海外カリスマYouTuber・PewDiePieが「僕はISISのメンバー」発言、Twitterが一時凍結に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外カリスマYouTuber・PewDiePieが「僕はISISのメンバー」発言、Twitterが一時凍結に

ゲーム実況動画などで凄まじい注目を集めた海外人気YouTuberPewDiePieですが、昨日ISISに関連するジョークを投稿したことによってTwitterアカウントが凍結されていたことが、海外メディアの報道より伝えられました。

ゲーム文化 カルチャー
海外カリスマYouTuber・PewDiePieが「僕はISISのメンバー」発言、Twitterが一時凍結に
  • 海外カリスマYouTuber・PewDiePieが「僕はISISのメンバー」発言、Twitterが一時凍結に
  • 海外カリスマYouTuber・PewDiePieが「僕はISISのメンバー」発言、Twitterが一時凍結に

ゲーム実況動画などで凄まじい注目を集めた海外人気YouTuber・PewDiePie。ネットユーザーの間で一世を風靡した彼ですが、昨日ISISに関連するジョークを投稿したことによってTwitterアカウントが凍結されていたことが、海外メディアの報道より伝えられました。

PewDiePieは昨日、Twitterで「Verified(認証済みアカウント)」に関連する冗談めいたツイートを投稿。その内容は「僕と友人の@Jack_Septic_EyeはISISに入ってるんだ。それこそ僕らが“Verified”にならない理由なんだ」といったもの。彼は実際のところ自身の選択で“Verified”を取りやめていたようですが、問題となったのはISISに言及するジョークの内容だったらしく、その後Twitterから公式に「アカウントの凍結」が一時的に施されました。

海外の“嘘”ニュースサイトに取り上げられたのちには彼らのISIS加入説を実話と信じるユーザーも現れたらしく、PewDiePieはそれを振り返り「ソーシャルメディアのせいで僕らはひどい有様になってきている」「昨日のTwitterは完全にひどかった」と、投稿した映像の中でコメントしました。

現在PewDiePieのTwitterアカウントは凍結から復帰しており、これまで通りにSNS上での活動を行っている模様。名前欄に自前の「地球マーク」を付けて再びファンに向けてメッセージを発信している彼ですが、今回の件を受け、PewDiePieの「お騒がせ者」なイメージはより強まったと言えるでしょう。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

    『Wolfenstein』最新作、シリーズで初めてナチス表現含む無規制版がドイツで発売決定

  2. モバイル版『ヒューマン フォール フラット』海外配信開始! ぐにゃぐにゃアクションをいつでもどこでも

    モバイル版『ヒューマン フォール フラット』海外配信開始! ぐにゃぐにゃアクションをいつでもどこでも

  3. Epic GamesのCEOが同社の「独占戦略」について言及―「長期的に見てプレイヤーの利益に繋がる」

    Epic GamesのCEOが同社の「独占戦略」について言及―「長期的に見てプレイヤーの利益に繋がる」

  4. タクシー運転手が殺人事件を調査する『Night Call』Steam配信日決定! 乗客との会話で重要情報を掴め

  5. 『Myst』映像化権をVillage Roadshow Entertainmentが獲得

  6. Twitchにチャンネル購読者向けストリーミング作成機能がベータ実装!

  7. 前作以上にやりたい放題!『オーバーウォッチ』vs『TF2』動画のエピソード2が公開

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 『エースコンバット3 エレクトロスフィア』発売20周年!フライトSTGに本格SFストーリーを導入し物議を醸した異色作に迫る【特集】

  10. 『エースコンバットAH』ハセガワ1/72「震電II」レビュー…『エスコン』架空機キット唯一の1/72スケール!【ゲーム系プラモって実際どう?】

アクセスランキングをもっと見る

page top