実写+CG映画版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』に「デッドプール」のティム・ミラー監督が参加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実写+CG映画版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』に「デッドプール」のティム・ミラー監督が参加

海外メディアThe Hollywood Reporterより、実写映画版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の監督に「デッドプール」などで知られるティム・ミラー監督が起用されたと報じられています。

ゲーム文化 カルチャー
海外メディアThe Hollywood Reporterより、実写映画版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の監督に「デッドプール」などで知られるティム・ミラー監督が起用されたと報じられています。

The Hollywood Reporterによれば、ティム・ミラー監督はJeff Fowler氏およびBlur Studioと共に実写+CGアニメーション作品として製作される『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』に参加するとのこと。Jeff Fowler氏は「かいじゅうたちのいるところ」のVFXやショートアニメ作品の製作に携わった経験があり、ティム・ミラー監督は彼の参加について「ソニックの世界観を描くことは、彼のアニメーション制作経験を活かして象徴的キャラクターを新次元へ導くための、絶好の機会になる」とのコメントを寄せています。

映画版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は2014年6月にマーザ・アニメーションプラネットと米国ソニー・ピクチャーズエンタテインメントより発表。おなじみの主人公「ソニック」と人気キャラクター達が登場する初の実写+CGアニメーション作品としてアナウンスされていました。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

    『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

  2. 「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

    「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

  3. 『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

    『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

  4. ロボットが人間になりすます会話シム『Speaking Simulator』最新トレイラー!

  5. 『アーマード・コア』ファン、フロムスタッフのTwitter画像に新作想起するも……「特に意図はありません」

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. ヒット動画を振り返る「YouTube Rewind 2019」公開、ゲーム部門は『マイクラ』が100.2億再生でトップに

  8. 空中都市で謎の少女を娘として育てる『Ciel Fledge』の配信日が決定! チュートリアル映像も公開

  9. 『デススト』ファンメイドデメイク映像が公開、MSXを意識したローファイさがたまらない…

  10. SIEのPS4プロモ「夢の中へ」アニメMVに剽窃疑惑が浮上―映像は削除済、公式は事実確認中

アクセスランキングをもっと見る

1
page top