Steamタイトルの約4割は2016年リリースだったことが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamタイトルの約4割は2016年リリースだったことが明らかに

Valveが運営するゲーム配信プラットフォームSteam。同プラットフォーム上のゲームの所持者数・プレイヤー数などの各種データを外部から収集し公開しているサイト“Steam Spy”はTwitter上で、Steamゲームの約40%は2016年にリリースされたものであると発表しています。

ニュース ゲーム業界
Steamタイトルの約4割は2016年リリースだったことが明らかに
  • Steamタイトルの約4割は2016年リリースだったことが明らかに


Valveが運営するゲーム配信プラットフォームSteam。同プラットフォーム上のゲームの所持者数・プレイヤー数などの各種データを外部から収集し公開しているサイト“Steam Spy”はTwitter上で、“Steamゲームの約40%は2016年にリリースされたものである”と発表しています。



同発表では、2016年にSteamでリリースされたゲームタイトルの数は、既に4207本、Steamのゲーム総本数の38%になるとのこと。該当の投稿に対するユーザーの質問に対する返信によれば、このデータはDLC・ソフトウェアなどを含まない純粋なゲームタイトルの数であるものの、機械的にストアページ上の「リリース日」の項目から導き出されたものであり、厳密な調査の上でのものではないことには注意が必要です。

なお、このリリース本数の顕著な増加は2014年頃より始まっており、同年から数えると80%のゲームのリリースがここ2年ほどに行われていることは注目に値するでしょう。この急激なリリース本数の増加の背景には、インディーゲームをSteam上でリリースするための「Steam Greenlight」プログラムの体制の変化が挙げられます。

2012年8月末に開始された「Steam Greenlight」は、インディーゲーム開発者が自身のゲームをSteam上でリリースするためのアピールをユーザー・Valve双方に行う場として誕生しました。しかしながら、開始当初は当時のSteamのゲームリリース基準が高かったように、Greenlightの通過には非常に高い注目が求められていたようで、当時の一般的なインディーゲームでは1年以上を通過に費やすことも珍しくなかったようです。

この状況が変わり始める兆候を見せたのは、2014年1月のSteam Dev Daysにおける、Gabe Newell氏の「Steam Greenlightの発展解消を目的としている」と旨の発言。Greenlight開始以降、月1回ペースで大々的なニュースとして行われていた通過作品の発表も、2014年8月度のものを最後に告知なく終了しています。以降は、より短く、フレキシブルなスパンで、より幅広いジャンルと完成度のゲームに対し「Steam Greenlight」の通過が行われることとなりました。

この体制の変化が起こる以前から、多種多様なインディーゲームが「Desura」や「GamersGate」などの幅広いゲームを扱うゲーム配信サイトで数多くリリースされてきていたという下地はあるものの、Steamという“巨人”の対応の変化が爆発的なリリース本数の増加に繋がったのは想像に難くありません。

Valveはこの爆発的なゲームリリース本数の増加に対応するために、2016年9月末にSteamストアの“ディスカバリーアップデート”を行い、より好みのゲームを探しやすくするようにストアの改良を行っていますが、更なる施策にも期待したい所でしょう。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

    『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

  2. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

    『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  3. 『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』7月発売決定!スイッチに加えPS4でも

    『ザ・ニンジャウォーリアーズ ワンスアゲイン』7月発売決定!スイッチに加えPS4でも

  4. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  5. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  6. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  7. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  8. サバイバルACT『LEFT ALIVE』シューティングライクに楽しめる新難易度「CASUAL」 追加

  9. 『Apex Legends』1.1.1アプデ配信ージブラルタル/コースティックにダメージ軽減パッシブ追加、スナイパーライフル上方修正など

  10. 『ディビジョン2』8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」含むタイトルアップデート3が5月に延期

アクセスランキングをもっと見る

1
page top