことによってTwitterアカウントが凍結されていたことが、海外メディアの報道より伝えられました。

PewDiePieは昨日、Twitterで「Verified(認証済みアカウント)」に関連する冗談めいたツイートを投稿。その内容は「僕と友人の@Jack_Septic_EyeはISISに入ってるんだ。それこそ僕らが“Verified”にならない理由なんだ」といったもの。彼は実際のところ自身の選択で“Verified”を取りやめていたようですが、問題となったのはISISに言及するジョークの内容だったらしく、その後Twitterから公式に「アカウントの凍結」が一時的に施されました。

海外の“嘘”ニュースサイトに取り上げられたのちには彼らのISIS加入説を実話と信じるユーザーも現れたらしく、PewDiePieはそれを振り返り「ソーシャルメディアのせいで僕らはひどい有様になってきている」「昨日のTwitterは完全にひどかった」と、投稿した映像の中でコメントしました。

現在PewDiePieのTwitterアカウントは凍結から復帰しており、これまで通りにSNS上での活動を行っている模様。名前欄に自前の「地球マーク」を付けて再びファンに向けてメッセージを発信している彼ですが、今回の件を受け、PewDiePieの「お騒がせ者」なイメージはより強まったと言えるでしょう。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ゲーム1日60分、中学生以下のスマホ利用は午後9時まで―保護者に努力義務課す条例素案がまとまる

    ゲーム1日60分、中学生以下のスマホ利用は午後9時まで―保護者に努力義務課す条例素案がまとまる

  2. 『ゼルダの伝説BotW』をプレイしたい指が不自由な娘へ…父親が特製コントローラーをプレゼント

    『ゼルダの伝説BotW』をプレイしたい指が不自由な娘へ…父親が特製コントローラーをプレゼント

  3. 『スカイリム』の戦闘を『SEKIRO』風に変化させるMod「Sekiro Combat SSE」が公開

    『スカイリム』の戦闘を『SEKIRO』風に変化させるMod「Sekiro Combat SSE」が公開

  4. NTT東日本「NTTe-Sports」を設立―1月21日11時より設立記者会見

  5. 『DARK SOULS REMASTERED』をノーダメージでクリアする猛者現る…クリア時間は3時間26分31秒

  6. 海外デザイナーが「自分の部屋」をVRで制作…本物を上回るスマートなお宅に大変貌

  7. ルートボックスは「子供のギャンブル依存を助長する」―イギリス国民保険サービスがゲーム業界に呼びかけ

  8. 『スカイリム』海外Mod作者…ラムを飲んだらきれいなテクスチャができていた

  9. 『Fallout 3』のプロデューサーが動く『オーバーウォッチ』のルートボックスでプロポーズ!1年と約60万円をかけた超大作

  10. 香川県が「ゲーム・ネット依存症」対策に関する条例素案に“利用時間制限”を盛り込む

アクセスランキングをもっと見る

page top