【攻略特集】『シャドウバース』現環境オススメデッキは?~ドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ編~ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【攻略特集】『シャドウバース』現環境オススメデッキは?~ドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ編~

連載・特集 特集

【攻略特集】『シャドウバース』現環境オススメデッキは?~ドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ編~
  • 【攻略特集】『シャドウバース』現環境オススメデッキは?~ドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ編~
  • 【攻略特集】『シャドウバース』現環境オススメデッキは?~ドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ編~
  • 【攻略特集】『シャドウバース』現環境オススメデッキは?~ドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ編~
  • 【攻略特集】『シャドウバース』現環境オススメデッキは?~ドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ編~
  • 【攻略特集】『シャドウバース』現環境オススメデッキは?~ドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ編~
  • 【攻略特集】『シャドウバース』現環境オススメデッキは?~ドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ編~
  • 【攻略特集】『シャドウバース』現環境オススメデッキは?~ドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ編~
  • 【攻略特集】『シャドウバース』現環境オススメデッキは?~ドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップ編~
Cygamesが開発運営する本格対戦カードゲーム『シャドウバース(Shadowverse)』。みなさまプレイされていますでしょうか。400種類以上のカードを使用したデッキ編成や、「進化」という特徴的な要素を備える本作ですが、9月30日に新カードパック『ダークネス・エボルヴ(Darkness Evolved)』が追加。100種類以上の新カードが登場し、対戦環境は大きく変わりました。

そこで、インサイド&Game*Spark編集部では、今の環境にマッチしているオススメデッキをご紹介。前回のエルフ・ロイヤル・ウィッチ編に続き、今回はドラゴン・ネクロマンサー・ヴァンパイア・ビショップについて解説していきたいと思います。ちなみに、初心者向けの各クラス紹介特集もありますので、こちらもぜひ読んでみてくださいね。

◆フェイスドラゴン


◆デッキコード発行はコチラ

ドラゴンは本来、PP加速でどのクラスよりも早く高コストのカードを使えるようになるのが特徴ですが、「フェイスドラゴン」はPP加速を意識せず序盤から相手リーダーのフェイスを狙っていくデッキです。疾走かつ覚醒中なら攻撃されない効果を持つ「ダークドラグーン・フォルテ」、同じく攻撃されない効果を持つ「トリニティドラゴン」は火力破壊・除去効果を持っていない相手からするととても厄介な存在でしょう。

そして今回『ダークネス・エボルヴ』で追加された他のフォロワーが進化する事で強くなる「ムシュフシュ」や、ターン開始後に回復効果を発動する「ユニコーンの踊り手・ユニコ」など、盤面に残しておくと厄介なフォロワーを意識させる事で、相手にプレッシャーを与えながらこちらが素早く攻めていく流れです。

【得意な相手】

フォロワー中心で除去系のカードが少ない「ロイヤル」に対して有利に戦える事が多く、アミュレットのカウントダウンまで多少のタイムラグが発生し除去カード少なめの「疾走ビショップ」などにも、強気にフェイスを狙っていけば有利に試合を運べる事が多いです(ただし「テミスの審判」「エンジェルバレッジ」「死の舞踏」など除去カードをほぼすべて積むプレイヤーもいるので、疾走ビショップに関しては対戦相手の構成による所が大きいです)。

【苦手な相手】

除去(火力含む)カードがあり、回復手段もある「エイラビショップ」「コントロールヴァンパイア」は苦手な相手。守護持ちフォロワーを多数展開できる「土ウィッチ」にも苦戦を強いられる可能性が高いです。

フェイスデッキは、相手側にこちらの盤面を処理させる動きを心がける事が大切です。(=トレードをさせる)もちろん時と場合にもよりますが、基本的にこちらから相手の盤面を処理しにいくと途端に不利な状況へ陥る事が多いので、強気にフェイスを攻めましょう。

【キーカード】


ダークドラグーン・フォルテ
    疾走
    覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。
フェイスドラゴンの主役。覚醒状態で攻撃されないとはいえ、現環境では「エンジェルバレッジ」などの除去系カードを入れているプレイヤーが多いので、進化しておく事を推奨。(体力が3になるため、森荒らしやバレッジは防げる)なおサンプルデッキでは「竜の伝令」から確実に「ダークドラグーン・フォルテ」を引くため「死の舞踏」や「海剣竜」は抜いています。好みによってはこれらのカードも強いので入れてみてもいいでしょう。


サンドストームドラゴン
    効果は特になし
現環境にとてもよくマッチしている縁の下の力持ち的なカード。攻撃力は最低ですが、体力が4あるため「漆黒の法典」で消滅できず、「森荒らしへの報い」も1度は耐える序盤の2コストカードの中では絶妙なステータス持ち。「ムシュフシュ」や「トリニティドラゴン」に気を取られている相手に対し、じわじわと1打点確実に詰め寄る事ができるフォロワーです。

【マリガンでキープしておきたいカード】

基本的に2・3コストのフォロワーを優先。エルフやヴァンパイアが相手の場合は「エンジェルバレッジ」をなるべく残して置きたい。(現環境のヴァンパイアはアグロ系が多いため)

【入れ替え候補のカード】


ドラゴニュートスカラー
    このフォロワーは攻撃されない。
    攻撃時 手札からコスト最小のカードをランダムに1枚捨てる。カードを1枚引く。


デスミストドラゴン
    このフォロワーは攻撃されない。
    自分のターン開始時、他のフォロワーすべてに1ダメージ。
両フォロワーとも攻撃されない能力を持っているので、本来の意味でフェイスドラゴンをする場合は入れておくカードでしょう。「ドラゴニュートスカラー」は少し打点が低く、「デスミストドラゴン」はエルフやアグロヴァンパイアによく刺さるカードですが、自分のフォロワーも1ダメージ受けてしまうデメリット有りなので、状況に応じて使い分けが必要です。


死の舞踏
    相手のフォロワー1体を破壊する。
    相手のリーダーに2ダメージ。
とても優秀な確定破壊カード。ただ「竜の伝令」で「ダークドラグーン・フォルテ」を確定サーチできなくなるのでこちらも上記同様、状況に応じて入れ替えが必要。

《えれ子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top